【雪・ー・)】白黒日記【黒^ー^)】

【雪・ー・)】も~っと! 白雪ちゃんのポストアポカリプスてけとうプレイ列伝15:Cataclysm:DDA

2019/07/15 01:16 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • ゲーム
  • Cataclysm:DDA
  • ポストアポカリプスてけとうプレイ列伝
  • フリーゲーム
  • ローグライク

☆この枠は最近またハマり始めたゾンビゲー「Cataclysm:DDA」
 てけとうに解説する記事です。
 みんなもやろう、Cataclysm!




アリソンさん! あったわよ!
会計帳簿!!



どれどれ……。
うん、ふーん……。なるほど、私は確定申告の計算すらできないが
こいつを専門家に分析してもらえれば、奴らの有罪を証明する事ができそうだ。
もし力を貸してくれるなら、他にも頼みたいことがあるんだ。



他に何か手伝える事はある?



君がしてくれたことを否定するわけではないが、今すぐこの帳簿で
何が出来るというわけではないんだ。
だが帳簿から地域担当マネージャーの貸し金庫の情報が得られた。
馬鹿が一行目に暗証番号を書いてくれていたから一緒に開けよう。
クソッタレどもを告発するのに必要なもの以外は全部あげるよ。



お、帳簿見つけたんだ。



ええ。
そうしたら今度は金庫を開けたいって言ってたわ。
これもやっておきましょう。



ならついでにいろいろ開けようず。






金庫室





難破船の金庫を開けてみたけど、拳銃が一丁あるだけだった。



まぁ仕方ないわね……。



なので最初の山小屋暮らしをしてたころの街まで戻ったぞ。
ここには「銀行」があるからな。



まずは金庫室をハッキングして開けなきゃね。
……よし開いた開いた。
さーて、中身は?








珍しいアイテム






原子力電池や変異治療薬……。
それと「保水スーツ」に「軽量型パワーアーマー」?



保水スーツは装備している間、喉の渇きが遅くなるという防具だ。
ただし速度がちょっと落ちる。
パワーアーマーは原子力電池で動くハイテク防具。
起動して使えば非常に強力な装備になるぞ。



なるほどー。
せっかくだしこの保水スーツは着ておきましょ。
んん……確かにぴっちりして動きにくいかも。



(紛らわしいですがアリソンさんとは別の人(?)です)
今ピッチリスーツを着ている女の子がいると言う話を聞いた気がするのですよ。



おう、いらっしゃい。
お前の入ってきた入り口は出口にもなってるからそのまま帰れ。



アッ! 貴様こんなところにいたのか!
さぁ、イカロスロードでティルトレイを使う作業に戻るんだ!!



あーれー。



今の誰?



近所の可哀想なコだ。



とりあえずアリソンさんの依頼もこなしたわ。
さて次のお仕事は何かしら。



(紛らわしいですがアリソンさんです)
野放しの悪党を探し出して正義の鉄槌を下す仕事
がある。
まず第一に私達の見た目が悪党っぽくてはダメだ。
保安官バッジを探し出すんだ、簡単だろう?



だんだん奇妙な方向にいっている。



まぁ、またそのうちやりゃいいだろ。
ちなみに報酬には「日本刀」をもらったぞ。
火力はシミターよりちょい低いけど「瞬撃」が使える。
手数重視の武器だな。



そういや、ここに来る途中にIDカード(軍)を手に入れてたよな。
あれを使えば街の隅にあった掩体壕(えんたいごう)に入れるんじゃないか。



そういえばあったわね。
あそこって何があるの?



軍系の武器や防具、物資が手に入ったりするぞ。
ちょっと行ってみるか。







「掩体壕」






そんなわけでやってきたぞ。
それじゃ入ってみっかぁ。



別にゾンビがいたりはしないわよね?



大丈夫だとは思うけどなぁ……。
さて、どうなるかな。



あ、開いたわ。



なお、カードを使わず入ろうとすると大量の軍事タレットが飛び出してきて
あっという間に蜂の巣になるぞ。



こっわ。
それでこの後は?



地下に潜って好きなものを持っていく。
ただ、そこでもカードが必要なんだよな。



じゃあ持っていけないじゃない。



カードはないけど鍵ならあるぞ。



どういうこと?



ジャックハンマーと言う名の鍵がな。



…………。




(ジャックハンマーでブチ破ってきました)






レールガン





今回の目玉はコレかな。
レールガン。



最大射程、60!
威力も装甲貫通力も高い!
ハイテク武器って感じ!



まぁ弾丸があんまないんだけどなあ。
ここぞと言う時だな。



じゃあまた別の場所に……ん?
あそこにまた木箱があるわ。
ポンとフタを開けて……。



どうもまた軍事物資の箱みたいだな。
なになに……。
「RA21E医療アンプル」



高速治癒薬で満たされたアンプルですって。
でも専用の器具がないと駐車できないみたい。
今身につけてる興奮剤注入装置みたいなものかしら。



……「一時間の間に二回以上使用しないように」って書いてあるぞ。
副作用とかあんのか……?



