ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王VRAINS{ヴレインズ}117話「交わらない道」レビュー

2019/09/06 01:32 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 遊戯王
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王VRAINS{ヴレインズ}
  • 藤木遊作
  • プレイメーカー
  • Ai
  • 死よりも重い罰を与えたかった
  • 101体Aiちゃん計画
  • サイバースデッキ伏線回収
今回は遊戯始まりの場所王VRAINS{ヴレインズ}117話のレビューをさせていただきます。

第117話 交わらない道

今週はソウルバーナーとリボルバーの因縁のデュエルが
終了ったところから始まります。
そしてソウルバーナーを縛っていた
過去の呪縛も光と共に消え去りング。

「お前最初からメールなんて
 どうでもよかったんだな?俺の為に……」
「否、これは自分の為にやった事だ。
 だからこそ本気で決闘かった。
 私自身の呪縛を解く為にも。
 闇のイグニスがプレイメーカーに接触してきたのなら、
 それが最後の決闘いになるだろう。
 奴は再戦の余地なぞ残すまい。」
もしかして打ち切り説がマジですか!!?

「全てはプレイメーカーの双肩にかかっている。
 私の為すべきことは終わった。私は自分の罪を償う。」
つまり出頭によりブタ箱行きと
「待て!それはおれが許さねえ!!
 ……リボルバー、お前が法に裁かれ罪を償うなんて許さねえ。」
ソウルバーナー!?一体何を言うちょるばい?
母さん全然わかんないわよ。

「お前はこれからもネットワークの看視者を続けるだ。
 俺は今の件に片が付いたら故郷に帰るつもりだ。
 俺はそこで以前の様に幼馴染とスローライフ。
 きっと時が経てばロスト事件の事を知っている
 人々の中でその記憶は薄れていく。
 俺もそうなるだろう……もしかしたら、
 事件の事なんて忘れていられる日が来るかもしれない。
 だからこそ!!お前が罪を償い事件を忘れる事なんて許さない!!
 例えみんなが事件を忘れても、俺が事件を忘れても、
 お前はずっと覚えておいてくれ。
 あの事件の苦痛しみを!あの事件の悲哀しみを!」
つまりは富野監督の
「死よりも重い罰を与えたかった」
的な感じでしょうか?

「それが望みならば私はその旅を始めるとしよう。」
「リボルバー、お前と逢えてよかった。」
「私もそう思う。
 さらばだ……プレイメーカー、ソウルバーナー。」
リボルバーは只去る。
そしてソウルバーナーからプレイメーカーに
Aiの居場所のデータを譲渡されて最終決戦に。
尊ちゃんは帰郷するにって……
ここで二人の出番は終わりという事に?

場所はリアル世界に移り、
遊作はパソコンで何かを調べております。
傍に在るロボッピの抜け殻に何か思う事が有り。
尊ちゃんは夜のNAGICAFEでコーヒーを飲んでおります。
「あれから遊作は来た?今日学校に来なかったんだよね。」
「来たよ…昼間。けど何も言わなかった。」

一方葵はお兄様の看護をしており、
一方夜空の埠頭を歩いている遊作の元に
何の脈絡も無くいきなりカード手裏剣が。
送り主は了見。
別離の意思を告げるとクルーで去っていきます。
そしてカード手裏剣はそのままデッキにin。

架橋の先のSOLのビルの中は、
猫の子一匹いない様ですが、
ビルのオーナーは既にAiです。

「よー遊作、よく来てくれたな!
 どうだ?現実で会うのは初めてだったよな。
 まるで人間みてぇだろ?」
何やらWelcomeと書かれた看板と造花で
デコレーションされたゴンドラにのってAiが登場。

SOLテクノロジーの工場で
中に在るのはAiの仲間となる
「限定ソルティスAiちゃんモデル」
プレミアがつく事必至でございます。

「こいつらには俺をベースにした
 意思のコピーが組み込まれる。
 前のバックアップみたいに
 完全コピーとはいかないが、
 俺みたいなソルティスが大勢
 野に放たれるってワケ。」

100体いてオリジナルを加えて
101体Aiちゃん計画でしょうか?
ここで何かをやらかさせようっちゅー訳でしょうか?
本人も予想がつかないとか。

最初はみな同じ感覚ですが、
「リボルバーが言ってたろ。
 肉体の存在と経験が人間とAIの違いだって。
 人間程じゃないだろうけど、
 ちょっとずつこいつらの
 経験する事や思考は違ってくる。
 好き勝手に自分を再構築し始め、
 ある奴は人間にいい事をするかも知れない、
 ある奴はオイタを働くかも知れない、
 もしかしたら仲間割れをしでかすかも知れない
 ツルんでりゅうちぇる化した挙句に
 AIの国を建国関係トントントンするかも。
 自分でも自分の事は意外に判らないもんさ。
 だから俺自身にも如何なるか判らん。」

ある種の実験的な感覚でしょうか。
ロボッピはプロトタイプ的な感じで。
「取りあえず俺はぼっちで寂しくなる。」
「Ai,、こんな事はやめるんだ!!」
「だが断る。」

ロボッピにメッセージを隠した事や
ロボッピが壊れてメッセージが流れるのを
敢えて知っていた理由は
「ロボッピのシステムは限界だったからな。
 だから最後にあいつが喜びそうな
 夢の国を譲渡したのさ。
 悪い事しちまったよ。
 アイツはいいAIだった……」

