せーらのブロマガ

時オカコラム #2 GAE(Grotto Alternate Exit)

2018/08/07 21:00 投稿

  • タグ:
  • ゼルダの伝説
  • 時のオカリナ
  • バグ技

・新技の動画


GAE(Grotto Alternate Exit)

https://youtu.be/iioYtOyts-o


同名のバグ技がムジュラにも存在する。

そちらとは原理が違うので、別物と考えて欲しい。



・概要


小穴でのマップ移動の仕組みを利用して、特定マップの通常とは異なる座標にワープするというバグ技。



・小穴の仕様


時オカでは、穴に入った時に、”直前にいたマップ”と、その時の”xyzの各座標”を、穴に関するマップ移動専用のメモリにそれぞれ記録する。


例えば、迷いの森の小穴に入った場合は、直前にいた迷いの森というマップの情報と、その穴に入った時のxyzの座標を専用メモリに記録する。穴から出た時に、この2つの情報を参照して、穴に入る前の位置にリンクを戻す。

といった仕組みになっている。


これらの情報の更新は”穴に入った時”のみ更新され、穴から出る時は、ただこの記録した情報を参照してリンクを移動させる。



・利用方法


デフォルト値は0になっているため、一度もこの座標値を更新せず(=穴に入らず)に穴から出ると、ID0のマップの、座標(0,0,0)にリンクを戻す。


この仕組みを利用するというのが、今回見つかったバグ技の仕組み。



ここからが本題で、その穴専用の”直前にいたマップ”のメモリにのみ関しては、ワープソング演奏時にも更新されるということ。

つまり、ワープソングを演奏して”直前にいたマップ”の情報のみを更新し、その情報を更新させることなく穴から出ると、ワープソングで移動する先のマップの、別の座標へリンクをワープさせることができる。


穴から出るためには穴に入らなければならず、その時点で穴座標のメモリが必ず更新されるのだが、WWを使用して穴にワープすればそれは解決する。



・実用例


動画内でも挙げられているが、光のプレリュードを演奏した後にxyz各座標を0に保ったまま穴から出ると、時の神殿のマスターソードの台座にリンクがワープしてくる。

この方法で、実質時の扉スキップが可能となる。


ただ、穴の中に直接WWするのはかなり手間がかかるのがネック。

オリジナルの時オカでは活用は少々難しいといったところであるのだが


https://youtu.be/bwYgef1pBnI


時オカ3Dの方では、エリア移動を全てWW化させる、”DHWW(Death Hole Wrong Warp)”という凶悪なバグ技がある。

この技が比較的手軽にできる技であるため、これで小穴へワープすることで、時の扉スキップを行うことができる。


特に時オカ3Dにおける時の扉スキップはWWを利用したもので、初回侵入時のムービー消化を必要とするため、従来の方法だと一度きりの使用に限られていた。


この技はそれが不要であるため、何度でも時の扉スキップを行うことができるようになったということになる。


https://youtu.be/IprSgbfGdoU



以上、新技の仕組みでした。


質問やリクエスト等は、Twitter @sera18171


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事