料理科学の森

チャーハンを作る時に強火を使うと言われる理由 料理科学の森

2021/07/26 17:00 投稿

  • タグ:
  • 料理




強火で手早く炒める
ことで、ご飯の表面が急速に水分を失い、代わりに油が入り、パラりと口当たりの良い状態になる。
水分がごはんの表面に残っている油が浮いてきてギラギラし、しつこい状態となる

チャーハンの具材を入れるタイミング

参考文献 調理事典

公式ホームぺージ 料理科学の森

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事