三才駅が最寄りだった人のブロマガ

今まで製作した動画に出ているアイドル達についての私なりの趣味的観点

2016/03/27 02:49 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

こんばんは、気づいたら投稿本数が100本を超えていましたので、ちょっと私なりに今まで製作した動画のアイドル達についての考察をまとめてみようかと思います。
どのようにしてアイドルを考えて動画にして表現しているかの話、今までを振り返りながらやってみましょうかね。

なお、趣味的観点=名鉄電車に例えて全て話していきます。

また、七尾百合子については、http://ch.nicovideo.jp/sansaiekimae/blomaga/ar992060をご参照ください。


まず、旅m@s1作目となりましたが私にとっての天海春香とは、豊橋発中部国際空港行き特急だといます。
正統派でありながらもちょっとおちょっこちょいな彼女、それが豊橋発中部国際空港行き特急なわけなのです。
知立、神宮前、金山、神宮前、太田川……と停まるのに神宮前を2回通る辺りがおっちょこちょいで、名鉄好きな方ならこの特急でピンと来るでしょう。
そう金山で全車特別車快速特急中部国際空港行きに追い越されるという特急でありながらも追い越される、でも憎めない、地域に密着している愛され興味津々な所がまさに豊橋発中部国際空港行き特急なのかなと思いながら作っておりました。


駅弁ひとりシリーズから相馬さんを
私にとっての彼女は、神宮前発特急北アルプス号グリーン車連結立山行きだと思っております。
彼女はエレガントでありながらも活発であり、時には思いがけない行動などをしてしまう所がありますが、それがこの神宮前発特急北アルプス号高山行きなのです。
この特急、名鉄電車を走りながらJR線へ直通し、飛騨山脈を越え富山まで行ったかと思えば、まさかの富山地鉄乗り入れで立山連邦まで一直線で結んでしまうロングラン特急列車でした。
名鉄にとどまらずJRへ行って、そのまま勢いよくさらに違う会社に乗り入れ立山連邦まで結んでしまう、中部縦断列車、途中には険しい山々もそびえたつ所をエンジン全開で登るがその姿はエレガントに登っていく、だからグリーン車まで連結した豪華編成。
そんな姿が相馬さんと被さったのかなと思っています。


綾瀬さん、彼女を表すなら、全車特別車蒲郡発佐屋行き西尾にて増結という列車なのかな?と思っています。
名鉄に詳しい人ならわかるかと思いますが、当時あった蒲郡発の特急はパノラマDXといういかにも優雅な車両で運転していましたが、速度はそんなに速くなく加速もそんなに速くないけど優雅な車両で運転されておりました。
そんな優雅な姿が綾瀬さんと似ているかな?と。
でも、優雅だけでなくこの特急は朝のラッシュのど真ん中で走っていた列車、多くの人が利用していた列車でして、通勤に向かう人たちをやさしく迎え入れるその一面が被るかな~と考えています。



最後に暗夜鉄道シリーズからネネさんを
私にとって栗原ネネは、「岐阜発豊川稲荷行き急行、東岡崎から準急」だと思っています。
本線系統の急行はきめ細かな停車駅で利用者を拾いながら走っていきますが、東岡崎から先準急になり、さらにきめ細かく停車し、より多くの人の足を確保する優しさ、そして自分自身のペースを崩さない無理をしない姿勢、それが急行であり準急である姿に似てるなーと思い動画でもそれを表せれたらなーと思って作っていました。

以上、私が動画を作る際に名鉄電車にたとえてから作るという話でした。
動画を作る際、別の趣味からそのアイドルたちを考察する・・・・・・筆が止まってしまったり思いつかない際はこうしたやり方で溝をうめて動画を作っていくという非常に個人的な話でした。
では、またどこかで~。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事