「りゅ~」のブロマガ日誌

りゅ~さん的 [Newみんゴル] 初心者救済マニュアル

2020/06/09 18:43 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません
   /  \      間違った事も書いてるかもだけど
  / ∩  ∩    そこは反面教師的な気持ちで
/   ∪  ∪\   参考にしてね

|     ヽΛ/  .| 
\_       /  一応、初代作品からだいたい通しで
 (⌒`::::  ⌒ヽ   やってるのでそれなりの知識なはず
  ヽ:::: ~~⌒γ⌒) 
   ヽー―'^ー-'  
    〉    │    参考になれば幸いです。

[りゅ~さん的”みんゴル”お約束]


① 打つ前に各数値を見るようにしよう

 ●見ないと痛い目にあう事、必須級の大事な数値で
  下記画像の赤丸で囲ってるのがそうです。
  (計7つ)



 ●まずは上から見た”コースの全容”を見て、この
  ホールをどう攻略するか考える。


 ●見るのは、ショットゲージの上にある線。
  これは、ショット直線上の高低差を表してます。

 ●この画像だと10%位置から下りになり40%から
  60%にかけて上り、以降はフラットとなる。


 ●右上にある風を意識して落とす場所を調節する。

 ●弾道が高くなればなる程距離が伸びれば伸びる程
  風の影響は強くなる。

 *高低差や風の読み方、ライのブレ幅などは長く
  なりそうなので別で記事を作りたいと思います*


 ●右下にある”ボールの位置(ライ)”や下の”~%”は
  見る癖を付ける事。

 ●この画像だと、ティーショットなので位置の傾きは
  なく、”飛距離が97~100%ブレる”表記です。
  *JIに近いほどブレは小さくなります*

 ●紫ゲージはサイドスピンのかかり具合
  青ゲージはトップ&バックスピンのかかり具合。
  *あまり気にしなくてもいぃかな?w*

 ●特に2打目以降の”ライの傾き、%”は必ず見る事

   

 ●”左図の白ゲージ”と”右図のボールから伸びる白線”
  コレは最大これぐらいブレますよっていう指標。
  JIに近いほどブレは小さくなります*

 ●□を押したパワーショットはブレが大きくなります。

  

