料理科学の森

ハラコ、スジコ、イクラの違い 料理科学の森

2020/07/21 17:00 投稿

コメント:9

  • タグ:
  • 料理




「スジコ」、「ハラコ」、「イクラ」は、いずれも鮭の卵の呼び方の違いです

ハラコ
腹仔からきた言葉で、原理的には体内にある卵は全てハラコになります。

スジコ
筋子は鮭のハラコのうち、卵膜に包まれた状態の物。しかし、一般に筋子というと、卵膜に包まれ物を塩蔵した物をいいます。その為、細菌では塩蔵していない筋子は特に「生筋子」というようです。

イクラ
ロシア語(ikra)から来たもので、卵膜を除いた魚卵を塩漬けにしたものを指します。典型はキャビアです。しかし日本では、卵膜を除いて一粒ずつバラバラにした鮭の卵を指すことが多くなっています

カラメル化、カラメル、キャラメルの違い

参考文献 食品の科学

公式ホームぺージ 料理科学の森

コメント

ゲスト
No.7 (2020/07/22 21:00)
「ハーイ」「チャーン」「バブー」
NARU
No.8 (2020/07/22 21:22)
細菌では塩蔵していない・・・難しいこというわね
すりごま
No.9 (2020/07/22 22:33)
ハラコはツトムやろ
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事