シャベルPの喋りたいトコ

シャベルはVtuberを可能にするぞJOJO~!!!【MMDモデルからVRMまで解説を目指す】

2018/11/06 22:56 投稿

  • タグ:
  • Vtuber
  • MMD
  • VRM
  • FBX
  • セルフプロデュース


シャベルはVtuberになるぞJOJO~~~~!!!
URYYYYYYYYYYYYYY!!







シャベルです。上で何か言ってますけど、別にVtuber本職になるつもりは無いんですよ。
ただね?MMDモデルをVRMモデルまでセットアップできる技能は欲しいなって。
多分これから使える技術だし。
何より、MMDで言うと、物理演算が実装された時のような焦りを感じる。






この動画作った時ね。MMDが物理演算に対応したって知って、解説を一通り読んで、もうね。
即座に頭が拒否した。

「あ、これ今すぐやらないと絶対後まで苦手として残るな」って確信があったんですよ。だから、逆に誰よりも早く詳しくなってやる!!くらいの気持ちで各モデルに物理演算実装して、動画作って、解説テキストまで作った。
あの時と同じような予感がする!!




VRMまでの流れを拒否すると、このまま時代に置いて行かれてしまうという危機感・・・・!!
そりゃね?MMD形式対応のものもあるよ?
でも、それより最低限FBX。
それよりVRMの方がUnityとの親和性高いわけじゃない?
これ、拒否って良い流れか?
いや違う・・・・・・。
これは逃すとヤバいやつ!!





だから、1から何の準備もしてない所からやるよ。
まずはUnityのインストールから。
一度インストールしてから分かったけど、「日本語でOK」って言いたくなるから、日本語でDLできるように、この記事を読んでいる諸君は、まずこの記事を参考にUnityを日本語でインストールしよう。








Unity HubをここからDLして~。
起動して~、アクセス許可して~。




①②③の順番でクリックして~。







Language packsの日本語にチェック入れたらドーン(done)!!







・・・・・・・長い。長くない?まあ、3G以上あるんだから無理もないんだけど・・・・・・。
これは長いね。仕方ない。待ってる間にシャベルの動画を見ようぜ!(ダイレクトマーケティング)



まずは、シャベルPとして名付けられた処女作にして、原点にして目標。
「DUST BOX」
実は退職して、求職中だった時にMMDと出会って、1週間で作ったもの。役者、声優志望だったシャベルが演劇の延長線上をPC上でやってみた。というもの。
パース?なにそれ美味しいの?って感じでパース切ってます。


自分で言うのもなんだけど、この動画の落ちる冒頭シーンから、最後に至るまで良く出来てると思う。
特に落ちるシーンの髪や、スカートの動きなんかは繰り返しモーションなのにそう思わせないね。
インコ=アベルの動きも良い。
ちなみに、これのカメラモーションはモデルと同じく落下しながら撮ってるんだよね。この頃はまだ、地面の方を動かすなんて発想もないから。
実直に、撮りうる方法で撮ってるからこそのアングル。
それが、これにはある。




ちなみにこっちは、MMEが登場してから技術力の向上テストとして投稿したもの。
MMEの威力はあるけど、物理演算が入った関係で髪があまり動かない。どっちが良いかは好みが分かれるかな~。
DUST_BOXは、いずれクラウドファンディングして集中して作りたいところ。






とやってる内にインストール完了。
・・・なんかドキュメント入らなかったわごめんちょ☆って言われたけどまあいいや。
とりあえず、こうなってればインストール完了だわ。多分。





んじゃ、次にとりあえずプロジェクト作りまーす。
え?ここまで細かい解説いるのって?いきなりプロジェクト画面見せられて行き方分かるようなのを初心者とは言わん。
というわけで、①②③の順でクリックね。


で、そうするとこんな画面になると思うけど、Templateが3Dのままなら”Create project”で。






よーし、とりあえずUnityの画面を召喚したぞ~。
そしたら次にここからMMD4MecanimをDLだ~。



コレね。コレ。DLしたら解凍してね!解凍はできるよね?





解凍したら、その中の”MMD4Mecanim.unitypackage”をダブルクリック。……拡張子の表示が分からないとかはググッてね。拡張子読めなくても問題無いけど。




そうすると、しばらくロード画面が出た後、こんなウィンドウが立ち上がる。ここでは深く考えずに、importを押そう。

げ、何か出て来た。



ん~っと、要するに多分このMMD4Mecanimで使ってるAPI、まあつまり部品が最新の部品のバージョンより古いですよって言ってるかな?
だから、自動的にそれらの部品をバージョンアップしてあげますよ。ふふん、嬉しいでしょう?やってあげてもいいですよ?ボクは優しいですからね(幸子 って感じ。
だが断る



そのバージョンじゃないとダメっていうのがプログラムでは往々にしてあるからね。バージョンアップは後でもできるが、ダウングレードはめんどくさい。故に、ここではお断りします。




とりあえず、projectタブのアセット欄にMMD4Mecanimが入ってればOK。
















そしたら次にAsetts欄にMMDモデルをフォルダごとぶち込むぞ~。というわけで、シャベルモデルをフォルダごとAsesets欄にドラッグ&ドロップでぽいっちょ。





ふむ。こんな感じでいいかな。

そしたら、ぽいっちょしたフォルダを開くと、中身に見慣れないアイコンのファイルが増えてるね。
これをダブルクリック。




すると、利用規約が出て来るから、チェックを入れて同意する・・・っと。で、次の画面もそのままprocess。





で、出来上がったFBXファイルをシーンビューにドラッグ&ドロップすれば・・・・・!!









できたど~~~~~!!!
とりあえず、FBXへの変換そのものはOK!!
・・・・あれ、そもそもメニュー日本語化できてなくない?
あ~、Edit>Preference>Langurgeで、Editor Languageにチェック入れて、Editor LanguageをJapaneseに変更して再起動!!
















よし、いい仕事をしたじぇ。
・・・・・今日はここまでかな。時間かかった~。
主に記事を作るのにね!
さすがにこれ全部アメブロで再現するのは無理!!
こっちに集約しよ。
明日は次に進むぞ~。
ここまで読んでくれてありがとう!
お気に入りとか、フォローとかよろしくお願いします!


次の記事はコチラ

本日も小説”珈琲の大霊師”を更新しました。

小説家になろう
https://syosetu.com/usernovelmanage/top/ncode/1324079/
note
https://note.mu/shaberu/m/m1a7b2ab3bd2a






コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事