スーパーゴロツキのブログ「真・闇の会」

遊戯王VRAINS{ヴレインズ}88話「リベンジャー・ウィンディ」レビュー

2019/02/08 01:14 投稿

  • タグ:
  • 遊戯王
  • アニメレビュー
  • デュエルリプレイ
  • 遊戯王VRAINS{ヴレインズ}
  • ゲスディ
  • ウィンディ
  • ソウルバーナー
  • 煽り耐性
  • ブルーメイデンに死刑宣告
今回は遊戯王VRAINS{ヴレインズ}88話のレビューをさせていただきます。

第88話 リベンジャー・ウィンディ

今週はスペクターがライトニングに敗北して
モンスターボール感覚で光の球として
捕獲されたところから始まります。
洗脳してブルーメイデンとの再デュエルフラグでしょうか?
不霊夢によればライトニングは別格だとの事。
まあイグニスのトップ的な立ち位置ですので。
リボルバーはお花畑でその光景を目の当たりにし、
「お前の犠牲は無駄にしない。」と誓います。

「待ってなよリボルバーちゃんよぉ。
 次は俺が消してやんよぉ!!」
……先週リボルバーにビビッて
ソウルバーナーに復讐の矛先を変えるんかよ、
と言ってスマナイ。
しかしやっぱライトニングが勝手に
ウィンディの相手にソウルバーナーを指名。

「おりゃああのヤローを一刻も早くぶちのめしたくて
 ウズウズウズウズしてんだよぉ!!」
あれだけの目に遭ってビビらないとは
結構肝が据わっておりますな。
しかし逆に言えばライトニング曰く
「冷静さを喪失っているので
 他の者を倒して貰おう」
との事。
おそらくはそれで留飲を下げさせて
冷静な判断力を取り戻させようというのでしょう。

「ボーマンがブルーメイデンと戦う事になるだろう。」
……し、死刑宣告……!?
ブルーメイデンとウィンディと。
対戦相手変更とかデュエル中使徒化が無ければ
ブルーメイデンの敗北はほぼ確実ですので、
スペクターとブルーメイデンが負けて
ウィンディの対戦相手……
今ライトニングが指名したソウルバーナーが負ければ
主人公側が三敗ってのは
流石に可能性は低いでしょうから、
ウィンディにとっても死刑宣告かと。
改心フラグは一応ありますが、
ゲスのまま消えるのか改心するのか
それともベクターみたいにまさかの黒幕化……
は役者不足なので無いとは思いますが。

ていうかブルーメイデンの相手は
洗脳スペクターだと思ってたんですけどね。
まあブルーメイデンはハルの仇でもありますし。
そしてブルーメイデンに勝てば
ボーマンは何気に初勝利という事に。
次はリボルバーとライトニング、
最後にプレイメーカーとボーマン、
対戦カードはこんなところでしょうか。

その頃そのソウルバーナーは……
飛行機の墓場の様なところにいました。
ていうか誰も載ってい無さそうなのに
飛行機が一斉に動いております。

「飛行機の幽霊か?」
と不霊夢は言っておりますが……
リンクヴレインズという電脳空間で
幽霊は存在出来るのかについて。
ここでソウルバーナーの前の道を
飛行機が塞ぎました。
そして……志村後ろ後ろ。
「呼ばれてないけどジャジャンジャーン。
 来たか、中継担当。」
そして中継担当こと鳩&カエルも。
ウィンディ「様」と媚びておりますが、
命{タマ}握られてっからしゃーないっしょ。
しかしウィンディが負けたら
「ケッザマァカンカンこのウィンディ野郎」
と掌を返す姿が見えます。

「リボルバーを無視して私達の所に来るとは、
 さては一度敗れたリボルバーとの戦いに臆したか?」
熱くなりがちなソウルバーナーに対して
不霊夢は冷静沈着に舌戦を開始します。

「ちょい待ち…ってこたぁ俺達はリボルバーより格下って事か?」
「激しく納得。ここに来ないって事は俺様サイキョーって事ね。」
「黙っていろ。」
「ハーイ。」
今日もAiのお笑い劇場は平常運転。

