幻想郷警察署の情報掲示板

7月30日~8月13日までのGT6シーズナルイベント(レース編)

2015/08/21 23:27 投稿

  • タグ:
  • グランツーリスモ
  • GT6
  • ポリフォニー・デジタル
  • Wiki
  • シーズナルイベント
  • 山内一典
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • レース
  • グランツーリスモ6
  • 勝てる気がしない
前のイベント→準備中…
次のイベント→準備中…

■初級 コンパクトカーチャレンジ
PP400以下かつ全長4200mm以下のコンパクトカーで参戦する、初級者向けレースイベントです。
コーナーが多いストリート・オブ・ウィローは、コーナーでのオーバーテイクも不可能ではないものの、リスクを最小限にするならホームストレートからターン2への飛び込み、そしてバックストレートの2ヵ所でのパスがおすすめ。
それらの全開区間でオーバーテイクするには、車重よりもパワー優先のチューンが有効です。
・開催期間:2015年07月30日 12:00 ~ 2015年08月13日 12:00
▲レギュレーション
・PP制限:PP400以下
・タイヤ制限:コンフォート・ソフト以下
・カテゴリー制限:ノーマルカー
・全長:4200mm以下
・ナイトロ:装着不可
・使用コース:ウィロースプリングス ストリートオブウィロー
・周回数:3周
▲主なライバル車
・アバルト:500 '09
・スズキ:スイフトスポーツ '07
・ミニ:ミニ クーパー S '07
▲プライズ
ゴールド(1位):Cr.7,000,000
シルバー(2位):Cr.4,200,000
ブロンズ(3位):Cr.3,500,000
▲プレゼントカー
トヨタ/ヴィッツ RS 1.5'07(ゴールド)
▲備考
・コースはアメリカのウィロースプリングス ストリートオブウィロー。各地のコース幅は狭く、コースアウトすればタイムロスを起こしてしまう。
・推奨車はホンダ/フィット RS'10アルファロメオ/ミト 1.4 T スポーツ'09ルノー スポール/クリオ R.S.'11がお勧め。特にクリオR.S.は「中級 フレンチカーチャレンジ」にも参加できる利点を備えている。
 他に手を加えているクルマ(マツダ/デミオ スポルト'10アバルト/500'09ホンダ/シビック TYPE R(EK)'97日産/マーチ 12SR'07等)でも構わない。一応ノーマルのままでも優勝はできる。
 さらに4200mm以下の後輪駆動車が参加可能なので、キャリアモードで購入したマツダ/ロードスター RS(NC)'07ロータス/エリーゼ'11でもクリアは可能。
・敵車は基本前輪駆動のコンパクトカーが大半だが、後輪駆動車であるトヨタ/MR-S V エディション(6MT)'02マツダ/ロードスター 1800 RS(NB)'04トヨタ/カローラレビン GT-APEX(AE86)'83等が参戦してくる。
 更に、プレイヤーが参加できないはずのヒュンダイ/クリック TypeR'04も参加しているが、難易度に変化はない。
・注意すべき敵車は、前輪駆動車でのミニ/ミニ クーパー S'05ミニ/ミニ クーパー S'07。共に1位と2位のグリットに付くことがある。しかし大半が片方しか参加しない。
 また、ミニクーパーが参加してなくても、代わりにホンダ/シビック TYPE R(EK)'98プジョー/207 GTi'07プジョー/206 RC'03ルノー スポール/クリオ R.S. 2.0 16V'02が1位になることがあるが、難易度はミニクーパーが参加しているのより低くなる。
・プレイヤーは1位のライバルカーより、約20秒遅れてスタートする。
・プレゼントカーのトヨタ/ヴィッツ RS 1.5'07は、性能的にコンパクトカーの中でも良い方であり、コストパフォーマンスは優しい方。特にキャリアモードの国内Bクラスまで持ち込めるので、ある意味戦力となる…のだが、最初に手に入れるホンダ/フィット RS'10等がある為、今更感が強すぎる。ヴィッツが好きな方は手に入れよう!

■中級 フレンチカーチャレンジ
PP450以下のフランス車(ノーマルカー)限定の中級者向けレースイベントです。
レースの舞台は、長いストレートを持つディープフォレスト・レースウェイ/逆走。
全開区間が長いだけでなく、最終コーナーから上り勾配になるのでチューニングはとにかくパワー重視がおすすめです。
中・高速コーナーで踏ん張れるよう、足まわりもしっかりチューンして挑もう!
イベント開催期間:2015年07月30日 12:00~2015年08月13日 12:00
▲レギュレーション
PP制限:PP450以下
タイヤ制限:スポーツ・ハード以下
カテゴリー制限:ノーマルカー
国:フランス
ナイトロ:不可
使用コース:ディープフォレスト・レースウェイ / 逆走
周回数:5周
▲主なライバル車
ルノー スポール:クリオ R.S. '11
プジョー :RCZ '10
プジョー:205 ターボ 16 '85
▲プライズ
ゴールド(1位):Cr.13,000,000
シルバー(2位):Cr.7,800,000
ブロンズ(3位):Cr.6,500,000
▲賞品
プジョー/307 CC プレミアム AVN'04(ゴールド)
▲備考
・中級と書かれてはいるのだが、拍子抜けするほど敵車が遅い。
 例えば、足まわりをチューニングしたプジョー/205 ターボ 16'85で出場すれば、1周目後半で1位になれる。
・フレンチカ―とはフランス車の事を指す。その名の通りフランス車以外は参加できない。
 推奨車は「初級 コンパクトカーチャレンジ」で使ったルノー スポール/クリオ R.S.'11やキャリアモードのプレゼントカーであるルノー スポール/メガーヌ R.S. トロフィー'11、ヒストリックカーで有名なアルピーヌ/A110 1600S'72等でいいだろう。
 ただし、タイヤ制限でスポーツ・ハードまでとなっている為、前輪駆動車ならアンダーステアが、後輪駆動車ならオーバーステアが誘発しやすいので、サスペンションなどで足まわりをセッティングしておこう。
・そもそもフランス国籍のクルマでPP410±10が少ないため、1車種につき2台体制で参加してることが多い。ただ、あまり難易度に変化はない。
・注意すべき敵車はルノー スポール/メガーヌ R.S. トロフィー'11。よく1位と2位のグリットに付く。
・コースは珍しいディープフォレスト・レースウェイの逆走Ver。特に順走とは違い、1コーナーが高速コーナーになっている事と、中盤のテクニカルセクションが上り気味になっている事。
 慣れてないプレイヤーは、事前にガレージのフリーラン等で練習しておこう。
・稀に、ルノー スポール/クリオ V6 Phase 2'03アルピーヌ/A110 1600S'73等が2コーナーでスピンやクラッシュを起こし、他の敵車を巻き込む事がある。
 最大で5~6台が巻き込まれたり避けたりしながらスローダウンして、オーバーテイクを難しくさせる時があるので、慎重に避けよう。
・プレゼントカーのプジョー/307 CC プレミアム AVN'04は、前輪駆動車にしては良い性能を持っていて、チューニングによってはキャリアモードの国内Aクラスまで戦力になるはずだ。しかし、こちらもフィットRS等のせいで、今更感が初級同様強い。
 プジョーが好きな人は愛を持って貰おう。

