ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

▶ωZEKE@☆新世紀救世主伝!★BLOMAGA!!◀

「オーディオインターフェイス ミキサー」の「ループバック」機能の音量バランス問題!!「AG-06」「UA-55」

2018/09/13 01:46 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • AG-06
  • AG-03
  • UA-55
  • 歌ってみた
  • 歌配信
  • オーディオインターフェイス
  • ウェブキャスティングミキサー
 結論から先に言いますと、私の環境では「ループバック」機能を使用すると、
リアルタイムで耳で聞いている音と、
実際に配信や録音されているマイクとBGMの音量バランスが変わり、
マイクの音量が大きくなります。

 「UA-55」(オーディオインターフェイス) を使用して、
音量バランスが違うと気づいたのですが原因が分からず、
 「AG-06」(ウェブキャスティングミキサー)を購入し、
試してみても同じ現象が起こったので、
 歌っている最中と、後から確認する歌っていない時は音の聞こえ方が変わるものかとも考えたのですが、「AG-06」に付いているスイッチを「LOOPBACK」から「INPUT MIX」に変えたら、音量バランスが配信や録音時も同じ音量バランスになりました!!!

 「LOOPBACK」機能はスカイプ通話の相手にBGMとマイクの音を両方送る時に必要で、
例えばゲームの画面共有しながらコラボ配信などに必須だったりします。

 「LOOPBACK」機能は、PCの音ではなっていないのですが、配信の方では音がハウリングしていたりして、最初はてこずりデスクトップ音だけの方をミュートにすることで解決しました。

 今回「UA-55」から「AG-06」に機材を変えた事で、
手元スイッチで原因が理解できたので良かったのですが、

説明では「LOOPBACK」スイッチを放送では推奨しているので、
この問題に実は直面している人も多いのではないかと思います。
というかこの現象は私だけなのか?
とりあえず輪廻転生した来世の自分がこの問題に直面した場合の助けになるように、
ここに記しておこう(-ω-)/


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事