悟りの倉庫

Aviutlを使用したMMDモデルと背景の合成

2015/11/23 14:12 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • MikuMikuDance
  • Aviutl
  • 講座
  • メイキング



ご挨拶
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
こんにちは、悟りと申します。今回まとめたのは「Aviutlを使用したMMDモデルと背景の合成の方法」です。
大きく背景・人物・前景に分けて出力し、Aviutl等の編集ソフトで編集、普通に出力したものと変わらない…というのを目指します。

なぜこんな面倒な方法をするかっていうと単純にPCが重くてゴッドレイと出力できなかっただけなんですよね…


①出力
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 1.背景
スカイドーム+WorkingFloor+GodRay




 2.人物(メイン)

クロマキーで抜くため、できるだけ背景は青などメインに含まれない色にする。
映画とかのCG合成で良く見るアレと同じような感じ…かな?もしメインが青系でしたら黄色など、色々試してみてください。
すぐる式燭台切光忠+NCHLShader+ExcellentShadow+HgSAO+G_Shader




 3.前景・レンズフレアなどの前にかかるエフェクト
光系やパーティクルの場合は背景を真っ黒にして出力する。(加算するので◎)
ikLensGhostのみ






②Aviutl・クロマキーと凸エッジ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
出力も終わり、いよいよ編集作業に入ります。簡単な機能紹介も交えてしますので安心してください!



Aviutlを開き、上から順に背景、人物、前景の順で並べていきます。↑の通り人物レイヤーのみ表示し、選択しておきます。今回は静止画ですので長さは短くて結構です。













②編集画面で「クロマキー」を選択します。編集ウィンドウ下の「キー色の取得」をクリックした後に画面の消したい色(今回は背景の青)をクリックすると…
綺麗に消えましたね!ここで背景を表示して確認します。






③よ
く見ると髪の毛の薄い部分や白い部分も巻き込まれて少し透明になってしまっているので、編集ウィンドウの値を弄って調整します。今回は色相・彩度範囲を0にしました。
いい感じです。



④編集ウィンドウから「凸エッジ」を選択します。これはイラストなどの2Dのものを立体的にしてくれる機能で、角度の値によって影と光がつきます。
光の方向から角度を決め(今回は逆光)高さや幅を変にならない程度につけていきます。
この機能は影がかなり強く、真っ黒になってしまうので透明度をいじるといいかもしれません。

➄「発光」を選択します。このとき凸エッジより下に来るようにしてください。
光色を選択します。そのまま光の色なので、今回は黄色を選択します。イメージによって変えると面白いですよ。

↑ではしていませんが、編集ウィンドウから選択できる「ライト」というものがありまして、
それの逆光モードをかけると後ろから光が差し込んでいるような効果になります。立体感も出ますのでおすすめです。



③前景と調整
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄



①放置していた前景(今回はレンズフレア)を表示します。真っ暗ですが大丈夫。編集ウィンドウ中部の合成モードを「加算」に変えると↑のように黒が消えてレンズフレアだけ綺麗に表示されるはずです。




②色調調整などでコントラストや明るさをいじっていきます。
ここまで来ると好みしかないので好きにいじりましょう!

完成したものがこちらです↓


上でも説明した「ライト」の逆光モードを活用しました。いかがでしょうか?
↓は通常通り全て組み合わせて出力したものです。






④まとめ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  1.出力するときに背景・メイン・前景に分ける。メインの背景は基本的に青
  2.凸エッジと発光で立体的な逆光に。
  3.前景も②と同じ。エフェクトなどだったら加算で合成する。

簡単な内容ですが、つい長々と書いてしまいました。
如何でしたか?やり方はうまく伝わりましたでしょうか?今回書いたことはとても便利で他でも応用できるようなものばかりです。
例えばクロマキーで人物だけを取りだし、「縁取り」をし、背景をポップなものにするとか…


何か分からない事でもございましたらTwitter、ブロマガのコメ欄でどうぞ。
ありがとうございました!



お借りしたもの(敬称略)
すぐる式燭台切光忠
スカイドーム(怪獣対若大将P)
GodRay(ビームマンP)
ExcellentShadow(そぼろ)
HgSAO(針金P)
G_Shader(下っ腹P)
NCHLShader(nil)
ikLensGhost(ikeno)
WorkingFloor(針金P)




連絡先(Twitter)→@satori0203_2
コミュニティ→co2990331
マイリスト→mylist/46098532
静画→clip/1588586


悟り。


コメント

shushu MMD
No.1 (2016/01/10 01:37)
クロマキー使わずともRGB+αチャンネルのpng出力で綺麗に背景透過できたり・・・。
あぁ、でも使うエフェクトによっては透過できなかったり加算合成だったりだから場合によりけり・・・なのかなぁ。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事