【爽子】は「そうこ」ではなく「さわこ」と読むのだ。

記事のタイトル

2015/05/01 00:00 投稿

  • タグ:
  • 名前
  • 漫画
ブログのタイトルというものは真剣に考え出すとなかなか良いものが浮かばない。
というか延々あれやこれやと考えて着地点を見失ってしまう。
なので思いつきでつけた。

「爽子」

これで「さわこ」と読んでいただきたい。
元ネタは漫画「君に届け」の主人公「黒沼爽子」である。
今は可愛いリア充女子と化した爽子だが、連載当初の爽子はどこか私に似ていたのだ。
三白眼で普通にしているのに睨んでいると勘違いされたり、ただそこに居るだけなのに何故か怖がられたり。謙虚なんだか卑屈なんだかよくわからない思考で他人の邪魔にならないように役立てるようにとあれこれ思考していたり。
髪の毛も昔はあれくらい長かったので、スリムな自分が漫画化されているような気分だった。
けれど、爽子程の純粋さや憎めなさは私には無いので、あやかりたいと思い名前を拝借した。

ちなみに苗字としている「澤村」は西山優里子さんの漫画「ハーレムビート」に登場する「澤村正博」から拝借している。
大好きなんだ。大好きなんだ。単行本と文庫本揃えて持っているくらい。
私が全巻揃えて未だに所持している漫画は「スラムダンク」と「ハーレムビート」だけ。

「爽子」の話に戻ってみる。
「君に届け」を知っている人は「さわこ」と読んでくれるけれど、知らない人は「そうこ」とお読みになる。
昨年だか一昨年の超会議で住民票を作り終えた直後にどこかの番組のアナウンサーに取材だと呼び止められて住民票を見せたら「サワムラ・・・そうこ、さん?ですか?」とやはり読み間違えられた。
まあね、アイスも「爽」っていう商品があるくらいだし、私だって「爽子」って打ち込むのに「爽やか子」と打ってから平仮名削除してるくらいだから普通に読めば「そうこ」なんだろうけど、いやいや私は「さわこ」なんです。
普段は大体のことを間違われても訂正せずにスルーする適当人間だけれど、「爽子」だけは「さわこです」と毎度訂正する。
何故なら黒沼爽子は「くろぬまそうこ」ではないからだ。

「君に届け」といえば、あやねちゃんはピンとくっつけばいいのにと未だに思っている。
ケントはいいヤツだけど。好きだけど。
とか思っているものの、最近マーガレットを読めてないから現状どうなってるかわからない。
そろそろ単行本を購入してまとめ読みでもしようかなと思ったり思わなかったりする今日この頃。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事