それは私、できるだけ見ないようにはしてた。



それともう一つはライフル。
「ライフル(.50口径/バレットM107A1)」



も、ものすごく大きいライフルだけど……。
これ、人を撃つための銃じゃなくない?



アンチマテリアルライフルってやつやね。
人を撃つのにはパワフルすぎる。
つまり怪物を撃つのにはピッタリってわけだな!



えぇ……。
ま、まあでも破壊力は折り紙付きってことね。
一応持っておきましょう。








プーさん歓喜






な、なにここ?
すごく大きな蜂の巣だわ……。



中には巨大ハチがわんさかいるぞ。
蜂蜜もいっぱいあるけどな。



へ、へえ……。
でも面白いものはなさそうね。



ちょっと蜂蜜取ってくか。
久々に甘いもん食べたいだろ。



それはちょっとあるわね。
最近ブラートヴォルストばっかりだし。
寒さのせいで凍りついてるから、腐敗間近って言われてるのに全然腐らない。



たまには女の子らしいものを食べような。



巨大化したハチの蜂蜜が女の子らしい食べ物かはともかくとして
確かに蜂蜜は食べたいかな。
よし、探してみましょう。
とりあえず動きやすい格好になって……武器はシミターでいいかな。
早速ハチもよってきたし、ここはシミター+忍術の組み合わせで……。










「ドーン」とか音がするほどの破壊力






…………。



砕け散った。



…………。



あ、アビーが!
アビーがハチの汁まみれになってる!



……忍術、怖ァ。



これがウィリアムズ流忍術……。



うさんくっせぇ。
……ん?








誰?






……なんだか、変異した人がいる。
しかもすごい怒ってる。



なんだあいつ。
何者だ?



敵意があるみたいだ。
気をつけろよアビー。



ううん……。
できれば人は傷つけたくないけど。



言ってる場合じゃないぞ!!
襲って来る!!



ああもう! 話をする気もないの!?
や、やるしかない!!
…………ぐっ!!



アビー!! どうした!!
あのハチ人間に刺されたのか!?



ど、毒が……。
苦しい……。



毒針持ちか!!
まずいな、とっとと仕留めるぞ!



くっ……か、硬い……。
え、ええええいッ!!!



倒したか……。
結局なんだったんだ、こいつは?



わ、わからない……。
あまり深く考えたくない……。
どうしようかしら、この死体。



ここに寝かせてやれ。
仲間に囲まれていたほうが幸せだろうよ。



仲間、体液ブチ撒ける勢いで周囲に飛び散ってるんだけど。




(それからどした)




礼拝堂の地下に降りてみたんだけど……。
「純白の肉人」って言う生き物がゾンビに殺されてたわ。
その先の祭壇にこの「小さな遺物」があったんだけど。



なんかの骨と銀細工で作られてるな。
「聖なる象徴」みたいな瞑想の出来るアイテムみたいだ。
せっかくだしつけとけ。神様から力をもらえるかもしれんぞ。



神様、いてくれればいいけど……。
さて、次の建物は。







「製糖所」






「製糖所」ですって。
奥にカエデの樹液が詰まったタンクがいくつもあったわ。
メープルシロップを作ってたのかしら。



だろうなー。
ここで作られたメープルシロップがお店を介して
我々の口に入るんだね。



どうして急に子供向け学習番組に……?



は!! こ、これは!



どうした!



「フルーツワッフル」「チョコレートパンケーキ」「フルーツパンケーキ」……!
お、お菓子が新鮮なままいくつも残ってる!!



あ、マジだ。
カフェスペースとかも併設されてたんかね?
凍ってたおかげで腐ってなかったみたいだな。



ブラートヴォルスト以外のものを食べるのは久しぶり……!
って言うかやっぱりブラートヴォルスト作りすぎなのよ!!
150本くらいあったわよ!



肉、うまいじゃん。



肉食獣が……。



さて、飯が終わったら次の場所行こうか。



次の場所?



ここに来るまで、二つ研究所を見つけた。



ちくしょう。



研究所には潜らないと言ったが、スマンありゃウソだった。
まぁすげえざっくり見る感じでも! 行くぞー!!



うえーん……。
行けって言うなら行ってやる寒っ!!!



また寒い系の研究所かぁ。



こ、こうなったらブランケットを羽織ってでも降りてやるわ!
戦闘は出来る限りしない!
後は野となれ山となれじゃー!!



だんだんスノーホワイトに似てきたなあ、お前。












ひっ……。



あー、変異体の培養槽か……。



あ、あれ、人間の腕に……。
こっちは、人間の赤ちゃん……いや、胎児……?
うっ、うげぇ……。



こりゃ、いくらなんでも刺激が強すぎるぜ……。



たまにあるんだよ、こういう培養槽が。
アレを食うと突然変異を起こすこともできるみたいだが。



そんなこと出来るわけないじゃない!!!



わかってるよ、わかってる。
ほら、さっさと先に行くぞ。



うぅ……。
もうやだ……ここ嫌い……。



(ガンガン進んで地下3階……)





あばばばばばばばば。



今気温何度?



ま、ま、ま、ま、マイナス55度……。



死ぬ。



確かにこれは長い事調査はできんなあ。
気をつけろよ、ふたりとも。




なんでお前(あなた)は平気なの!!!