「弱いとかそういう事じゃないんだな。」
「どういう事だよ!?:」
まさか他に理由があるとで……
「雑魚ってこったよ!」
嗚呼、ソウルバーナーがトサカにきちまう。

「ウィンディでなく君が熱くなってどうする。
 少しは私の意図も察してくれ。
 リボルバーとのデュエルで
 ウィンディはトサカに血が上り敗北した。
 彼の感情的になりやすい部分は利用すべきだ。」

「作戦会議は済んだか?命乞いの準備はそろそろおk?」
「嗚呼、君が弱いと見込んだ我々が、
 どれだけ期待を裏切れるのかについて。
「俺は!昔から!お前のそういうなんでも!
 理解った様なところが
 ガチ気に食わなかったんだよおおおおお!」
煽りスキルが有るのに煽り耐性が無い、
どこぞのⅣみたいですな。

「私は君の事が嫌いではなかった。
 以前の君はこれ程歪んだ性格ではなかった。
 Q:一体君に何が起きた?」
「A:何も起きてねえし。これが地の俺だ。」
「そうだとすれば…私は君を許せない!
 君は君を信じていた私達を裏切り、
 ライトニングと共に私達の故郷を滅ぼした!」
「だからどおおおだってんだお!
 お前に許されたいなんて思ってねえし!
 これっぽっちもー。」
一々反応する辺りがウィンディらしいっちゃあらしいです。
これで頭に血が上っている状態なのか、
それともこれが素の状態なのか……。

Ai曰く
「パートナーを消しちまう様なヤバい奴なので
 勝利つ為ならば手段は選ばない」
そうですが……卑怯な手段を取るとしたら、
他のメンバーを人質に取るとかでしょうか。
例えばスペクター……リボルバーならともかく
ハノイに反感が有るソウルバーナー相手なら
効果があるとは思えませんが。
もっともデュエルが全ての遊戯王世界では、
デュエルそのものを放棄するリアリストには
逆転の女神は決して微笑みませんですけどね。

嵐闘機グリフォールで手札をピーピング、
その中から罠カード、サラマングレイト・ロアーを
強制的に伏せさせたうえで自身を特殊召喚し、
ロックバスター略してロクバをリンク召喚、
さっき伏せさせたロアーを墓地に送り、
スカイフィッシャー略して寿司で
墓地送りにしたロアーをセットさせます。
ロアーが過労死カロアーしちゃう。

そしてバハムートボマー略してバボマをリンク召喚……
1ターンでエースモンスターだとぉ!!?
ロアーを「偶然にもそんなトコに伏せカードがぁ」
墓地送りにしてバーンダメージ。
相手と相手カードを弄ぶウィンディらしいデッキですが、
他者を弄ぶ者は最後に報いを受けよ羽柴筑前。

転生炎獣ベイルリンクス略してベルリンを
リンク召喚&転生炎獣の聖域をサーチ、
転生炎獣モルで転生炎獣サンライトウルフ
略してサルフをリンク召喚、
ストラクを推していきますよ押忍押す。
そして伝家の宝刀ヒラオ!!

聖域を発動して一気にゴリ押ししようとしますが……
不霊夢は慎重になる様に言い……
「てか邪魔臭くねえか不霊夢ぅ?」
精神攻撃がやって来ました。

「お前も自分の意志で戦いたいだろぉ?
 結局のトコ邪魔なんだよパートナーとか。」
「だから葬ったのか……パートナーを!」
「それでパートナーを葬った時、どんな気持ちがした?
 ……どんな気持ちだったと聞いている!!?」
「んなもんねぇし。余計なモンがいなくなった。
 そんんだけのことだっちゅーの。」
順調に下種ロードを爆走中。

「ロスト事件の時…あそこに囚われた俺達は、
 想像を絶する思いで毎日を過ごした。
 来る日も来る日も絶望の繰り返し……
 だがいつか助かる…助けが来ると
 小さな希望をつないで生きてきた。
 その希望が現実になった時、 
 その喜びがどれ程だったか!
 それをお前は奪ったのか……
 お前が邪魔だってだけで!!
 やっと取り戻した希望が奪われるのがどんなものか……」

パートナーの顔は暗くてよく見えませんが、
髪型はウィンディに似ております。
友人関係も円滑にいっておりますが……
そして急ブレーキの音からの衝突音が……!!

