わび錆のブロマガ ~さわやか風味~

バーガーキング 『赤侍鶏』

2015/07/10 16:54 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

バーガーキングの新作『赤侍牛』と『赤侍鶏』が先週から発売されていたようです。
竹炭の次はトマトだっ!!』 ってことでトマトスキーな私としては買わないわけにはいかない一品。
ということで、『赤侍牛』はまんまワッパーなので、『赤侍鶏』を買うことにしました。トマト挟んであるしね。

さぁ、現実を見ようか......。




仕様なのかパンズはしっとり系で、蒸かしたあんまんとかそんな感じのパンズでした。
とりあえずトマトパウダーが練りこまれたパンズから味わってみようかなと、上部パンズを剥がした際に指にソースが付いてしまった。私は何気なしにそのソースを舐めた途端衝撃が走った。

一度上の理想バーガーの絵を見てもらいたいのだが、『HOT』という文字とともに唐辛子さんが描かれている。



なんと上部パンズとトマトの間に挟まれているソースが辛い系で、知らずにぺろりと舐めた私の舌は瞬く間に痛みを伴いパンズの味なんか分かる状態ではなくなってしまった。
しかも上部パンズの殆どにこのソースが広がっていて、パンズのみで味わえる部分は殆どなかった。
このソースがある限り、舌がピリピリし全くトマトを感じることができなかったため、諦めて個別食をやめまとめて食すことにした。
その感想はこうである。
ソースによる舌のピリピリと、チキンクリスピーの衣のしょっぱさ、そして甘めのパン。
そして気づく。
『トマト(の輪切り)入ってなくね?』
写真にある半分の方に申し訳程度の厚さ2~3mmで直径4cmくらいの、トマトとしては思いっきり端のほうであろうものがそこにはあった......。
これには流石にガッカリした。
理想画像を見てもらえば分かるのだが、チーズにもトマトパウダーが入っているらしく赤い色そしているのだが、現実ではトマトがほぼ無い状態なためANGRYソースとやらがチーズ全体に広がっており、これまた全くトマトチーズの欠片を味わうことが出来なかった......。

総評
トマトである必要全くなし。私にはANGRYさんのせいでトマト感0でした。
ただ辛味痛覚には個人差があるのでその点を考慮して欲しい。このソースはべらぼうに辛いわけではありません。私は甘党です。辛いものは好んではいないのです。
商品自体はまずくはないです。ピリッとした辛味が好きな人は一度試してみたらどうでしょう?
私はトマトってことで勝手に期待値上げて、想像と違うわーってのとピリリが好ましくないので私には合わないなーってだけです。

もう一回言いますが、まずくはないよ。
ワタクシノ舌ガ繊細ナダケ......(´0ノ`*)オホホホホッ
                         [掲載日:2015/07/10]

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事