SCNのブロマガ

プラモ企画「アストレイ全塗装」投稿作品紹介2

2020/03/14 00:00 投稿

  • タグ:
  • プラモデル
  • 模型
  • ガンプラ
  • FPF

アストレイ全塗装祭り 投稿作品紹介2
【フリー部門 その1】

関連リンク集
企画詳細まとめ
投稿作品紹介1【テーマ部門】
投稿作品紹介2【フリー部門その1】 ←イマココ
投稿作品紹介3【フリー部門その2】
■<第10回>スパロボ(ガンダム作品以外)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第9回>リトライ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第8回>FA全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第7回>F計画全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
■<第6回>ビッグサイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第5回>ダブル全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第4回>履帯(無限軌道)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4)
■<第3回>流星号全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3) (4) (5)
■<第2回>旧キット(一年戦争)全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)
■<第1回>グレイズ全塗装祭り 企画詳細/作品紹介 (1) (2) (3)

エントリー4:そうたさん


■ハンドルネーム:そうた

■作品名:ガンダムエクシア

■使用キット:RG ガンダムエクシア

目立つパーティングラインの処理、墨入れ、水転写デカールをはって
艶消しとクリアーパーツ部分にはクリアを吹いています。

ケーブル部分に艶消しを吹きたくなかったため艶消しとクリアーを吹くだけですが
かなり分解した状態で吹いたので結構面倒でした。

組立時に水転写デカールが剥がれてしまい、左右貼ってあるやつはいっそ反対側も
剥がしたのでデカールの数が減ってます
 

RGエクシアの唯一にして最大の不満点、足がほとんど前後に動かない点を
一応改造して多少ましにしています。

写真撮り忘れましたがフロント、リアアーマーの裏に出っ張りがあって稼働を狭めてるので
削って接着しています。

股間部分のフレームのにABSのランナータグ一枚分を挟んで(1mm真鍮線埋め込んで補強してます)
稼働域を微妙ですが稼いでいます。

改造した稼働域を生かせないポーズ

塗装色?:クリアーパーツ部分は水性クリアー、それ以外は水性艶消しクリアー
     ※ケーブル部分は吹いてません。

以上です

前回が時間かかりすぎたのでさっくり作りたくて作成しました。
墨入れしてクリアー吹くだけでこの完成度なのはホント驚きです

くたぱんポイント狙おうとしてましたが…
まあ全塗装???なので一番だったとしても辞退します…

エントリー5:くたぱんさん


■ハンドルネーム:くたぱん

■作品タイトル:小倉唯艦隊

■使用キット:
アオシマ 1/700 天津風(前回投稿品)
アオシマ 1/700 大鯨
アオシマ 1/700 夕張
アオシマ 1/700 伊ー19(いじゅうきゅう、アズレン読み)

■塗装色:
軍艦色2、ニュートラルグレー、タン、フラットホワイト、フラットブラック、
ココアブラウン、レッドブラウン、ジャーマングレー、ウッドブラウン

■紹介コメント:
前回天津風を投稿させていただいた時にネームプレートだけ
揃えていた残りの艦船プラモ(大鯨、夕張、伊ー19)を製作し、
艦これとアズレンでCVを声優の小倉唯ちゃんが務めている艦船の艦隊、
小倉唯艦隊を完成させましたので、投稿させていただきました。

大きさがバラバラでケースを統一することが出来なかったのが少し残念です。

今回も天津風の時と同様ケースをコバルトブルーで塗装して、
その上に木工用ボンドを塗って波を表現しました。

前回の写真が見難かったようなので、天津風も再度紹介させていただきます。

天津風はジャーマングレーでウォッシングをしてみたんですけど、
初めての艦船プラモだったので、この時はこんなもんかなぁって感じで製作しました。

今回は天津風の時とは違い、レッドブラウンでウォッシングしてみたのですが、
現物を知らないので、どのくらい錆表現を残したらいいのかイマイチ分からず、
もう少し残しても良かったのかなぁって感じになってしまいました。

後、夕張の説明書がいろいろ分かりずらく、
一応、塗装指定では殆どニュートラルグレーってなっていたので、その通りに塗装したのですが、
商品の紹介の塗装済みサンプルを見ると甲板の色が違うように見えて、
ネットで現物を調べたのですが、モノクロでよくわかりませんでした。
その他にも救命ボートも他の艦船プラモの説明書には
色分けがあるのにこの説明書には何にも書かれてないし、
イカリもパーツやモールドすら無いのに塗分けの指示が書かれていたりと
(ウォーターラインの共通パーツにあったイカリをつけました)
現物の艦船を知らないと???って感じでした。

逆に伊ー19は甲板も別パーツになっていて、かなり作りやすいキットでした。

今回、伊ー19、夕張、大鯨という順番で製作したのですが、
伊ー19と夕張は天津風とさほど変わらないくらいの難易度で特に苦労するところも無かったのですが、
スケモのサイズが大きくなるのに比例して精密になって難易度が上がるっていうのが
この大鯨でモロに出てて、イキナリ難易度が上がってて結構作るのが大変でした。

後、伊ー19は同じものを二つ作れるキットで、
多分普通はウォーターラインとフルハルの二種類を作るんだと思うですけど、
色んな潜水艦の番号のシールが入っていたので、
おまけとして大鯨の横に伊ー26の潜水艦を停泊させてみました。

