アンチガルーラの会

S11使用構築最高2072

2015/09/12 08:18 投稿

  • タグ:
  • ポケモン
  • 構築
お久しぶりです。ソルト(TNくるる)です。
今回は久しぶりにガルーラを使わない構築で2000を越えたので記事にしたいと思います。


終了位週間前まで使用してましたが、現在は別のパーティーを使って潜ってます。
このパーティ癖が強すぎて使いにくい。


○並び



○個体解説


メガヘラクロス@メガ石 自信過剰→スキルリンク
陽気ASあまりd
地震 ミサイル針 ロックブラスト 身代わり

この構築のエース。身代わりと自信過剰を駆使して全抜きを狙う。現に後述するクレッフィやヒートロトムから全抜きをするシーンが何回かあった。麻痺待ち身代わりを多用するので運ゲーにはなるが、相手が麻痺した瞬間に勝ちが決まるシーンが多々あるので麻痺+身代わりは蟻だったと思う。また最近は最速メガヘラが認知されているらしく、バシャーモが初手守るしてくるので身代わりがささった。地震はギルガルドが構築全体で重いため採用。
身代わりは意地ガルの猫だましですら乱数なので身代わりさえ張ってしまえばガルーラにも勝つことができる。+1状態のこのポケモンを受けることはほぼ不可能であるのでうまく立ち回り、自信過剰を発動させれば勝てる。



霊獣ランドロス@こだわりスカーフ 威嚇
いじっぱりASあまりh
地震 叩き落とす 岩雪崩 とんぼ返り

見せポケ枠。あまり選出しなかった。来季使うならガブリアスにでも変えると思う。
最初はゴツメランドで使っていたがガルーラやガブリアスに対してあまり仕事ができていないように感じたので、ゴツメをクレッフィに譲り、持たせるものがなかったのでスカーフにした。


クレッフィ@ゴツゴツメット いたずらごころ
図太いHBあまりd
イカサマ 電磁波 威張る 電磁浮遊

この構築の地雷枠。ジャローダやヒートロトムからの引き先として氷や岩が半減のゴツメ枠として採用を決めた。電磁浮遊はほとんど読まれず、相手の地面技読みで電磁浮遊が決まった時は気持ちよかった。また前述したメガヘラクロスの起点を作ることもできる。先制電磁波により相手のsを下げたうえで、麻痺待ち身代わりと自信過剰を狙えるので強かった。非常に優秀な電磁波ポケモンだった。


ジャローダ@気合いのタスキ あまのじゃく
臆病150-x-115-126(248)-117(12)-180(248) ※めざ炎個体
リーフストーム めざ炎 蛇睨み ミラーコート

構築を組んだときに最後に入ってきた枠。タスキが余っていて草ポケモンがいない、メガヘラクロスの起点が作れると思ったために採用した。ただ実際に採用してみると電気タイプの後出しに対して何もできないので選出回数は控えめだった。ボルトロスを見ると選出をためらってしまう、ボルトがいないパーティが少ないので要変更枠。


ゲッコウガ@命の玉 変幻自在
無邪気ASあまりc
けたぐり ダストシュート 冷凍ビーム 水手裏剣

メガヘラクロスと並んでこの構築のエース。ヘラクロス読みで出てくるバシャーモなどの炎やフェアリーに出し勝つために初手に出すこともあったが、基本的には刺さってる相手以外には選出しなかった。うちのヘラクロスがタネマシンガンを覚えていないのでマリルリの対処はこいつが担うことが多かった。ちなみにバシャーモ対面ではダストシュート→水手裏剣とつなぐことにより、大体のバシャーモには対面で勝つことができる。
けたぐりはほとんど打たなかったので、悪波や草結びに変えてもいいかもしれない。



ヒートロトム@オボンのみ 浮遊
穏やか157(252)-x-128(4)-126(4)-167(196)-113(52)
10万ボルト オーバーヒート 鬼火 電磁波

ゲンガーやギルガルドの相手をしてもらうためのHDベース。S振りは準速ギルガルド抜き。ここまで降るなら116程度まで降り、大体のスイクンを抜けるようにしても良かったかもしれない。ファイアローやボルトロスの相手もしてもらっていたので過労死しやすかった。このポケモンの負担をうまく調整できた試合には勝つことが多い。鬼火電磁波により、メガヘラクロスの起点も作れる。


○使用感
基本的に選出は
起点要因+クレッフィ+メガヘラクロスであった。
ゲッコウガが刺さっている場合にクレッフィ→ゲッコウガとすることはよくあった。

また相手がメガボーマンダ軸のときはメガヘラクロス→ゲッコウガとすることもあった。
立ち回りとしてはジャローダやクレッフィで起点を作りメガヘラクロスで全抜きを狙っていった。そのためメガヘラクロスはほとんどの試合で選出していた。
メガヘラクロスは電磁波によるSサポート、身代わりによる行動回数の確保により非常に使いやすくなるので、このポケモンの行動回数を確保することが勝利につながると感じた

○感想
久しぶりにKP上位のスタンパではないパーティーを使ってみたが、面白かった。メガヘラクロスは周りのサポートがあればまだまだ一線級で戦えるポケモンであると再認識した。改善点としては霊獣ランド→襷or鉢巻ガブ ジャローダ→メガゲンガーとかが考えられると思います。
まあ来期は過去作解禁するのでこの構築はもう使えないんですけど。

来期は久しぶりに過去作ポケモンが使えるので楽しみです。
零クンと投げガルは犯罪なので解禁しないでください。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事