とあるミク廃のブロマガ -A Hatsune Miku fan's bromaga-

初音ミクを題材にしたアニメ作品をクリプトンが検討

2021/02/27 10:30 投稿

  • タグ:
  • 初音ミク
  • アニメ
  • 漫画
翻訳元→Crypton Future Media Developing Virtual Popstar Hatsune Miku Series – Deadline


"バーチャルポップスター"初音ミクは、現実世界とデジタル世界の両面を持ちあわせた存在です。歌声合成ソフトとしてスタートした彼女はこれまで、レディー・ガガのオープニングアクトを務め、世界中でコンサートを開催し、次回のコーチェラ・フェスティバルのラインナップに名を連ねています。そして今回、自身のアニメ作品を制作することになりました。
クリプトン・フューチャー・メディア(以下、CFM)は、Graphic India、Carlin West Agencyの2社と協力し、ミクを主人公にしたオリジナルのアニメ制作を検討しています。またアニメだけでなく、オリジナルのWeb漫画作品も計画しています。

CFM海外チームリーダー、Guillaume Devigne(ドゥヴィーニュ・ギヨーム):
「初音ミクの新しいアニメ作品を制作するにあたり、Graphic IndiaとCarlin West Agencyの素晴らしいチームと協力できることを大変嬉しく思います。ファンの様々な創造性を受け入れる"器"や、創作を表現する"場"という初音ミクの本質を捉えたオリジナルアニメ作品を制作するユニークな方法を見つけたと考えています。この作品はミクと世界中のファンにとって大きな瞬間となるでしょう。」

Graphic India共同創業者兼CEO、Sharad Devarajan:
「初音ミクはここ10年のキャラクターエンターテインメントにおいて、最も特徴的でトレンドを生み出した一人です。彼女が音楽業界に革命を起こしたように、何百万人ものファンに向けた画期的なアニメ作品を、"レジェンド"伊藤博之氏とCFMの素晴らしいチームと一緒に制作できることを大変光栄に思っています。
ミクのファンは新たなオリジナル作品を通じて、実写、アニメ、音楽が融合した"Mikuverse"(Miku+Universe=ミクの世界)に触れるでしょう。我々は新たな装いで登場する初音ミクと、長年のファンのみならず新しいファンにも響くような、現代的でエンタメ性の高いストーリーで制作を進めています。」

Carlin West AgencyのCEO、Carlin West:
「初音ミクの新しいテレビアニメ作品と漫画の制作に際し、CFM及びGraphic Indiaとパートナーシップを組むことができ、大変嬉しく思っています。初音ミクの特徴的な衣装と音楽の存在が、テレビ作品をより豪華で魅力的なものに彩ることでしょう。
初音ミクの新しい作品は、Sharad Devarajan、Carlin West、そして我々が尊敬する作家やアーティストとのチームで制作されます。またDevarajanとWestは、CFMのCEOである伊藤博之氏とともにエグゼクティブ・プロデューサーを務めます。」

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事