「彼らが絶望に耐えていた日々の果てに…
 生まれたのが我々なのだ。
 我々は彼らに感謝する事こそあれ、
 彼らの規模云うを奪う資格など無い!!」

それに対してライトニング曰く
「不霊夢…どうやら君も完全に毒
 されてしまっている様だな。」

「そーかいそーかい。くだんねー。
 生み出してくれてありがとさんって、
 感謝すりゃあいいのんか?
 ねぇわそれ!マジでガチで!
 パートナーなんざ無意味で邪魔だって事を
 お前に理解させてやんよ!!
 もっともぉ理解し時にはあの世逝きだけどな。」
「ウィンディ…そこまで性根が腐っていたとはな!」
今まで不霊夢が知るウィンディは
おそらくは猫を被っていたというところでせうか。

「コイツだけは容赦なくぶちのめす!」
「暴力的な表現にあまり賛同したくは無いが、
 今だけは目を瞑ろう。」
「何を言うちょるばい!
 勝利の風は俺に吹いてんだよぉ!!」

ここでガーゴイリードの手札誘発により、
フィールド魔法、嵐闘機流{ストームライダー・タービュランス}発動!!
効果でヒラオがいくら転生リンクしても無駄だそうで。
相手カードに徹底的に干渉する戦術ですな。
ていうか事前に教えてくれるのね。

しかしB・バイソンことバイソン将軍登場。
嵐闘機流の効果を封じ込めます。
同時にヒラオの転生リンク召喚だ!!
しかし嵐闘機爆流{ストームライダー・ブラスト}爆誕!!
またまたヒラオが効果を無効に。

おまけにバボマしか攻撃出来ないので
ヒラオを自爆特攻しますが、
墓地のベルリンを除外して何とか戦闘破壊は免れます。

「ザンネンだったなー。理解ったか不霊夢。
 所詮人間のパートナーなんざこのテードなんだよ!」
「私はそうは思わない。」
「お前もザンネンなやっちゃなー。」
煽りタイム全開アクセル。

ターン開幕ロアー過労死問題。
新リンク嵐闘機艦ストラストーム略して虎が
「貴様らのちょろちょろ燃えるショボい炎を
 俺の風で吹き飛ばしちゃるぜぃ!!」
バボマと虎でフィールドは丸裸、
虎も次のターンまで自己除外して
嵐闘機爆流の効果を妨げません。

「腐ってもイグニスだ。」
「ご名答!正解の商品豪華地獄旅行をペアでプレゼント!
 二人仲良くハネムーンで消えな!二度と帰ってくんなよ!」
まるでベクターの様だ。

「ウィンディ、最後まで気を抜かない事だ。」
おいおいライトニング、何フラグ立てちょるばい。

「不霊夢ぅ、おまいらちょっともいいとこなしだなぁ。
 それに比べて俺は絶好調。
 俺の風でてめいらを吹き飛ばしちゃるよ!」
「我々の炎を吹き消すそうだ。」
「今のライフじゃ風前の灯火だからな。
 何を言われても仕方がねえ。」

「だが君はこんなところで終焉るデュエリストではない筈だ。」
「あたぼうよ。こんなんじゃ終わらない!」
「お~お~そーやってお互いに励まし合っちゃってからに。
 ウツクシーね。パートナーシップってやつ?
 俺のシップはストームライダーシップ。」

「イエスオフコース!大事なのはパートナーだ!
 ウィンディ!お前のパートナーの仇は必ず俺が討つ!」
「うはうはひゃひゃ!やれるもんならやってみなぁ!」
小物ゲス街道爆走中で来週に移る。

来週はウィンディが小物ゲスヒャッハー街道まっしぐら、
しかしその凶風がソウルバーナーと不霊夢をじわじわ追い詰めます。

しかししかし!ソウルバーナーと不霊夢の闘魂の火は消えない!
火と火を合わせて炎と成るが如く!
ヒラオが進化したモンスターになると!?

重なる二つの火……炎であると同時に、
まさかエクシーズ!!?ウィンディ、彼はもう終わりですね。














詳しいレビューは下をご覧下さい
http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReview.html

http://shin-yaminokai.jp/AnimeYugiohVRAINSReviewTurn088.html

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事