シャベルPの喋りたいトコ

シャベルはVtuberを可能にするぞ!その2【MMDモデルからVRMまで解説を目指す】

2018/11/07 23:54 投稿

  • タグ:
  • Vtuber
  • VRM
  • シャベルP
  • FBX
  • unity


昨日に引き続きシャベルです。さー、シャベルPモデルのFBX化には成功したわけです。
続きまして、
http://stereoarts.jp/MMD4Mecanim%20%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%88%E5%BF%9C%E7%94%A8%E7%B7%A8%EF%BC%89.pdf
を参考にセットアップを進めようと思ったんですが。
シャベルモデルだと調整必要無いかもしれません。
まずは、この記事を元に前回の最後にシーンビューに入れたシャベルPを下の図のように選択して、インスペクターのSelectを押します。

すると、この左の表示になるので、Rigを選択し、アニメーションタイプを”ヒューマノイド”に変更。
そして設定ボタンを押す。







すると、このモデルのボーンの対応状況が分かります。
赤くなってる部分に問題があるので、ボーン名の修正等色々修正する必要があるのですが、今回は恐らく必要ありません。
なぜなら、問題となっている足ボーン関連。
そもそも、シャベルモデルには足の関節が根本にしか無いからです。
更に言うと、翼はあっても腕は無い。指も無いので、この表示は間違ってない・・・・・のではないか?と判断しました。
問題があった際にまた戻って来ます。

(ちなみに、1つ前の画面に戻るには、右下の”Done”ボタンを押せば戻れます)







話が早いね!!AHA☆
じゃあ、FBXはこれで良いと仮定して、VRM化に着手しまーす。参考先はこちら

もうUnixはインストール完了してるから、UniVRMをDLしよう!!
DLはこちらから
unitypackageをDLしてね。




unityの3D画面を表示してある状態で、UniVRMのunitypackageをダブルクリックすると、UniVRMがインストールされる。
ここは昨日の記事のMMD4Mecanimと同じだね。

さて、シャベルの場合はFBXへの変換にもUnityを使ってるから、既にシーンビューにモデルが表示されてるけど、表示されてない人は、FBXファイルをシーンビューにドラッグ&ドロップして表示してね。





そしたらマニュアル通りに調整していくよ~。
まずはモデルの位置から。
下の図のように、モデルのトランスフォームタブで、XYZの座標を全部0に変更します。






で、次はマテリアルの設定なんだけど・・・・・。ここはMMD4Mecanimが補完してくれてるっぽいので、今回は省略してみる。
ちなみにマテリアル、材質設定は、モデルを選択してSelectボタン⇒Materialsで表示できるよ。





で、出力を試したい所なんだけど時間オーバーなので今日はここまでにします。
ここまでやってみると、MMD4Mecanimがどれだけ補間してくれてるか良く分かるね;







1つ前の記事   次の記事


今日も小説更新しました。

小説家になろう
https://ncode.syosetu.com/n4211fc/

note
https://note.mu/shaberu/m/m1a7b2ab3bd2a

シャベルがやろうとしていること。その理念
http://ch.nicovideo.jp/shaberuP/blomaga/ar1692144




















コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事