アンチガルーラの会

キツネの社mf6-3予選落ち ポリクチミトム+ヘラクロス

2016/01/11 19:35 投稿

  • タグ:
  • キツネの社
  • ポケモン
  • 構築
こんにちは、ソルトTNくるるです。
今回使用したポケモン達はS12で使用した構築である
電磁波式ポリクチヘラ+ギャライコウ最高2115
をところどころ変えたものになっています。

○並び






○個体詳細


メガクチート@メガ石 威嚇→力持ち
意地っ張り H236 A252 S20
じゃれつく ストーンエッジ 不意打ち 剣の舞

S12の個体と同じなのでそちら参照。
ストーンエッジを採用したメガクチート。メガヘラがパーティーに入っているので選出されやすいファイアローが役割対象。どんなファイアローでもやけど込みで確1になるのでファイアロー入りに対して選出していた。ファイアローとの対面でほぼ必ずやけどが入ってしまうので剣の舞→空元気でもよかったかもしれない。むしろじゃれ叩き不意空元気のほうがよかった。
選出率は7/9


ポリゴン2@進化の輝石 ダウンロード
控えめ H244 B44 C200 D20 ※めざ炎個体
トライアタック 冷凍ビーム 目覚めるパワー(炎) トリックルーム

クチートと言ったらこいつといわんばかりにパーティに入ってくるこいつ。ただダウンロード対策がされていてあまり活躍の機会がなかった。ボーマンダ入りのptに対して積極的に選出していた。
選出率は3/9


ウォッシュロトム@ゴツゴツメット
図太い H252 B252 S4
ボルトチェンジ ハイドロポンプ 電磁波 鬼火

オボンではなくゴツメなのはクチートの不意打ち圏内にいれるための最低限の削りが目的なため。クチートとセットでよく選出されていた。ゴツメボルトでもよさげな枠ではあるが、対マンムー性能を意識してミトムにしている(厳選したくないだけ)。
選出率は7/9


メガヘラクロス@メガ石 自信過剰→スキルリンク
陽気 A252 S252 D4
ミサイル針 ロックブラスト 地震 身代わり

S12の個体と同じなのでそちら参照。最速ヘラは地雷枠とは言えないほど認知されている気がする。電磁波や痺れ粉で起点を作ってからの身代わり+自信過剰で全抜きを狙っていく。
出した試合ではすべて三タテしてくれた。一体麻痺させれば全抜きできるという時に選出する。
選出率は2/9



エルフーン@気合いのタスキ いたずらごころ
臆病 C252 D4 S252
ムーンフォース がむしゃら 痺れ粉 アンコール

ヘラクロスの起点作成マン。こいつで起点を作り、全抜きを狙う。また、気合のタスキやアンコールによりストッパーとしての役割も担っていた。
選出率は4/9


霊獣ランドロス@突撃チョッキ 威嚇
いじっぱり H244 D196 S68(理想想定)
地震 叩き落とす 岩石封じ とんぼ返り

重いバシャーモやウルガモス、ニンフィアに対して最低限の仕事ができる枠。ゲンガーやボルトロスに対しても頑張ってもらっていた。正直この枠は微妙だったが他に候補がいなかったのでこいつにした。今思うとエンテイでもよかったかも。ただ威嚇が優秀なので一長一短か。ウインディの採用も一瞬考えたが種族値がやばいのでやめた。
選出率は4/9

○総括
S13で2000を達成した構築であり自信があったのだが負けてしまった。初戦にメガミミロップ入りの構築に負けてしまったのが大きな敗因だった。その他の二敗はスタンパであるが、メガクチートのじゃれつくはずし、不意打ち択三連負けで負けたのでPSで負けただけであり構築としては負けていなかったので、悔しさだけが募る。
ただやぱり種族値の不足が決定的であり、レートであまり見ないような構築にも苦戦を強いられた。ミミロップとかやめてくれ。重いポケモンはニンフィア、クレッフィ、ピクシー等のフェアリーやバシャーモやルカリオのような高速格闘。特にバシャーモには全抜きされかねないのでミトムやランドロスのHPには常に気を配っていた。ピクシーに関しては無理なので当たらないことを祈っていた。
ちなみにKP順位は228位だった。せいぜい150位くらいだとおもっていたので思ったより低くて驚いた。

最後になりますが当日対戦していただいた方、お話してくれた方々、ありがとうございました。またの機会にお会いいましょう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事