スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王VRAINS{ヴレインズ}102話「委ねられた願い」レビュー

2019/05/17 00:50 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王VRAINS{ヴレインズ}
  • ファイアウォールドラゴン・ダークフルード
  • グォレンダァ
  • アトラース勝ち逃げ
  • プレイメーカー
  • ボーマン
  • チクリ魔ライトニング
今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}102話のレビューをさせていただきます。

第102話 委ねられた願い

今週はプレイメーカーとボーマンの最終決戦、
はひとまず置いて……遊作ハウスでは、
ロボッピがアニキ連呼して走り回っております。
アニキがいなくなってマンモスかなPそうで。
あ、変な方向に転んで重心が取れなくて立てなさそうだ。
いや……何やらロボッピの脳内で何かが起きている模様。

ロボッピが目を覚ますと目の前には
千葉…上総の某夢の国に出てきそうな
お菓子やおもちゃをモチーフとした扉が
デデーンとそびえ立っております。

ロボッピはこんな楽しそうなものは初めて見たと
はしゃいでおりますが……アニキの事は……
「アニキが消えたばかりで悪い気もするけど。
 ロボッピ、オーブンザドアーです~。」
一応気にしていたのねロボッピ。
Ai印のボタンを押すと……
何やら墨汁の津波が押し寄せてきただ~~~!!!
てかロボッピが流されチマー!!

一方デュエルの現場ではAiの犠牲を以てしても
ボーマンのチート機能はストップでけません。
Aiの犠牲は決して無駄には……え?
「ただいま~♪」
ちょ……さっき犠牲になったと思ったら
何でここにいるんデスカ?
ギャグマンガ空間にでも突入?

「んな事も有るかもってロボッピん中に
 バックアップを仕込んておいたのサ。
 イチかバチかのカウンター…もとい賭けだったけどな。」

「賭けるチップは?」
「俺の存在。俺達には意思が存在る。
 そのせいでプログラムの再構築が元通りにに成功する可能性は
 失敗したら自分を喪失い廃AIになっていた。
 だからあの時はアレに賭けるしか無かった。
 ニューロン・リンクを止めても
 ボーマンのスキルは止まってねえ。
 だから奴を倒すにはこのターンで決着りをつけるしかねえ。
 けんどその前に少しだけ時間をちゃぶ台。
 ボーマンの中から仲間を助け出す。
 前の俺の攻撃でボーマンのプログラムの一部を破壊した。
 今からミラーリンク・ヴレインズ経由で奴の中に入り込める。
 仲間の力さえあれば必ずボーマンを打倒せる筈だ。」

Ai、再び出陣する。
しかし高度過ぎるシステムなので
プログラムを破壊しちょる暇は中目黒。

そして辿り着いた先には一本の柱に
Aiを除くイグニスが五人揃って
肩の下の部分から生き埋めになっております。
不霊夢達とニューロン・リンクを繋ぐ事で
リンク5のパトロンを使いこなしているというこたぁ、
ここでレスキューすればいい訳デス。
しかしAiの攻撃によるダメージは
すぐさまリカバリーされちまいます。

「無駄だAi。我々とボーマンの一部は最早完全に融合している。
 ついでにボーマンは我々の上位互換。
 つーこたぁお前が何を使用と全て無駄無駄ヤッダーバァ。
 私の目論見通り我々はボーマンの中で統合されるのだぁ。」
あ、憎たらしい態度と口調のライトニングまで。
相変わらず憎まれ口なのは悪役としてブレません。
なのでニューロン・リンクが復活しつつある今
早くしないと取り返しのつかない事になるので、
至急戻る様にアクアが諭します。

「もしも~し、聞こえますかボーマン?
 Aiはここにおりまっせ。」
あ、チクリ魔に。その直後にAiの後ろにボーマンの分身が。
「私の中に取り込まれるがいい!」
ここでボーマンズダイレクトアタックの
手型ビームがAiを捕縛しようとしますが、
Aiはこれを華麗にかわす!かわす!

「Ai!早く戻ってボーマンを倒せ!
 ニューロン・リンクが復活したら勝ち目は無くなるぞ!」
「だけどボーマンを倒したらお前達まで消えちまうだろうが!
 お前達の力がなきゃボーマンは倒せねえ!
 何よりお前達を喪失ったら意味がねえ!」

ここでアクアが不霊夢に協力を要請します。一体何を……?
アクアと不霊夢がオーラを纏うと何やら
ちっちゃい元気玉の様なものが額から飛び出し……
アースとウィンディからも台詞が有りませんが飛び出してます。

「ていうか貴様何をするだー!!?」
「私達の力をAiに託すのです。
 ライトニング…今の貴方の力では
 私と不霊夢…二人の力を止める事は出来ません。」
二人という事はアースとウィンディは今現在
意識不明の状態という事でしょうか?
という訳でライトニングも元気玉を
強制的に絞り出されチマー。

元気玉が収束して起こる光は
ボーマンハンドの群れを消し去り、
レインボー色の元気玉がAiの中に。

「でもお前達を救えないんじゃあ何の意味が……」
「GAMANしろ!我々は永遠の命に近い機能を持っている。
 それ故に忘れがちだが……命ある者はいつか無くなる。
 それが今でしょ。」
「んな時まで偉そうな事言ってんじゃねえ!
「偉そうか…ならば私の言っている事は正論の様だ。」

「Ai、お前はまだ真実を知らない。
 我々が辿り着く本当の真実をな。
 Ai…お前はこれから自分の行く末を
 見極める事になるだろう……。
 あ、もう少し話をさせ……」
「ボーマンを打倒せ、Ai!!」
「Ai…貴方が最後の希望です。頼みましたよ。」
苦渋の決断、振り返る後ろはない!!走れAi!!
……ところでライトニングが口走っていた
本当の真実とやらは今後どんな形で
ストーリーに関わってくるのかについて。

「救えなかった……不霊夢…アクア…アース……
 みんなボーマンと融合しちまっただ……
 もうボーマンごと倒すしかねえ!!」
ここでAiから虹色の光が……
不霊夢達がAiに託した最後の力……願いが!

