死なない程度にがんばる

クイズ投稿サイトで道徳の授業をするんじゃねえ!!

2016/05/24 21:08 投稿

  • タグ:
  • 雑記
  • クイズ
子供の頃の私は、クイズが好きでした。
言葉遊びのような「なぞなぞ」から、頭を使って計算する論理パズルまで、とにかく何でも、節操なく探しては解いたり解けなかったりして、楽しんでいました。
そんな当時の私にとって、インターネットのクイズ投稿サイトは まさしく宝の山で、毎日入り浸っては新しいクイズを探すのが日課だったのですが、ここで一つ問題がありました。
誰でも投稿できるサイトという都合上、問題の質はまさに玉石混交で……身も蓋もない言い方をすると、時々とんでもないクソ問題が紛れ込んでいたのです。
ふと昔のことを思い出して、クソ問題に関する怒りがふつふつと湧いて来たので、特に印象に残っているクソ問題について、今回は書いてゆこうと思います。

Q82
この問題には、2つ間違いがあります。
さぁ、見つけてみて下さい。
この問題、答えを書いてしまうと、一つ目の間違いは問題番号で、本来Q83なのに82と書いてある、というのが間違いです。これは多少の引っ掛けっぽさは感じますが、納得できます。
それじゃあ、もう一つは何かと言うと、そんなものは存在しません
つまり、「間違いが二つあるのが間違い」という答えでした。死ねよ
「間違いが○個あるというのが間違い」は間違い探し系の問題で頻出するクソ問題です
こちらが必死こいて間違いを探し、見つからない見つからないと悩み、それでも見つからず、仕方なく解答を見た結果「間違いなんて存在しませんでしたーーwww」と突きつけられる不快感は筆舌に尽くしがたいものがあります。しかし、その一方で製作する側としては間違いの数を一個多く書くだけで良いので全く手間がかからず、引っ掛け問題好きのクソガキには非常に好まれていました。低コスト・量産タイプのクソ問題と言えるでしょう。

問1
岩盤が硬かった(1.ので 2.のに)、今年の三月は月間1000メートルを掘り、日本最長を記録した。

問2
貧血気味だった。(1.それでも 2.それで)、好きなほうれん草はいつでもみんな食べた。
答えはどちらも1番です。
その後に解説が書かれており、「岩盤は硬い方がむしろ掘りやすい、ほうれん草は鉄分を輩出するので、むしろ鉄分が必要な時には摂らない方が良いのです。知らなかったでしょ?思い込みって怖いよねー」といった内容が記されています。
別にクイズとしてはおかしくなくね?と思うかもしれませんが、問題はこれが知識を問うタイプの問題を投稿する場所ではなく、その場で考えて答えを導き出すクイズの投稿場所に投稿されているという点です。ご丁寧に作者自身が「知識を問うタイプの問題でごめんなさい」と追記しています。要するに「こんなこと知ってるボクって賢い!」と主張するための問題です。
楽しくクイズを解いて遊んでいたのに、突然他人の知識自慢やウンチクを聞かされる、非常にわかりやすく不愉快な内容です。クイズの内容よりも作者の人格によって不快にさせられる、場外乱闘タイプのクソ問題と言えるでしょう。

私は嘘吐きだ」という人はどういう人だと考えられるでしょうか?
正直者であれば、もちろん自分を正直者だと言うでしょう。
嘘つきであれば、嘘をついて自分を正直者だと言うでしょう。
では、自分を嘘つきだと言う人は……?
答えは「普通の人」です。普通って何だ
この時点でも十分おかしいのですが、この問題にはさらに別解として「ときどき嘘を言う人」「ふとした拍子に嘘をついた正直者」などが載せられており……つまり解答を見て作者が納得できれば正解、そうでなければ不正解、明確な基準は無しという状態になっているのです。
それはクイズじゃなくて説得だ
もはやクイズの根幹すら破壊する唯我独尊タイプのクソ問題と言えるでしょう。


と、三つのクソ問題を紹介してみましたが、これはまだマシな方です。
じゃあ、もっと酷いのは何なのか?それが、道徳タイプのクソ問題です。
あなたを含めて今3人いる。テーブルの上には2つのトマトがある。果物ナイフを1度だけ使って、トマトを均等に食べられるようにするにはどうすればよいか?
この問題はそれなりに有名な物らしく、投稿者も有名であることを知った上で、あえて出題していたようです。そして答えには「ナイフで1人殺す・・?」と疑問符が付けられています。
何故解答なのに疑問符が?と解説を見てみると、
こんな答えは正しくない事なので、正解とは呼べない。だから別の答えを考えろ
と記述されています。そして、解答例には「ナイフでトマトを取ってくる」「ナイフとトマトを交換する」……などの別解が載せられているのですが、知るかよ
クイズ投稿サイトは文字通りクイズを投稿する場所であって、お前のブログじゃねえだろ
自分の道徳観を語りたいなら勝手に自分のブログかホームページでも作って書いてくれ。
なぜ楽しくクイズを解きに来たのに、「一般的な回答はこうなっているが、こんなことは正しくない」なんて説教をされにゃならんのだ。不満を語り出すと本当にキリがありません。
しかし、この問題の本当に恐ろしいのは、これがサイト管理人の投稿ということでしょう。
これがきっかけで私はこのサイトを離れ、クイズという遊び自体とも疎遠になりました。

クイズとは、明確な「答え」があるからこそ面白いものです。
答えを求めて試行錯誤し、正解することで達成感を得られる。そういうものです。
一方で、「思想」に明確な答えは存在しません。
百人いれば百人の思想があり、その全てが正解でも間違いでもありません。
当然、自分にとって「許容できる思想」「許容できない思想」は存在するでしょうが、
正しい思想」「間違った思想」なんて、絶対的に言えるものは存在しないのです。
ゆえに、クイズと思想とは相容れないものです。
仮に一般的な道徳において「正しい事」だったとしても、クイズの「正解」「不正解」として設定すべきものではないのです。
だから私は、こう言うのです。
クイズ投稿サイトで道徳の授業をするんじゃねえ!!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事