ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

GAMERS BLOG

Nintendo Switchのゲーム音とSkype・ボイチャ音声をヘッドセットに同時出力する方法お教えします。

2017/07/24 18:38 投稿

コメント:33

  • タグ:
  • nintendoswitch
  • ニンテンドースイッチ
  • skype
  • スカイプ
  • ボイスチャット
  • ボイチャ
  • ヘッドセット
  • スイッチskype
  • スイッチスカイプ
  • ゲーム

<2017.8.20追記>
マウスコンバーターの「Cross Hair Converter」がNintendo Switchに対応しました。
そこで早速購入してレビューしましたので、興味のある方は下のリンクからどうぞ。

<2017.11.28追記>
現在発売されているスプラトゥーン関連のグッズについてまとめた記事を書きましたので、興味のある方は是非ご覧ください。



どうもさっさんです^^

今年の3月に「Nintendo Switch」が発売されました。
そして7月21日についにスプラトゥーン2が発売になりましたね!
僕は本当にこのためだけにニンテンドースイッチを買ったので他のゲームは一切買わないかもしれません(笑)

前情報で分かっていたことではありますが、Nintendo Switchは本体単体でのボイスチャットに対応していません。
その代わりに、スマホ用でNintendo Switchと連動するボイスチャットアプリの配信されました。

今回はそのアプリを使って、ゲーム音とSkypeやボイスチャットの音声を同時に聞きながらマイクを使う方法を解説していきます。
すでにヘッドセットを持っている方なら3000円くらいでその環境を構築できますよ^^






<2017.7.24追記>
任天堂公式ライセンス商品で『ステレオヘッドセット エンペラフックHDP for Nintendo Switch』が、スプラトゥーン2の発売日と同日の7月21日に発売されました。

これを使用するとスマホでボイチャしながらゲーム音を聞くことができるというもので、定価は3千円台後半と割と安いのですが、現在はプレミア価格で販売されているのでほしい方は少し割高に買うか、安くなるのを待つのがいいかと思います。一時期プレミア価格で販売されていたんですが、現在は定価で販売されるようになったようです。

ボイチャとゲーム音を同時に出力する仕組みですが、当ブログで紹介している方法と仕組みは全く同じですね。
僕はスプラトゥーンのファンとしてちょっと興味はありますが、HORI製ですし値段が値段ですので音質やマイク品質に期待できるかは疑問ですね...

うーん。今現在ヘッドセットをもっていなくて、デザインが好きたまらなく好き!などであれば購入も視野にはいるかもしれませんが。

現在使用しているヘッドセットがあるのであればこれから紹介する方法がおすすめですよ!
是非参考にどうぞ^^

<2017.7.29追記>
PS4でゲーム音をサラウンド化できる「mix amp pro tr」を使用した方法についても別の記事で書かせていただいたので、mix amp pro trをお持ちの方や購入予定の方は是非ご覧ください。





1.Nintendo Switchの音声出力仕様について

Switchは「TVモード」では基本的にHDMIから映像と同時に音声もテレビやモニターに同時に出力するのが一般的かと思います。
そして「携帯モード」や「テーブルモード」では、本体から直接音声を出力するか、本体右上についている「ヘッドホンマイク端子」にヘッドホン等を接続してゲーム音を聞きながらプレイすると思います。
また、TVモードでプレイ中にヘッドホンマイク端子にヘッドホン等を接続すると、ヘッドホンからのみ音声が聞こえてテレビからはゲーム音が聞こえなくなるようです。

初めに記載した通り、Nintendo Switchは本体単体でのボイスチャットには対応していません。
PS4などでは本体だけでボイスチャットやメッセージの送受信等を行うことができたので残念です。
ヘッドホンマイク端子のマイクは何か今後発売されるゲーム内で使うためのものなのではないでしょうか。

ボイスチャットに対応していないことで一番困るのが、PS4のようにゲーム音とボイスチャット音声を同時に聞くことができない!!
僕はこれが結構ショックです泣

僕は初代スプラトゥーンからプレイしているんですが、スプラトゥーンのような対戦ゲームは「音」が非常に重要ですよね。
1人でプレイしているときはテレビにヘッドホンを接続すればいいので問題ありませんが、フレンドと一緒にプレイしているときにSkypeをすると、パソコンやスマホにヘッドホンを接続するとゲーム音が聞こえにくいし、テレビにヘッドホンを接続するとフレンドの声が聞こえにくくなります。

WiiUも本体のみでボイスチャットができなかったので、僕と同じように困っていた人がいたんではないでしょうか。


2.Nintendo Switch用ボイスチャットアプリ

スマホ用ボイスチャットアプリですが、アプリ内でボイスチャット、メッセージ送受信、待ち合わせ等ができるようです。
正直はじめは「いちいちアプリでそれやんないとダメなのかよ!」とがっかりしていたんですが、スプラトゥーン2ではうれしい機能があるようです。

その内容ですが、例えばプライベートマッチでロビーに8人集まっているときは8人全員でボイスチャットができるんですが、4対4で試合が始まるとチーム内チャットに自動で切り替わるようです。
これって結構便利そうじゃないですか?
これだけはテンションあがりました笑

ちなみに今のところSwitchは無料でオンラインプレイができていますが、秋から2018年からは有料になるようで、ボイスチャットアプリもそれまでは無料で使えるようです。
いままで無料だったのに有料になるというのはちょっと残念ですが、PS4などは数年前から有料化していたのでしょうがないことかもしれませんね。
料金は正式にはまだ発表されていませんが、以前任天堂の社長が、年間2000~3000円にする予定だとコメントしていたのでだいたいそのくらいに調整してくるんでしょう。
公式サイトにてオンライン料金が発表されました。

料金プラン
・1ヵ月(30日間) 300円[税込]
・3ヵ月(90日間) 800円[税込]100円お得!
・12ヵ月(365日間) 2400円[税込]1200円お得!!