私、高低温に対して耐性があるんだ。



ご都合設定キャラめぇ!!!



も、もうそろそろ限界だろ……。
ここらが最下層じゃないのか?



下のフロアがまだあるよ。



死ぬってーーーーー!!!



(地下4階)













凍ってる。
えーっとここの温度は……?
ワハハ、マイナス72度だってよ。
さすがに私も寒いわ。



カウントダウンTVをご覧の皆様、こんばんわ。
小室哲哉です。



*きさまと わたしは ただ ともだちに
 なるだけではない……。
*わたしたちは ズッとも だッ!!



お気が狂い始めた。
……ん? ふたりとも、こっちになんかあるぞ。



はえ?



なんですぅ?



脳細胞が寒さで凍り始めてる。
あれだよ、あれ。








マジで初めて見た






「ナノ素材キャニスター」
なになに……。
「炭素、鉄、チタン、銅などの元素を、特殊な技術を使って
 原子スケール構造で封入した鋼鉄製容器です」。
……よくわからんが、やばいことはわかった。



これは確かに初めて見るわ。
別の部屋にもなにかあるわね。
「ナノ素材テンプレート」……。



こっちにはそのキャニスターとテンプレートを使う機械があるぜ。



ははーん、なんとなくわかった。
このキャニスターをこの機械に入れて、テンプレートに記録されたデータを元に
アイテムを作成するんだ。



なるほど?
じゃあこの「改良型UPS」のテンプレートを使えば。



うぉ! すっげぇ!!
マジでUPSができちまったぞ。



ここにあるテンプレートは……。
レーザーライフルに、量子ソーラーパネル。
改良型UPSに、封缶機……。
すごい技術だけど、絶対欲しいってほどでもないかな。
ここが最下層でいいのかしら?



どっちにせよもう寒さで限界だろ。
地上に戻るぞ。



はい。



あ、それと今回埋め込むCBM。
今回なんとオートドクの部屋が大量に出て、麻酔キットがモリモリ手に入った。
なのでこれで一気にCBMを入れちまおう。



うう、怖い……。



というわけでガッツリ行くぞ!
覚悟しろアビー!!



ひぃぃぃぃぃ!!!






・統合電源システム
UPS互換の電力配線を体内に組み込んだ。
UPSを電源とする道具を体内蓄電装置の電力で動かせる。

・体内炉
どんな物質も体内炉で焼却する事で燃料に変え、充電が出来る。
CBMを起動し、一部の素材を食べると電力が回復する。

・新陳代謝相互変換装置
消化器官と動力源を相互に接続し、電力回復の代わりに空腹度を増加させる。
オンオフ切り替え可能。

・大脳ブースター
大脳を補佐するコプロセッサを取り付け、情報処理能力を高める。
知性+2。

・筋肉増強
外科手術により筋肉に筋繊維を追加し、筋量を増大させる。
筋力+2。

・人工望遠眼球
外科手術によって眼球と周辺組織の大部分を取り除き
高性能な人工眼球に取り替えた。
視力が増大し、遠視・近視等の視力障害が無効化される。

・蓄電装置
CBMを起動させるための電力を追加する。
現在700ポイントまでチャージできる。




マジでガッツリ入れられた……。



ロボアビーだなもう。



否定できない……。
って言うか大脳を改造って……。
怖い……おデコが痛い……。



でも「統合電源システム」はマジで便利だぞ。
もうUPSを持ち歩く人生とはおさらばだ!
充電も気軽にできるようになったからな。



この「体内炉」の事?
……これ、燃料を入れればいいのよね。
どうやって?



……。



あの、白雪ちゃん?
なんで机を壊して出た木材をこっちに持ってきてるの?



オラッこの木材を食えッ!!!
オラァーーーーーッ!!!



もごごーーーーーーーッ!!




(少女充電中……)





おなかいっぱい木材を食べさせられました。



まぁ、燃料になるだけだから満腹にはならねえけどな。



ぐすん……。
後はまた変異薬のレシピ本を手に入れたわ……。
だいたい本は集まったのかしら。



かなあ。
料理スキルを10まで上げるレシピ本も出たし、ちょっと強化してみるか。



うう、なんだか疲れた……。
死ぬほど寒かったし、もううんざり。
今日は休ませて……。



前回もこんなシーンあった気がするな。



まぁ、無茶はいけねえさ……。
それじゃ、今日はここまでかな。



うム。
またあてのない旅でも始めるか! ではさらばだ!!



☆次回へ続く……。



コメント

AceKira (著者)
No.2 (2019/07/15 01:42)
>>1
小さい子はお尻が似合う(持論)
ロクサス
No.3 (2019/07/15 22:50)
更新お疲れ様なのです
いつも楽しく読ませていただいてますよ
うーむ私のブログでもカタクリズムddaの記事を書くのも悪くないかもしれませんな…
AceKira (著者)
No.4 (2019/07/17 18:06)
>>3
コメントありがとうございます!
人によってプレイスタイルも違うゲームなので、色んな人のプレイが見られるのは純粋に楽しいですね!
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事