わび錆のブロマガ ~さわやか風味~

GTX960 検証サイトレビュー記事まとめ

2015/01/23 23:58 投稿

  • タグ:
  • PC関連
  • GPU関連










発表されました「GTX960」まず言われていることが、GTX980,と比べコア数などがちょうど半分の規模となっている。それ故にメモリーバス幅も128bitと、GTX760とくらべて半分になっているのが特徴となっている。
しかしながらMaxwellアーキテクチャーはデータを一度圧縮してから転送するという技術があり、およそ3割が圧縮されるという。なので上記図で「Effective Memory Speed」という記載があり、圧縮されたことにより転送スピードが9.3Gbps相当に値するのだそうだ。



図は直近のライバルとなるであろう(GTX970は除く)カードたちとの比較である。
Nvidia自体はGTX960をGTX660を含めた、それ以前のカード保有者に対してのカードであると言っているらしい。対AMD製品はR9 280で「GTX960のほうがワットパフォーマンスが優れているでしょ?HaHaHa」とのこと。
ブーストクロックがGTX970と同じであるが、これはGTX960はオーバークロック耐性が非常に高いとされ、カード製造メーカー各社が独自のクロックアップで仕様で好きな様に出せるため、リファレンスで出す必要性がないらしい。自己責任でならメーカー設定より更に上げることが出来るらしい。

                                         
Core i7-4960X 4.4GHz
Corsair Vengeance 1866MHz 16GB
Windows 8.1 64bit






























                                         

Core i7 4770K 4.5GHz
Corsair Vengence DDR3-1866 2x4GB
Windows 8.1 64bit























GPU温度とシステム全体の消費電力値 (Watch Dog計測時の値)




                                         
Core i7 3960X 4.6GHz











                                         
Core i7 4790K
Sanmax DDR3L-1600 8GBx2
Windows 7 SP1 64bit













4Gamerさんの説明をまとめると、
高描写や高解像度になるとGTX960のメモリーバスの影響でGTX760に並ばれ、R9 280には置いて行かれる傾向が見て取れるらしい。
標準的な設定でフルHDではGTX760やR9 280に対して良好なスコアを出せる。

そういった結果から、Nvidiaが言うとおりGTX660含めそれ以前のカード所有者をターゲットとしたカードであることが分かるとのこと。

                                          

初回物にはメタルギアソリッドがバンドルされている物が各社から出るらしい。


GTX960発売前のスコアなので表にはないが、今までのスコアを参考にこの辺りだなと目星を付けてほしい。たぶんこのスコアは最高設定でやっているハズ......。


GTX960は低負荷状態で温度が低い場合ファンが止まる仕様になっているとのこと。
そういった点はそこそこの性能を求めて、普段はそんなにGPUを仕様しない静音PCを作る上では検討に値するGPUなのかもしれない。


これらの結果を見るに、先程から何度も上げているようにGTX960はGTX660以前をターゲットにしているので、現在GTX700シリーズを保有している、特にGTX760保有者には交換するには値しないカードではないだろうかと考えられる。
コレによってGTX760がどのくらいかは安くなるのかは分からないが、このレベル帯のGPUでフルHD以上の解像度でゲームをプレイする人はそうそういないのではないだろうか?
ゲームの設定の方も軽いゲームならまだしも、最近の重めのゲームを最高設定でプレイする人もそうそういないのではないだろうか?
そうなるとこれから新規で「ゲームはガチ最高設定求ム!」を望まないプレイできればいいやって人には選びやすいカードではないかと思われる。
本日秋葉原に確認に行ったがやはり出始め、ご祝儀価格も含めても3万円前後の価格帯となっていた。落ち着いたとしても3万円握りしめてお釣りをもらう程度の値段帯にしかならないと思われる。突発的なセール以外では。一番安くて玄人志向さんの2'5000円(税抜き。発売記念セール中)だったかな?
あと、公式にはGTX960は6ピンひとつだが、メーカーによっては6x2ピン(一部のGigabyte製)や、8ピン(一部のMSI製)など仕様が変わるので、購入の際はしっかりと確認をして欲しい。まぁ最近の電源にピン不足ってことはないのだろうが、自分の構成をしっかりと確認して選んでね。
TDP120Wということも有り、推奨電源容量も450W以上(構成による)と割と小さなPCでも熱がこもらず作れるのではないかと思われる。
ただ、100Wを切らないのでロープロタイプが出てくるかはちょっとわからない。ファンレスタイプもどうでしょうかね?各社のチューニング次第?

                               [掲載日:201/01/23]

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事