ニコニコチャンネルメニュー

ブロマガ - ニコニコチャンネル

休み社-文芸と音楽の日記

【映画紹介】ヴィンセント・ミネリ『巴里のアメリカ人』(1951年)

2015/02/03 01:35 投稿

  • タグ:
  • 映画紹介
  • 映画
  • ヴィンセント・ミネリ
  • 巴里のアメリカ人
  • ジーン・ケリー

【映画】https://www.youtube.com/watch?v=jznT9p9I4C8


 豪華絢爛の極致を行く、ミュージカル映画の傑作。

 ヴィンセント・ミネリの『巴里のアメリカ人』は、一人のやや未熟な画家(しかしタップダンスも華麗にこなすダンディ)の葛藤などを描いた話。しかし、それはあまり問題ではない。

 この映画の最も素晴らしいところは、映画の終盤に来る、「これでもか!」と言わんばかりの、あまりにも豪華絢爛、過剰に余りあるピトレスク(絵画的)なミュージカルの展開である。ここまで歌って踊って、小道具をはじめ様々な画面構成の仕掛けをぐわあっと提出されると、「参った!」と言わざるをえない、そういう作品である。

 やるならば徹底的に。美しいものは美しく。その王道を突き詰めた作品だ。

 主演のジーン・ケリーがとかく存在深い。彼無しにはありえない映画であり、改めて一人の人間の存在感というもの、それを感じたい映画である。


(2015/02/03)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事