料理科学の森

骨つきで焼くと肉は縮みにくい 料理科学の森

2019/05/02 17:00 投稿

  • タグ:
  • 料理




肉が縮む理由は、主にコラーゲンが縮むからです。

コラーゲンは、骨と筋肉の間にたくさん存在しており、骨と筋肉をしっかりとつなぎとめる役割をしています。

もし骨を除いた状態で加熱すると、このコラーゲンが何の制約もされずに縮んでしまうからです。

参考文献 西洋料理のコツ

公式ホームページ 料理科学の森


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事