人生を諦めかけた人間がインドで起業した

まあ、許せる範囲です

2013/05/19 17:01 投稿

  • タグ:
  • インド
  • 生活
  • トラブル
  • 文化
  • 海外

事前情報として私はアパートを借りた時にガレージに最初から付いていた南京錠が使い勝手が悪かったので良いものに変えていました。

今日、オーナーから電話がありました。
内容は昨日、利用者(佐々木)が自宅に居らず、ガレージの鍵もオーナーが渡したもの(古い南京錠のもの)では開けることが出来なかったので、工事スタッフが勝手に壊してしまった、とのことでした。オーナーはすまなそうに謝り、屋上の工事のために暫くガレージを使わせてもらうと話しました。「使っても良いか?」ではなく、「使うから」というところがオーナー(所有者)の発言らしいですね。

屋上で工事をするとは聞いていましたが、まさかガレージを使うとは思っていなかったので、鍵を壊したと聞いた時は驚きましたが、まあこの国らしいなと思いました。オーナーがその場にいれば、私に電話してすぐに自宅に戻って鍵を渡せば良いだけだったんですけどね・・・

先ほどグランドフロアに下りてガレージを見たら、新しい南京錠が付けられていて開けることが出来ませんでした。
私が置いていた荷物が工事の資材や道具で汚れたりすると困るので、スペアキーをもらって、アパートに避難させないとですね。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事