note ワイン中心のmemo

【ニュージーランド】基本とオススメワイナリー

2013/07/24 19:00 投稿

  • タグ:
  • ワイン
  • はじめてのワイン
  • ニューワールド
前回に引き続き、ニューワールド
今回はニュージーランドについて書いてみます。

ニュージーランドワインの知名度ってどの程度なんでしょうか。あまり馴染みのない方が多いかもしれませんね。残念ながら、日本人にとってはニュージーランドで一番有名な地名は、クライストチャーチでしょうか……死者185人、2011年の大地震であり、記憶に新しい方も多いでしょう。ニュージーランドは治安が良いと言われ、留学先としても人気のある国の一つであり、日本人留学生28人がなくなっています。当時、留学等会社が関わりもあったため、他人事ではない大災害でした。

話を戻します。僕はニュージーランドのワインがかなり好きです。理由の一つはスクリューキャップのワインが多いこと(90%以上がスクリューキャップ使用らしい)でしょうか。
もちろんコルクのワインも好きですが、自宅でちびちび飲む分にはスクリューキャップはかなり便利だと思っています。極端な話、飲みかけワインを上下逆さにしてもこぼれないですし、ソムリエナイフも必要ないですし。とっても気楽です。

また、ニュージーランドのワインには、フランスとニューワールドの中間のようなイメージを持っています。フランスのようなとっつきにくさはないですし、ニューワールドのワインによく感じられる「こってりさ」もありません。ワインを飲み慣れていない方におすすめするには最適かもしれません。

ニュージーランドのワインについては、圧倒的にソーヴィ二ヨン・ブランの割合が多いです。次いでピノ・ノワール、シャルドネ、リースリングと続きます。ここからもわかるように、白ワイン造りが非常に盛んです。
ラベル表示については、前回のチリとは異なり、85%ルールが適用されています。

ニュージーランドは南北2つの島に分かれています。
北島で有名な産地はGisborne(ギズボーン)、Hawkes Bay(ホークス・ベイ)。色々造られていますが、シャルドネが盛んです。南島で有名な産地はMarlborough(マールボロ)です。特にマールボロはニュージーランド最大の産地であり、ニュージーランドのソーヴィ二ヨン・ブランと言えばマールボロです。

前回同様に、有名ワイナリーをあげておきましょう。
Sileni Estates(シレーニ・エステート)
Cloudy Bay(クラウディ・ベイ)
いつものごとく、オフィシャルページにリンクしています。カタカナで検索すれば、日本語の通販ページ等もでてきますので、興味のある方はぜひ一度見てみてください。

特にクラウディ・ベイは説明不要なくらい有名かもしれません。成城石井にも置いてあるかな。シレーニは1000円台からあるし、どれを選んでも後悔のないハイクオリティ。まあ、せっかくのニュージーランドワインですから、最初はソーヴィ二ヨン・ブランが一番いいかもしれませんね。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事