櫻井さんの麻雀ブロマガ

【天鳳】この成績から盛り返せる日は来るのだろうか?【2-10-6-7】

2013/04/04 05:53 投稿

コメント:5

  • タグ:
  • 天鳳
  • 麻雀
  • 全記事

 今はブロマガ程度でしか文字を打ったりはしないんだけど、昔は小説を書くのが好きで、よく書いてた。だからキーボードにはちょっとした好みというか、こだわりがある。

 小説を書いていたとき、友達に「櫻井って手、ほとんど動かさないね。這うようにタッチするっていうか」と言われたことあった。そのとき自覚したんだけど、オレはどうやら力をいれてタッチするのが苦手らしい――というか疲れる(力がない=筋肉がない)

 で、今のキーボード、PC付属のもの使ってたんだけど、キーストロークが深い! めっちゃ疲れる! 指疲れる! ――というわけで買った。

 Logicoolの「k750r」っていうソーラー充電のキーボード。もちろんケーブルはいらないし、マウスもLogicool製品のトラックボールを使っているので、専用赤外線受信機がUSBポート一つだけで済む。

 ソーラーで充電いらずでケーブルいらず、さらに「薄さ7.5mm」! 力なんてほとんどいらない。角張ってないのもいい。これくらいフラットなキーボードのがいいね。
 ただ、ちょっと困るところもある。キーピッチの大きさとキー同士の間隔、19.5mmと大きくて、キーが離れてる。指が広がる人か、手が大きい人じゃないと手の横移動がつらいかもしれない。オレは手がでかい方で指も長いのでいいんだけど、女性の方だと厳しいんじゃないかな。


 ……え? 天鳳の記事じゃないのかって?



 だって、勝てないもん (๑☍﹏⁰๑)

 *




 1
 いくかどうか?

 オーラスで親からリーチ、トップ目の対面とは148差なので満貫ツモでトップ終了されてしまう。77直でも一緒だ。それ以外なら次局があるので、ここで引くという選択肢はある。自分と上とは32差、39放銃で助かるシーンだ。

 ただこの巡目でのリーチツモ率は30%以上はあった気がするので、親の平均打点が96程度だとするのを考慮し、なおかつ対面が振り込む確率も踏まえると、40%程度はこの局でラス終了してしまいそうな感じがする。

 さてでは攻めればいいのかというと、上と32差なので、供託棒含めても20出和了りじゃきかない。とするとこの手をピンフのみで張っても出和了りがきかないということになる。それなら押さないほうがいいんじゃないかという結論だ。もちろん連続系2つのくっつき一向聴など、打点さえあれば平場でも親に押せるような手ではあるのだが、この場面ではいかないほうがよかったかなと思った。もちろん、押して振ってしまったので反省として書いているのだが。




 2
 上からリーチ、さて何を打っておりる?

 問題は下が親でラス目ということ。このまま降りていてはラスなので、下はゼンツになる。そして上には満貫をつまられなければまくられない。出和了りなら120以外未満ならいいよというところだ。
 では、その上家たる自分は下に鳴かせないようにオリて、下あたりが振り込むことを期待することになる。つまりここで下の欲しそうな36sあたりを気軽に打ってはいけない。打1mが妥当だろう。

 ――としていたら、まさかの対面が副露しだして、なにやら騒がしくなってきた。振ってしまってはしかたがないので、対面にも安牌になった6sを切り出して――「ロン」下家がお呼びがかかった。下にしぼっていたら一巡で6sが当たりになっていたらしい。仕方がないと思うんだけど、まあ、大事な局面だった気がして保存しておいた。

 リスナーさんには打6sとするって人がけっこういたんだけど、下をアシストするのだけはダメな気がする。下も攻めてくれるのなら安牌はそれなりに増えるだろうし、36sを鳴かせたらトップ率はやっぱり落ちるんじゃないかなと思う。




 3
 南入して七巡目、もちろん和了りトップなのでいくのは構わない。残り枚数2枚だけれど、比較的出やすい一枚切れの中だから、まあいくのは構わないと思う。
 が、リーチする必要はなかった。1pで和了れないからなあ……と思ったが、これ、どちらにせよ1pなど他家から出ない。とすると、どちらにせよ枚数は多くないんだから、ダマで中が出てくるのを狙いつつ、流局で原点を超える289で維持しておいたほうがよかった。
 リーチを打ってから気づいたんだけど、局が始まる瞬間に流局条件も考えておかないといけない。もちろん、この巡目の二人聴牌が流局する確率など相当低いとは思うが(20%程度?)




 4
 何を切れば一番はやいでしょう? よくある牌姿。

 5689pのピンズの受け入れは20枚、ターツターツの両面一向聴が28枚だとすると、8枚ロスしていることになる。原因はもちろんペン7pの受けかぶり。では89pターツを落とすと受け入れはどうなるかというと、56p縦受け6枚がロストして14枚となる。ではその6枚のために89pを外してもいいだろうか? そのあたりの話。

 比較するのは6mくっつきの二次有効牌の枚数差。そして8pまで払いきった場合の浮き牌二枚の二次有効牌の枚数差。
 まず9pを打ったとき、ロスするのは6p3枚分だということは意識しておきたい。5pツモでもカン7pが残るからだ。とすると打9pとしたとき、一次有効牌6p3枚と6mくっつきの二次有効牌16枚を比較することになる。この巡目で3:16ならばさすがに16を取ったほうがいい。三段目ならば一次3枚を取るといったところか。
 5sを持ってきたとしての浮き牌2枚の一向聴は、二次12枚インの一次4枚ロスで8枚差、1:3程度だと難しいが、一段目ならば二次有効牌の良形化枚数分で打8pとしたほうがよさそう。二段目中盤ならば打5sの方がいいくらいだ。
 ではツモ7sならどうか? 一次が3枚ロスの6枚インで計3枚イン、二次有効牌も24枚インと明らかに強い、連続系ターツでさらに一次も増えるのでこれは明らかにこっちを取るべきだ。

 こういうのは慣れなので、復習がてらやっていきたい。

 *






 このIDホントどうっすっかね。
 どうしたら勝てるようになるか誰か教えてください。

コメント

マリク
No.3 (2013/04/05 13:51)
こんにちわ 昔とある放送でお会いした
nmarikuです
今3段1800付近で頑張ってます
自分もR200以上下がったこともあったけど
(´・_・`) 鳴きなし麻雀頑張ってください
(著者)
No.4 (2013/04/06 04:41)
>>3
マリクさんコメントありがとうございます(どこの放送だろう……;
上卓で苦労している人にはシンパシーを覚えます((●゚ν゚)

上卓はRさえ乗ればなんとかなりそうなんですけどねー
ひるまず続けようと思うのでよかったらまた見てやってください。
マリク
No.5 (2013/04/09 20:26)
対戦ありがとうございました
リュウキョクで終わりと地味でしたがw
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事