【爽子】は「そうこ」ではなく「さわこ」と読むのだ。

肩に矢を受けてしまってな・・・

2015/04/29 00:00 投稿

  • タグ:
  • 日記
  • 雑記
  • ゲーム
何かの台詞をうろ覚えでパクる。
膝だっけ。まあいいか。

私は現在右肩に痛みを抱えて生活している。
別に事故に遭ったわけではない。
いや、事故といえば事故なのかもしれない。

私はマツコデラックスさん並みに体が大きいのだが、元々動くのは嫌いではない。
暇さえあればステップを踏み、周囲の人に「トイレ我慢してるの?」と気遣われるくらいいつも何らかのビートを刻んでいる。

現在は諸事情で脚を使っての激しい動きは出来ないので上半身だけ動かしていることが多い。
だが、それだけだと「何だかとにかく動きたい」という衝動は抑えきれない。
というわけで一年ほど前にWiiの「JUST DANCE Wii」というソフトを購入して体を動かすことにした。

踊りは楽しい。
楽しいので継続してやる。
大体いつも何でも「やりすぎだ」と叱られるけれど、楽しいんだもの。
プールのウォーキングレーンでトイレタイム以外の6時間歩きっぱなしで監視員さんにひたすらマークされたりするけれど、楽しいんだもの。

本来は右手にリモコンを握り踊るのだが、それだと徐々に左手の軽さが気になってしまう。
ならば左右均等な重さのものを持てばいいじゃないと左手にも電池を入れたリモコンを握り全力で踊る。

出る出る高得点。跳ね上がる消費カロリー。
リズムは激しければ激しい程いい。
「Dagomba」と「Rasputin」がお気に入り。
いつでもシャワーを浴びられる環境でかく汗は最高。

その時は楽しさが先行していて意識をしていなかったが、今考えると体以上にに右肩がやたら熱をもっていた。
だが、これだけ動いていれば暑いのは当然だと思い込んで構わず踊り狂っていた。

その結果がタイトルに繋がる。
矢を受けたんじゃないかというレベルで肩が痛い。
矢を受けた経験は無いけれどとにかくことあるごとに痛む。
腕を敬礼の高さに上げたまま後ろへ反らそうとすると肩が外れかけるような鋭い痛みが走る。
右肩を上にして眠っていると肩の痛みで目が覚めてしまう。
天気が悪い日は何もしていなくても突然痛み出す。

もうすでに肩の熱は治まっている。残ったのは痛みだけ。
痛みの初期で病院に行って処置をしていただいていれば・・・などと考えるのは今更というもの。
この痛みとも一生のお付き合いになるのだろう。
何でもやりすぎる自分が起こしたある意味”事故”である。文字通りの自業自得。
まったくいい歳して愉快だね。

もちろん、後に病院へ行き正直に経緯を話し先生から「やりすぎ」というお言葉を頂戴しました。

やりすぎなのは自分が一番わかっていたのでしばらく自重していたのだけれど、最近また踊りたくてうずうずしている。
でもやりすぎるとまたどこか痛めそうで抑えている。
でもそろそろ我慢も限界。「Dagomba」が頭の中でリフレイン。

アラララレ~ヨ~♪ アラララレ~ェヨ~ォ♪

好きな曲だけど歌詞はうろ覚え。
大体そんな感じで生きてます。

何だかお腹が痛いのでこの辺で。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事