 ●上記はラフ、バンカーに入った時の右下画像

 ●バンカーを例に言うと
  ライがは左に下がっているので打つと左にブレる
  ゲージの70~90%しか距離が出ない


 ●これは現在地からグリーンの高低差を表記した
  数値になります。

 *高低差や風の読み方、ライのブレ幅などは長く
  なりそうなので別で記事を作りたいと思います*


② 各番手のキャリーをだいたいで覚えておく

 ●キャリーとは
  打った直後から地面に着弾するまでの空中間での
  飛距離を言い、バウンド後の転がりを”ラン”という。

 ●1Wに近いほど弾道が低くなり、キャリーは短く
  ランが伸び風の影響が小さくなる。

 ●SWに近づくほど弾道が高くなり、キャリーが
  伸びてランが短く風の影響が強くなる。

 ●キャリーを覚える事で
  障害物を超えれるのか?どうかの判断がしやすく
  なりコース攻略が安定する。


③ スピンを使用するに当たっての注意点


 ●十字キー を押して打つ”トップスピン”の場合
  ・飛距離のブレ幅が表記より高い数値で小さくなり
   左右のブレも小さくなる。

  ・キャリーが短くなりランが伸びる弾道になるため
   直線状に障害物やラフ、バンカーがない事を前提で
   打つようにする。

 ●十字キー を押して打つ”バックスピン”の場合
  ・飛距離のブレ幅が表記の低い数値が出やすくなり
   左右のブレも大さくなる。

  ・キャリーが長くなりランが伸びない弾道になるため
   打つ場所より高い位置にあるフェアウェイやカップ
   直線状に障害物やラフ、バンカーを避ける時に使用。

 ●十字キー or を押して打つ”サイドスピン”の場合
  ・飛距離のブレ幅が表記の低い数値が出やすくなり
   左右のブレも大さくなる。

  ・弾道が左右に曲がりながら飛ぶため、直線状や
   落下地点付近に障害物やラフ、バンカーがあるのを
   避ける時に使用。


 ●使用例)1
  ・カップ手前の真ん中~右側は池がありキャリーが
   伸びなかったり右にショットがブレると1ペナの
   危険がある。

  ・逆に左側の手前には、広大なフェアウェイと
   グリーンがあり落とし所に困らない。

  A. 安全に1オンを狙うなら、十字キー に押し
   ながら打ちカップを狙うのが定石かな?

  *風や高低差、凹凸は無視してます*


 ●使用例)2
  ・カップ手前の真ん中より右側にバンカーがあり
   キャリーが伸びなかったり、風の読み違いや
   インパクトがブレてボールが右に飛んでいくと
   2打目が苦しい場面になる可能性あり。

  ・逆に真ん中から左側の手前には、直線状に
   バンカーはなく安全そう。

  A. 安全に1オンを狙うなら、十字キー に押し
   ながら打ちカップを狙うのが定石かな?
   ……なのですが!
   手前のフェアウェイは左 → 右へ流れてる為
   ランが右へ大きく逸れる
可能性があるので
   注意して左側を打つ必要があります。


④ ティーショットは2打目を意識して打つ事

 ●どんなけ飛距離を出してグリーンに近づけても
  2打目が目の前に”木”や”草むら”等の障害物が
  あると満足なショットが打てなくなります。


 ●障害物の確認は勿論フェアウェイの傾きを確認して
  キャリーから着弾後のランがどう転がっていくのか
  予測する上でも見る癖は付けとくようにしたい。


 ●カメラを動かして”L2”を押す事で上記のように
  2打目の予測地視点を見る事ができます。

 ●着弾点手前の黄色い囲いは高低差や風を無視した
  MAXショットで、だいたいボールが止まる場所。

 ●カップまで、おおよその残り距離も見れて便利。


⑤ パターは気持ち強めに……

 ●まず下記画像で注目するのは赤丸で囲った3箇所。



 ●フラッグ・マークは高低差を無視したカップまでの
  距離ゲージとなっており、高低差がフラットな場合
  ゲージ通り打つとちょうど良い力加減となってます。

 

 ●次に高低差を見ます。
  この場合、上り3cmですが簡単に計算すると
  残り距離+(高低差3cm÷10)= 3.5m って
  私はしてます。

 ●注意してほしいのが
  今、使用しているのが5mパットなのか?
  10mパットなのか?確認しないとMAXで
  打っても距離が足りなかったりします。
  *□ボタンで変えよう*

 ●ちょうどを狙って少し距離を残すより気持ち強めに
  打つ事によって、左右の曲がりを抑える事ができる
  ので私はオススメしてます。
 *極端な下り(10cm以上)の場合は除く*

 ●左右の流れ方の予測は経験が物を言うので
  ひたすら数を打って練習あるのみw

⑥ 各コース攻略はハイリスク ハイリターンな
 打ち方は捨ててローリスク ミドルリターンを


 ●無茶無謀な攻め方をして失敗するリスクを考えると
  安定した場所へ落とし確実にカップへ近づける事を
  練習した方が、スコアは伸びるかと思います。
  *何事にも例外はありますが……*


            /\            
           /   \          今回は、初めたばかりの人用と
         /..∩   ∩\        して書いてみました。
       /  ∪   ∪  ヽ       
        |     ヽΛ/     |      
        \        __,/       この6箇条っぽいのを意識する
        /            \      だけでもスコアは、安定してくると
       | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  トン   私は思います。
    _(,,) バ~イッ    (,,)_    
    /  |    センキュッ!.|  \   
  /    |__________」 .  \  

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事