三才駅が最寄りだった人のブロマガ

選曲Sw@pping_Festivalに参加しました

2016/05/24 22:58 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

気がついたらまもなく梅雨ですね。
さて、今回話すのは先日投稿した動画のお話です。
選曲Sw@pping_Festivalに上記の動画で参加しました。


そもそもなんで、企画に参加しようのかというとですね、私自身流行に思いっきり疎いんですね。
未だに80年代や70年代の曲をよく聴くので、今の音楽になかなかついていけないんですね。
なので、知らない人が選んだ選曲で動画を作る=新しい音の世界が開けるのではないか

という考えになり、参加をしてみました。
そしたら最近人気のバンドMrs. GREEN APPLEさんの曲が私の元にやってきました。
一言で言えば音楽は楽しい
それが動画を作っていて感じたことです。こんなにもノビのある曲で、心の底から楽しいと思える曲ってなかなか出会えないと思うのです。
もう、作っていた際は楽しくて楽しくて仕方がない印象でした。

さてと、ここからは動画の中身を話しましょう。
千早とエミリーを軸として考えたわけですが、なんでこの二人なのか。

千早とエミリーってどっちも頑固で似たもの同士だよね。

はい、そう思ったんですよ。
そして、エターナルハーモニーのやり取りをみていると、エミリーにとって千早は口には言えない憧れの撫子だと思ったわけです。
特に、この動画を投稿する際にあったULAライブ予選での千早に見惚れていたエミリーとのやりとりが、この曲を聴いていた際に閃いたのです。
特に冒頭の「心臓のbuleを隠さずに話そう」という所がエミリーが隠している曖昧な千早への尊敬というものを千早自身は隠さず話してほしいと。
そんな風に感じれたので作ってみようと思ったわけです。
頑なに英語を話さないエミリー、頑なに歌にこだわる千早、どちらもこだわりが強い、強く真面目なゆえに息抜きを忘れてしまう傾向にあるなーと思いなおさら彼女ら二人は気が合うかなと妄想がとまらなくなり形になりました。
エミリーは千早にだけ秘めた想いを話せる日は来るのか、と見守りながら私自身も新しく知ったこの音楽の世界をより拡げていきたいなーと思っています。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事