note ワイン中心のmemo

【日本】サントリーワインについて

2013/06/22 19:19 投稿

  • タグ:
  • ワイン
  • 日本
前回、前々回とサントリー登美の丘ワイナリーについて書きました。
が、まだ肝心のワインについて触れいなかったので、今回は具体的な
アイテムを見ていきましょう。


色々な分け方があると思いますが、私は4種類で考えればいいと思います。

1、ジャパンプレミアム 品種シリーズ  
(2、ジャパンプレミアム 産地シリーズ)
3、登美の丘シリーズ 
4、登美シリーズ

1番が基本です。2番は、アイテムによって価格帯が2,000円台から8,000円台まで
存在しているので、シリーズではあるものの、一本一本が全く別物の品だと考えて
下さい。

3、4が山梨県の登美の丘ワイナリーのブドウのみを使って造られているワイン
です。ジャパンプレミアムも登美の丘ワイナリーのブドウだと思っている方も
いらっしゃいますが、違います。むしろ、山梨だけでなく、長野県のブドウも
使っています。一つの畑のブドウのみで作っているシリーズではありません。


逆に、産地シリーズではありますが、津軽ピノ・ノワールの場合、登美の丘の
ブドウも使用されています。それ以外は基本その産地のみのブドウで造られて
いるようです。

個別の詳しい説明について
は、僕が色々と言うよりも、サントリーさんのHP
を見ていただく方が良いと思います。

今回特に声を大にしてお伝えしたいのは、ジャパンプレミアムの品種シリーズの
クオリティの高さです。

何故かフォルダの中に画像がなかったので、
サントリーさんからお借りしてきました。

このシリーズがすごいところは、その価格の安さです。
希望小売価格が1,680円ですから、場合によっては1,500円くらいで
販売されている場合もあります。
チェーン店のリカーマウンテンがその一例です。


この価格帯でこれに匹敵する日本ワインは、少ないです。

さて、このシリーズですが、赤3種類、白2種類、ロゼが1種類の計6種類です。
中でもお勧めしたいのは、白です。
品種は、甲州とリースリングフォルテがリリースされています。

どちらも今までに出ていない品種です。また、どちらも日本の品種です。
【甲州】は繊細でキリッとした味わいが特徴。現在、世界的な評価も非常に
高まっています。
【リースリングフォルテ】は「甲州三尺」と、「リースリング」の交配させ、
サントリーが開発した品種です。こちらは甲州の爽やかさにリースリングの
品が加わったようなイメージ。甲州よりは柔らかいです。

どちらも絶対に後悔しない品質の高さですが、特にリースリングフォルテは
素晴らしいです。ワインを飲みなれている方はお好みもありますが、
飲み慣れていない方でもほぼ間違いなく美味しくお飲みいただけます。

何度でも言いますが、これを上回るものはなかなかありません。
あれば、ぜひ教えてください。飲みます。

登美の丘や、登美についてはまたの機会に。
もしジャパンプレミアムを飲んだよーという方、
これがうまいよ、という方がいらっしゃいましたら
ぜひぜひ感想をお聞かせください。

ではではー。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事