渡辺文重の有料メルマガ批評

「ラクエンロジック」プレイ日誌(2016年8月30日@BIG MAGIC池袋店)100円

2016/09/02 14:30 投稿

  • タグ:
  • 無料記事
  • 渡辺文重のカードゲーム対戦日記
ごきげんよう。有料メルマガ評論家の渡辺文重です。詳しいプロフィールは、文末に記載しておきます。今回は、最近ハマっているトレーディングカード「ラクエンロジック」のプレイ日誌です。基本的に定理者(ラクエンロジックのプレーヤー)向きの内容となっています。

ラクエンロジック8月度ベーシック【ロジカリストショップミーティング】通常大会【7/31(日)~9/3(土)】
http://luck-and-logic.com/events/detail/battle_021

使用デッキ:芽路子
メインカードは「蹂躙の弾幕 芽路子」。相手のストックを削り、攻撃を優位に進めることがテーマです。

1回戦 後攻 vs玉姫○
マリガン後の5枚は、定理者2枚、使者1枚、LV3合理体1枚、戦術1枚。「なかなか良い感じ!」と思ったものの、その後に引くのは、LV4と戦術のみ。3ターン目、「修羅天脚 聖那」の効果でドロップ領域から「コレじゃない 芽路子」を出撃。「修羅天脚 聖那」が裸の後列2門を守るという状況ながら、残された4つの門の防衛体制を整えます。しかし、相手の門を守るのは「海に迎えられる 玉姫」と「監視する 玉姫」。へたに攻めて「逆流電撃 玉姫」が山札からドロップ、とかになったら目も当てられないので、攻撃をせずに終了。その後は1ターンに2門破壊されないようにと、防戦一方です。残り1門まで追い詰められた6ターン目、最後のチャンスとばかりに総攻撃を仕掛けると、相手の残り2門を破壊することに成功。ギリギリで勝利を収めたのでした。

2回戦 先攻 vs玉姫+聖那●
対戦相手は、自ターンできれいにストックを使い切り、ストック破壊の機会を与えてくれません。とはいえ、最終局面で、こちらだけが戦術を使える状況を作れれば良いのだと、ポジティブに考えます。実際、こちらの6門目攻防戦では、相手のストックは2枚で、こちらは6枚。もちろん手札には「予期せぬ召喚」が3枚あり、手札のアドバンテージは相手にあれど「なんか守り切れるか」という状況でした。

相手のアタッカーは「六の剛拳 聖那」。相手はメンバーが4体いたため、逆理「闘技の招宴」の定義により、パワーが6000上昇します。こちらは「予期せぬ召喚」でパワーを5000上昇しつつ、ドロップ領域からリミット+2をロジックして「逆理」を裏返すことで対抗します。(相手は「拳で語る」を使えるため、オーラ勝負は挑めません)しかし、途中で山札がなくなり、リシャッフル処理をすることに。これが勝敗に影響していたかは不明ですが、プレイングミスでした。ドロップ領域の選択肢が狭まり、先にリミットが限界を迎えて敗戦となりました。

総括 1勝1敗
プレイ日誌を掲載するようになってから、まだ「トコナツ」のデッキと対戦していないような……。秋葉原に行けば、対戦できるのでしょうか?

執筆者:渡辺文重
1973年6月29日生まれ。福岡県北九州市出身の東京都北区育ち。滝野川第二小学校→滝野川中学校(現・滝野川紅葉)→都立北園高校→(一浪して)日本大学文理学部史学科。パチンコ店ホール勤務、パソコン雑誌のライターを経て、2003年に父の「渡邉文彌設計事務所」を引き継ぎ、有限会社ブンヤ(※)を設立する。フリーランス編集者/ライター。有限会社ブンヤ取締役。現在はWebサービスの企画、運営、編集、執筆などを行っている。

※しばしば質問されるのですが、ブンヤの由来は「父の名前」です。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

渡辺文重の有料メルマガ批評

渡辺文重@有料メルマガ評論家

月額:¥550 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

有料メルマガ批評

有料メルマガ批評

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細