自分がやっている事をやめさせる為に
遊作を呼んだのではという推測に対しては、
肯定も否定もせず、
「全てを返して姿を消せ」という要求には
デュエルで倒さなければ皆は戻らないという
ロックをしたのでコピー製造システムも
Aiを倒さなければAi自身も止められないそうで。
デュエリストはデュエルで語るしか無いでしょう。

「俺達はこんな決闘いをする為に
 今まで共に戦ってきたのか!?」
「それを言われちゃあ辛いワケ。
 だから後退のネジを外したのさ。
 結局俺はAIでお前は人間、
 別の存在だと理解ったってこったょ。
 まあライトニングみたいにKAGEKIじゃ中目黒。
 もそっとユーモアが有るし別に人間を
 残らずマサクゥルする訳でも無し。
 AIが生き残る可能性を模索しよーっちゅー訳。
 それを俺がKIMERUんじゃなくてな。
 こいつらは必ずしもパンドラの箱の中の
 災いって訳でも無し。
 人間にはそう思えないだろうけど。
 人間はビビり症だからな。
 てか俺は正直いつかお前と戦うんじゃないか
 って覚悟はしてたぜ…お前だってそうだろ?

という訳で最終デュエッ!!
しかしリアルではなくリンクヴレインズが舞台に。
ちょいとくらいはギャラリーがいてもいいんじゃないですかい?
それとスピードデュエル。

データストームの中でプレイメーカーは
ガベージコレクター&フレイム・バッファロー&
シーアーカイバーで
新リンクのスプラッシュ・メイジを経由して
速攻で凸をリンク召喚してきました。
ついでに牛で2枚ドロー。

「Ai,、俺にサイバースデッキを探させたのはお前だな?」
え?どういう事デスか?
まさかその伏線を回収するのですか?

「ん~なんの事かな?俺はハノイに追われ、
 逃げ回った挙句にお前の所に転がり込んだ。
 お前がおれのパートナーだと知って助けを求めたんだ。」
「いや…お前はずっと俺を監視していた筈だ。
 サイバース世界がハノイにカチコミされ、
 お前がハノイからトンコしまくっていた五年の間、
 お前は影からずっと俺の人生に
 干渉していたんじゃないのか?」
え?何それ?
てかそれに気づくプレイメーカーの洞察力の鋭さについて。

「きっと何かと言える程大きな鑑賞じゃないんだろう。
 俺の見聞きしたちょっとした事に手を加え続けた。
 俺がハノイへの復讐ロードを歩む様に。
 俺だけじゃなく草薙さんにも同様に。
 お前は俺達を気付かれない様に
 デンシティとリンクヴレインズに誘導した。
 俺と草薙さんが何れ出逢うあろう事も
 お前は判っていた筈。
 そして俺にサイバースデッキを与えた。
 お前を守護らせハノイを打倒させる為にな。」

そういやあ一話の視線とかもそれっぽい様な。
ていうかAiちゃん有能すぎねえですかこのチャランポラン?
それもこれも全て演技で驚愕の真実ってやつッスか?

「俺がお前に戦う武器、
 プレイメーカーの象徴たるサイバースデッキを与えた。
 そしてお前は俺の期待通り成長し、
 オジャマなハノイを倒してくれた。」
「全ては計算づくか?_」
「悲しい事を言ってくれるなよ。
 最初はそうだったけど
 だが今はお前は俺のたった一人の友達だ。
 見せてくれよ……
 お前がどこまで成長したのか……!」

いつもの流れで
Aiランドをサーチした後に
リングリを経由して
大スターをリンク召喚、
そして二枚目のAiランドを手札にし、
モンスターを魔法・罠ゾーンに置くという
宝玉獣的な事もやった後に
ファックスもリンク召喚、
とどめに裁きの矢{ジャッジメント・アローズ}!!
ていうかテキストが変わってないですか?
まさかOCG化されるから
テキストをOCGに変更?

しかしプレイメーカーも無策ではない。
永続魔法、サイバネット・オプティマイズで、
イグニスター対策は既にしております。
しかし永続罠、コード・ハックの効果満載でも、
ファックスの攻撃はしのげても
大スターによって凸は撃破されチマー!!
ていうか何気にOP回収。

「俺は本気で手加減はナッシング。
 来週本気で来ないと瞬獄殺するぜ。」
来週はプレイメーカーvsAiのラストデュエルの続行きです。
久しぶりにサクロンが融合召喚されており、
Aiもウイングペガサス略してウインペ、
ライトドラゴン略してライドン、
そして大スターのちっこい版、
子スター(仮名)を出してきております。

プレイメーカーはAiの悲哀しみのひだまで
すくいたいという想いでデュエルしておりますが、
何万何億の言葉でもAiの心は動かない。
デュエリストの心を動かすのはやはりデュエル。
そして無謀な提案とは一体!!?















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn117.html

コメント

kei
No.1 (2019/09/09 00:12)
時々拝見させて頂いております。 10月から放送枠に別の作品がアサインされてるぽいし、遊戯王シリーズ止めるのかもですね、一旦なのか、それともずっとなのかは不明ですが。あとは再放送枠のほうに移る......のか。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事