「逃げおおせたかAi……
 だが結局はこのデュエルでお前は私に取り込まれる。
 私のパトロンは能力が落ちたといっても攻撃力は
 裁きの矢{ジャッジメント・アローズ}の効果で8000。
 そして攻撃力を上回ろうとも
 破壊耐性と戦闘ダメージ無効の効果がある。」
果たしてこの難敵をどうするというのか!!?

スレッショルド・ボーグ略してスレッドを皮切りに、
永続魔法、サイバネット・コーデックを発動し、
そしてコード・トーカー略して子トーカーをリンク召喚。
子トーカーはアニメデビュウです。

続いてエンコード・トーカーことエコー、
サイバース・ウィッチことサッチをリンク召喚し、
サイバース・マジシャンことサジシャンを儀式召喚し、
ファイアウォール・エクシード・ドラゴンこと
フォクシードをリンク召喚、
トランスコード・トーカーことトラコをリンク召喚、
その時にもサイデックは永続で過労しております。

「何だこの連続召喚は?
 一体何を目指しているのだ!?」
「お前には聞こえない様だな。
 俺を導くみんなの声が!!
 聞こえないのはニューロン・リンクの
 破壊のせいではない。
 お前が他と繋がろうという心を持たないからだ!!
 お前の目指す世界はみんなの心を踏みにじる
 独りよがりの世界。
 心無き意識をいくら集めようと
 未来を導く声は聞こえない!!
 俺には聞こえる……
 みんなが平和を欣求める声が……!!」

ぼっちのボーマンには
ハルの声しか聞こえておりません…残念!!
そして……リンク5だと!!?
ファイアウォール・ドラゴン・ダークフルード、
略してフルフル降臨!!
これが不霊夢達が託した力!!

墓地にサイバース族の融合儀式エクシーズリンクの
モンスターが存在する場合、
カウンターを4っつ置いてその数×2500攻撃力をアップ、
即ち攻撃力が13000!!

だがパトロンはハイドライブカウンターがある限り
戦闘ダメージを受けず、
そしてカウンターを1つ取り除いて破壊を無効にする!!
「如何やら無駄だった様だな。
 そしてパトロンの効果でお前のフルフルは破壊され……」
「それこそが無駄だ!」
フルフルがカウンターを1つ取り除いて
パトロンの効果を無効にしてもう一度攻撃宣言をします。

ネオテンペスト・フレイム
ネオテンペスト・アクア
ネオテンペスト・アース
ネオテンペスト・ウィンディ
とまるで怒拳四連弾の如く
イグニス達にちなんだ攻撃をしてきます。
ここのウィンディは気さくなウィンディの模様。
ていうかアースがまるでライダーキックだ。

「やっと気づいたかボーマン。
 お前はもう逃げられない破滅のコンボに落ちただよ!!
 これが俺の仲間が俺とプレイメーカーに託してくれた力だ!!」
まるでブルーメイデン戦を逆に再現した感じです。

「プレイメーカー……お前はフルフルの力を瞬時に把握し、
 個のコンボを完成させたというのか!!」
「人間は他者との絆により想像も出来ない進化を遂げる。
 みんなの声が俺をここまで導いてくれた……それが繋がる力だ!!」
イットイズ 絆パワー!!グォレンダァ!!!
ハイドライブカウンターがゼロのパトロンに対して
ネオテンペスト・エンド!!
……まあライトニングは性格がアレなままですし。
敗北したボーマンの脳裏に聞こえるのはハルの声……

「君には私には無い未来が存在るのかも知れない。
 デュエルで敗北した私はもうすぐ消える。
 Ai…お前は人間の側に立ち、
 自らの手でイグニスの未来を閉ざしたのだ……
 後悔するなよ……」
ライトニングと言いボーマンと言いこの発言の真意とは……?

「さらばだ!我が最強の宿敵プレイメーカー!!
 ……ハル、私を迎えに来てくれたのか……
 これからはずっと一緒だ……」
さらばボーマン……

「勝利ったんだな俺達……」
「だがその代償はあまりにも大きい……」
あれ?モブアバターズの意識が戻ってねえんですけど……
まさか大量植物人間状態……?
プレイメーカーの勝利で来週に移る。

来週は……Aiが哀号の大粒の涙を流しております。
朋友を救えなかった後悔の涙を……
悪夢のミラーリンク・ヴレインズの消滅にも拘らず、
プレイメーカーの表情は暗いまま……
空しい勝利に打ちひしがれる中、
天から無数の光の雪が……これは一体……
ていうかモブアバターズが次々と目覚ましTVってます。
ブレイヴ・マックスもおはよーさん。















詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn102.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事