ちなみにこの伊ー26はアズレンでCVを声優の石原夏織さんが務めており、
この石原夏織さんは小倉唯ちゃんが以前組んでいたユニット「ゆいかおり」の相方になります。

最後におまけで小倉唯ちゃんがデザインしたカワウソくんてキャラクターいて、
そのカワウソくんのぬいぐるみチャームってグッズがあるんですけど、
そのカワウソくんをピカチュウのプラモの胴体とプチッガイの頭を使って作ってみました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。 

エントリー6:くたぱんさん


■ハンドルネーム:くたぱん

■使用キット:IMS ネプチューン

■塗装色:
エメラルドグリーン、コバルトブルー、スカイブルー、ホワイト、ブルー、ブラック、
メタリックグレー、レッド、フレッシュ、ゴールド、ニュートラルグレー、
スターブライトゴールド、光沢クリアー、パールホワイト

■紹介コメント:
増税前に急に欲しくなって購入してしまったので、制作して投稿させていただきました。

外装の色はもう少し青いイメージを持っていたのですが、説明書の写真に合わせて調色してみました。
パールホワイトを塗装した後に光沢クリアーを吹きました。

それにしても剣を振り上げたら頭の角に当たりそうだったり、
足がハイヒールだったりと明らかに戦闘用のロボットとしては造形的に無理があるけど、
ホント、モーターヘッドは美しいですよね。

モーターヘッドの台座はいつも木製の台座を使うのですが、欲しいサイズの台座が品切れだったので、
今回は3mmのA4サイズのアクリル板を買ってきて適当なサイズにカットして台座にしてみました。
こちらの方が手間は掛かりますが安上がりでした。

モーターヘッドはガンプラで言うバックパックが無かったり、
武器も最低限しか付いてないので、
ガンプラで言うと本体のみを作っている感じになりますが、
パーツ数はガンプラより遥かに多くて、
ガンプラのようにパーツを見てだいたいどこのパーツとか全く分からないです。

このキットで一番めんどくさいのがこのエンブレムの塗装で、
筆塗りでの塗装したのですがかなり細かくて結構大変でした。

お店にIMSがパチ組で飾ってあって、ネプチューンを買いに行ったのですが、
パチ組を見てこの肩の紋章のせいで、
プロミネンスかしようかネプチューンにしようか結構迷ってしまいましたw。

IMSを作るのは今回で三体目なのですが、
レッドミラージュ、バングドール、今回のネプチューンの順番で作ったのですが、
どれがオススメかと聞かれたら間違いなくレッドミラージュが一番オススメです。

レッドミラージュはガンプラしか作ったことがない人でも
頭部のみで30パーツ程で構成されているような
めちゃくちゃなパーツ分割を受け入れることが出来れば、
問題なく作ることが出来ると思います。

逆に一番オススメしないのがバングドールです。
バングドールは作るのが大変だし(肩の接続が酷いです)、
角のせいで飾るスペースもハンパないですw。

ちなみにネプチューンは肩の紋章さえ問題ないと感じるならオススメです。

おまけでガチャガチャのボールをポケモンのモンスターボール風に塗装してみたのと、
きゃらっがいのサラちゃんをガンダムベース限定のミラーミッションVer風に塗装してみました。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

エントリー7:くたぱんさん


■ハンドルネーム:くたぱん

■使用キット:クロスシルエット ガオガイガー

■紹介コメント:
前回、ガオガイガールを投稿させていただいて、
その時はガオガイガーのアニメを観た事が無かったんですけど、
あの後、アニメの方を一気観して結構面白かったので
クロスシルエットのガオガイガーもメタリック塗装で作ってみて、
かなり良かったので投稿させていただきました。

ということでガオガイガーについてはこの辺にしておいて、
きっと皆さんは後ろに写りこんでしまっている物の方が
気になっているのではないかと思うのですが、
後ろに写りこんでしまっているのはプラモではないので、
あくまで偶然写りこんでしまった物なのですが、
こちらもアニメのプリズマイリヤを一気観してハマってしまい、
何か一つイリヤのフィギュアを買おうかと思ったのですが、
この間のポンデカップでいろんな方のキャラクター物のガレキの投稿を見て、
一度、キャラクター物のガレキも作ってみたいなぁと思っていたので、
キャラグミンのイリヤを買って作ってみました。

初めてキャラグミンを作ってみた感想としては
今回は全塗装で作ってみたんですけど、
カラーレジンで整形色でかなり色分けされているので、
ガンプラのHGのような感じで色が足りてない部分だけ
塗装して作ってもなかなかいい感じに仕上がるキットで、
さらに真鍮線を使わなくても組み立てられるとてもお手軽なガレキって感じでした。

ただ、残念だったのは
今回作ったイリヤは髪の色が何色なのか良くわからないのに
説明書に髪の色だけカラー指定がされてない事と、
写真に写っている円形のアクリル板は付いていないので、
キットだけでは飾ることが出来ないというこ事ですかね。

ということでクロスシルエットのガオガイガーの投稿でしたぁ。
ちなみにイリヤにピントを合わせて写真を撮ったのはナイショですw。

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事