せーらのブロマガ

時オカコラム #4 Void WarpはWrong Warpなのかどうかという話

2018/12/23 23:00 投稿

  • タグ:
  • ゼルダの伝説
  • 時のオカリナ
  • バグ技
  • RTA

Void WarpWrong Warpなのかどうかという話


結論から言うと、Void Warp(以下VW)は、Wrong Warp(以下WW)ではない。ということで認識されている。



・発見当初のWWという技の原理の認識


ダンジョンボス撃破後の青い光に入ってムービーを再生するのと同時に死ぬことでムービースキップをすると、特定のダンジョンでのみ発動するWW


発見当初は、2つのマップ移動を同時に行うことで発動する技として解釈されていた。



例を挙げると、デクの樹で青い光のムービーを再生するのと同時に死んだ場合は、ドドンゴの洞窟へワープする。


ここでの2つのマップ移動は、


①デクの樹の青い光のムービーを再生してのマップ移動。移動する先はコキリの森。

②リンクが死んだ時のマップ移動。ダンジョン内なので移動する先はダンジョン入口。


となる。


②のマップ移動を、ボス部屋から1つ前の部屋に戻るドアを開けるマップ移動にすれば、ワープ先は崩壊中のガノン城となる。


このように、2つのマップ移動を同時に行うことで、組み合わせに応じて全く違うマップへワープするというのがWWの仕組みという解釈であった。




・これを踏まえた上でのVWという技の原理の認識


VWとは、

①奈落等に落下した時の復帰によるマップ移動。

②別マップのロードゾーンに入る通常のマップ移動。

この2つマップ移動を同時に行うことで発動する。


これをすると、②のマップに、①のリスポーン時の座標を適用して移動する。という状態になる。


ガノンドロフ撃破後の崩壊ガノン城でこれを行うと、ガノン城の屋上という高い位置の座標から復帰しながら内部のマップをロードし、一気に最下層の通路まで落下することで崩壊ガノン城の脱出シーケンスを全てスキップすることができる。


https://youtu.be/XBm64yYNc-o


そういうわけで、VW2つのマップ移動を同時に行うことで発動させるため、WWの一種として認識されていた。




No IM/WWにおけるVWの扱いの変化


以上の項目で説明した通り、"VWWWという技の分類である"と認識されていたため、WWの使用が禁止されているNo IM/WWというカテゴリではVWの使用は禁止されていた。


このために、崩壊ガノン城でVWを発動させずに、異空間から落下判定が出ないように途中の通路のロードゾーンに触れる"Half Collapse Skip"なんていうこのカテゴリならではの技も開発されたりした。


https://youtu.be/ubWyYBiRfFs


しかし、WWの研究が随分と進み、コミュニティの専門家たちのみならず走者各位もこの技の原理を理解した頃、

"VWWWではない。"という声が上がり始め、結果的にWWの使用を許可していなかった各競技での使用を認めるように変更となった。




WWVWの違い


端的に言うと、青い光のムービー再生による特殊なマップ移動によって起こる本来ありえないマップ移動のことを、WWとする。

という解釈で再認識された。


VWは、①のリスポーン座標の情報 と、②のロードするマップ情報

この2つの情報のみで完結するため、言うほど"ワープ"ではない。


一方、青い光を利用するWWは、①と②のどちらにも関わりのないマップへワープするため、別物と区別すべきだろう、という話になった。



WWの原理の詳細はここでは省くので、未読の人はこちらで勉強してください。


https://sp.ch.nicovideo.jp/cma2819/blomaga/ar434493


結局このことが原因で、VWの使用をまだしていなかったルール変更前の記録が全て相対的に遅い記録となってしまい、少なからず不満の声が上がった。

ルール変更はほぼ全ての人が参加できるような形式の投票で行われていて、上位の記録保持者に決定を委ねるべきではないかなどと言われたのだが、投票結果の通りルール変更がされた。



という今回はちょっとした時オカの歴史の話でした。



以上


質問やリクエスト等は、Twitter @sera18171


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事