さんさんのブロマガ

FStreamが思っていたより便利だといまさら気づく

2015/08/02 16:37 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • FFmpeg-modified-v2
  • FFmpeg
  • FStream
  • 配信
  • ニコ生
  • 設定
  • 同時配信
  • OBS
前回の記事でFFmpeg-modified-v2+FFMLでの配信について説明しましたが

(そういやFFML以外のソフトもあったなぁ、使ってみるか)

となりこれが案外便利、というかFFMLよりいいじゃんとなり記事にしようとなりました。

また、今回の記事も製作者様には無許可ですので本人から削除依頼がありましたら

即刻記事を削除させていただきます。
前置きはここまでとして説明に入りたいと思います。


FStreamのDLをする


VariedTasterFinder VTF様

こちらのコミュニティにてFStreamの配布を行なっています。

このFStreamの動作させるには次のソフトウェアのインストールが必要です。

ソフト名:Microsoft .NET Framework 4.5.2
URL:http://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=42643

ソフト名:Microsoft DirectX (OBSキャプチャ,FStreamキャプチャ用)
URL:http://www.microsoft.com/ja-jp/download/details.aspx?id=35

ソフト名:Adobe FlashPlayer For IE
URL:http://get.adobe.com/jp/flashplayer/otherversions/

上記ソフトをインストールし、FStreamをダウンロードしたと思います。

ダウンロードしたものは解凍し、好きな場所に移動させてください。

FStreamの設定は基本的にFFMLと同じです。

なので前回の記事(ar840097)での自分の設定を参考にするか、

ぶりき屋さんの画質向上への道 ブリキ屋様


ブリキ屋様が投稿していますブロマガにて詳しく説明されていますので参照ください。

ブロマガはこちら(ar663120)

今回のこの記事ではOBScapturer同時配信の説明をしようと思います。


OBSCaputererの使い方

OBSCaputurerとはOBSを仮想画像デバイスとして使えるようにする機能です。

FFMLなどを使っていない配信での主流となっている

OBSを使っているユーザーはとても多いと思います。

なのでFFmpeg環境でも使い慣れたOBSを使えるのはとても便利だと思います。

導入はとても簡単です。

FStreamのオプションから映像設定を開きます。



この画像の右上、画像ではUninstallになっていますが通常ではInstallになっているので

クリックしてOKにする、これだけです。

そして映像デバイスにOBSCaptureが追加されているのでそれを選択します。

そしてOBSを用意します。



各設定は他で調べてもらうとして、後はOBSを普段どおり使えば大丈夫です。

※配信プレビューまたは録画・配信開始を押していないとキャプチャを反映できません

そしてもうひとつ注意があります。

OBSでは映像しかキャプチャすることが出来ません、音声は不可能です。

なので別にミキサーなどを用意しなければならないのですが・・・

FStreamには音声キャプチャ機能もあります。

FStreamのオプションから音声設定を開きます。



音声デバイスにVirtual-audio-capturerがあります。これを選択すればOKです。

このキャプチャ機能はミキサー機能ではないので

PCで流れている音声しかキャプチャできません。

マイクを利用したい時は下の音声合成を利用するにチェックを入れ

デバイスを選択すれば大丈夫です。


同時配信の設定

FStreamのオプションから配信設定を開きます。



ニコニコ生放送 CaveTube Twitch USTREAM その他の計5ヶ所で配信することが出来ます。

ひとつずつ説明していきます。



ニコニコ生放送

RTMPの設定は必要ありません、チェックを入れて枠を取れば配信できます。



CaveTube

~RTMP&ストリームキーの入手方法~

CaveTubeのアカウントを取得し、右上の配信開始を押します。



そして適当に情報を入れて下の配信を開始するをクリック(テスト配信でも可)



赤枠で囲ってあるところに文字列があるのでそれをコピーし

FStreamのCaveTubeのところに貼り付けて完了。



Twitch

~RTMPの入手方法~

TwitchのRTMPについては下記URLを参照ください

URL:http://bashtech.net/twitch/ingest.php

大体は下画像のサーバーを使えばいいと思います(基本は東京1か東京2)




~ストリームキーの入手方法~

Twitchトップからユーザー名クリック→設定



左側の▽を押しDashboardをクリック



後は紫色のボタンを押していけばストリームキーを入手できます。

FStreamへの貼り付け方は

RTMP/ストリームキーと入力します。

たとえば東京1サーバーを使う場合

rtmp://live-tyo.twitch.tv/app/ストリームキー

/」を必ず入力してください。これで完了



USTREAM

~RTMP&ストリームキーの入手方法~

画像右上赤枠をクリック→ダッシュボードをクリック



ライブ配信設定をクリック



エンコーダ設定をクリック



そしてRTMPとストリームキーを入手できると思います。

FStreamへの貼り付けはTwitchのときと同じく

RTMP/ストリームキーと入力してください。

完了です。

その他に関しては個人の自由ですね、自分はTwitchの違うサーバーで登録してます。

そのほかにプリセット機能や様々な機能がありFFMLより便利なので是非導入しましょう。

最大のメリットはUIの小ささだと思います。FFML地味に大きいんだよな

コメント

Hellvlem
No.1 (2016/07/15 22:02)
でもこれビットレートって別個にならないからついっちでも低ビットレートになるのでは?
さんさん (著者)
No.2 (2016/07/15 22:45)
>>1
コメントありがとうございます。
確認しましたところ「Option」の「一般」から設定プリセットを各配信サイト用に設定し
「配信設定」で配信サイト別に適用設定を行えば作成したプリセット通りになりますので
同時配信をしてもどちらかの設定でしか配信できないという状態にはなりませんでした。
ですのでニコニコとツイッチの同時配信でツイッチがニコニコと同じビットレートになる
心配はないと思われます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事