■上級 グループ GT3カーチャレンジ
PP600以下のレーシングカーで参戦する、上級者向けレースイベントです。
テクニカルなラグナセカ・レースウェイでは、ハイダウンフォースでコーナリングスピードを稼ぎ、
ギア比を調整してタイトコーナーを素早く立ち上がることが上位入賞の秘訣。
最大のオーバーテイクポイントはホームストレートからターン1。
最終コーナーをうまく立ち上がってライバルカーのスリップストリームに入ろう!
イベント開催期間:2015年07月30日 12:00~2015年08月13日 12:00
▲レギュレーション
・PP制限:PP600以下
タイヤ制限:レーシング・ハード以下
カテゴリー制限:レーシングカー
ナイトロ:不可
使用コース:ラグナセカ・レースウェイ
周回数:5周
▲主なライバル車
BMW:Z4 GT3 '11
メルセデス・ベンツ:SLS AMG GT3 '11
日産:GT-R ニスモ GT3 N24 シュルツモータースポーツ '13
▲プライズ
ゴールド(1位):27,000,000
シルバー(2位):16,500,000
ブロンズ(3位):13.500,000
▲賞品
ホンダ/インテグラ TYPE R(DC5)ツーリングカー'04(ゴールド)
▲備考
・イベント名に「GT3」とあるが、実際にはFIA-GT1等が出走している。いつもの上級レーシングカーイベントと変わらない。
 特にBMW/マクラーレン F1 GTR レースカー'98がトップにいると、上級者でも最後まで追い付けなくなることも。代わりに上級では参加頻度が多い事で有名なトヨタ/TS030 ハイブリッド'12が参加してない事。
 ちなみに、敵車に紛れて期間限定のスペシャルイベント「GTアカデミー 2015」のRound2に登場した日産/GT-R ニスモ GT3 チームRJN'13のGTアカデミー2015仕様が参戦することがある。生暖かい目で見守ろう。
・一応プレイヤーもFIA-GT3以外のマシン(GT500ラリーカール・マンカーVGT等色々)で参加可能なので、(PPを600に合わせる必要があるが)思いうる最強のマシンで挑もう。
 特におすすめなのはトヨタ/TS030 ハイブリッド'12シャパラル/2J'70。特に前車は強敵のF1 GTR'97がいても勝てる…はず。
 もちろん、グランツーリスモ6攻略Wikiでも推奨している日産/GT-R R35 ツーリングカーシボレー/コルベット Z06(C6)LM レースカー'06マクラーレン/F1 ステルスモデルもお勧めだ。R35 TCなら安定性が抜群で、Z06 LMはバランスに特化、F1 SMは購入価格が高いものの速い。自分に合ったマシンで参加しても良いし、それ以上のマシンでも構わない。
・今回もグリップ低下が"リアル"になっているので注意。使用コースはラグナセカ・レースウェイであり、道幅は狭く、左右はダートゾーンとなっている。
 その為、四輪駆動車ならまだしも、後輪駆動車ならタイヤ1本ダートゾーンに落とすとスピンやコースアウトする恐れがある。
 特に名所である"コークスクリュー"は、出来るだけ慎重に通過しよう。姿勢を乱せばタイヤバリアに突っ込む羽目になってしまう。
・上級イベントではお馴染みとなってきた、敵車によるコースアウトが第1コーナーや最終コーナーなど各地で発生している。(特にフォード AU/2000 フォードファルコン XR8等が)
 敵車が勝手にオーバースピードでコーナーに突っ込んでコースアウトしているのならいいが、自車が巻き込まれると手痛いタイムロスを起こしてしまう。ちなみに、ワザと敵車をコースアウトに誘発させることもできるので、敵車が運よく罠に引っかかったなら有り難く抜いておこう。
・プレゼントカーのホンダ/インテグラ TYPE R(DC5)ツーリングカー'04は、前輪駆動のレーシングカーの中でも優秀であり、かつ自分なりにカラーリングをやゼッケンを変えることが出来るので、まだ購入してない方は貰っておこう。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事