PS4よりは少し安いのでラッキーですね(笑)


3.音声同時出力に必要な機材

ではゲーム音とSkypeやボイスチャットの音声を同時聞きながらマイクを使う方法を解説していきます。
必要な機材ですが、

・USB接続じゃないヘッドセット(マイク出力と音声入力が別々になっているもの)

以上の3つ、PCの場合は4つです。

まずロックスターの説明ですが、これは音楽プレイヤーなどの音声を分配させることができる機器です。
イヤホンジャックを最大5つまで分配することができるので、例えばiphoneにこれを接続してイヤホンを5つ接続すると5人で同時に音楽を聴くことができます。


しかし、ロックスターの一番の売りは「簡易ミキサー」にもなることだと思います。
簡易ミキサーとはどういうことかというと、例えばこれをテレビに接続して、イヤホンをロックスターに接続します。
そして付属のケーブルでiphoneとロックスターを接続するとテレビ音声とiphoneの音楽を同時に聞くというような使い方ができます。

これを利用してテレビから聞こえるゲーム音と、スマホのボイスチャットアプリの音声を同時に聞くことができるわけです。

しかし、これだけではゲーム音とボイスチャット音声を聞くことができてもこちらのマイク音声を相手に伝えることができません。
そこで下のヘッドセット用変換アダプタが必要になります。


こちらと組み合わせることでゲーム音とボイスチャット音声を聞きながらマイク音声を相手に伝えることができます。

ちなみにこれはゼンハイザーの製品で、1700円くらいと少し値段が高いです。
僕はゼンハイザー製で安心できるのでこれを買いましたが、さがせば同じようなものが安く売っていると思います。

<2018.2.6追記>
steelseriesの人気ヘッドセット「Arctis 3」シリーズからbluetooth対応モデルである『Arctis 3 Bluetooth』が発表されました。
このヘッドセットはアナログ接続とbluetooth接続の同時使用が可能になっており、例えばスマホやPCとbluetoothで接続し、ボイスチャットアプリでフレンドと会話をしながらアナログ接続でゲーム音も聞くことができるという優れもの!

steelseriesもNintendo Switchでの使用をおすすめしているようですね。
もしヘッドセットをお持ちでない方は是非チェックしてみてください。


4.スマホで音声同時出力する場合の接続方法

まずはスマホでゲーム音とボイスチャット音声を同時出力する場合を解説していきます。

↓接続イメージを図にしてみました↓





上の接続方法でゲーム音とSkype又はボイスチャットの音声を同時に聞きながらプレイし、こちらのマイク音声を相手に伝えることができます。


5.PCで音声同時出力に必要な機材

PCの場合下の画像のようにイヤホン端子とマイク端子が分かれているかどうかで必要機器が違ってきます。




このような端子がついて入ればヘッドセットのUSB変換機が不要になります。
この場合の接続イメージは次の通りです。





上の画像の端子がついていない場合はヘッドセットのUSB変換機が必要になります。


PCに別々でイヤホン端子とマイク端子がない場合はこれを使用することでイヤホンとマイクを別々に接続することができます。
これを使用した場合の接続イメージは次の通りです。






上記の接続方法でゲーム音とskype・ボイスチャット音声を同時出力しつつ、マイクも使えます。

Nintendo Switchのボイスチャットアプリに対応するゲームはこれから続々増えていくと思われます。
また、スプラトゥーン2のようにゲームと連動した便利な機能が組み込まれる可能性が高いです。

つまり、PCでskypeをするよりはスマホのボイスチャットアプリを使用したほうがメリットがあるんではないかと僕は思います。

ちなみに上記の機材があればPS4などでもskypeをしながらゲーム音も同時にヘッドセットから聞くことができますよ!
PS4は本体でボイスチャットができるのでskypeを使用する方は少ないかもしれませんが、もし「俺はskype派」なんて方がいれば使ってみてくださいね。

3000円ほどで導入できるので揃えてみてはどうでしょう。
是非お勧めですよ^^

今回の記事はこの辺で!
ではではおつー^^

さっさんのTwitter





コメント

ゲスト
No.37 (2018/05/17 18:02)
スマホで音声同時出力する場合の接続方法はHDMIがps4でも同じようにできますか?
さっさん (著者)
No.38 (2018/05/21 21:37)
>>37
できますよ
ゲスト
No.39 (2018/12/14 20:59)
画像の通りに接続したはずなのにマイク音が相手に聞こえてないです…
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事