えんどぅのブロマガ

もうすぐ三歳の誕生日を迎える娘に

2016/04/17 14:42 投稿

  • タグ:
  • 木製品
  • DIY
  • 父の手作り
  • バツイチ
何をプレゼントしようか迷っている三十路親父です。

補助輪付き自転車か、3年幼稚園にいくと言っていたので幼稚園で使えるものがいいのか…娘に託すと「アンパンマン」になっちまうからな・・・。

2歳の誕生日がアンパンマンの玩具だったから違うのにしたいと思う、むしろ私が車の鍵につけているガンダムに出てくるジムのキーホルダーを見て「こえ(れ)なに?」と聞いて教えたらどこが気に入ったのかジムをずっと握り締めてたな、私としては嬉しかったけど(笑)

話が脱線しましたね、元に戻すと1歳の時既に別居もしていたので元嫁さんのご両親を頼って娘にあってた時期にプレゼントしたのがお手製の「積み木」と「椅子」でした。
積み木は買いにいってみたら「思ってるよりたけぇ!」となって諦めようとした時に「なら作ればよくないか?」となって端材を譲ります。という工務店さんに連絡し端材を頂き手作り開始。
そして作ったのが以下の物になります、積み木は箱に入っている分は紐とタイヤがついており引っ張って持ち運びできるようにしてあります、画像では少ないですが下2枚の四角いタイプも全部積み木の材料で80個程の木の角を削り丸くしたのは重労働でした。
でもって余った端材で作ったのが、腰掛用の椅子!
この椅子は今でも愛用してくれているみたいで作った甲斐がありました、積み木もたまに遊んでくれているようなのでお父さんは嬉しいです、いつかは遊ばなくなるんだろうけどね。
娘には日頃から色々作っては渡しているので…何かこう無いかな…。
作るのも楽しいんだけど、娘もそろそろ自我がでてくる年齢なので話をして決めてみようかな
大好きなトト(魚)巾着やハンカチ、カバンはもう作ってあげたし。

3歳の女の子って難しな、形として残るものか…はたまた残らないけども思い出としてどこか遊びにいって娘と写真をとるか!?


私もね再婚の話とか振られるけど今は娘しか頭にないんだ…今はまだ娘が自分からお父さんの傍を離れない間はお父さんこれでいいよ、お父さんの喜びは娘の幸せが何よりだからね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事