幻想郷警察署の情報掲示板

BMWのソーシャルメディアと連携したフォトイベントを開催(グランツーリスモ6イベント)

2014/08/01 00:44 投稿

  • タグ:
  • グランツーリスモ
  • GT6
  • グランツーリスモ6
  • BMW
  • ソニー・コンピュータエンタテインメント
  • ポリフォニー・デジタル

公式サイト:グランツーリスモ・ドットコム
BMWと「グランツーリスモ」のコラボレーションにより、ソーシャルメディアと連携したフォトイベントを8月26日まで開催中です。毎週変わるBMWのテーマ車両を『グランツーリスモ6』のフォトモードを使って撮影し、以下のどちらかの方法でFacebookまたはTwitterでご投稿ください。

テーマごとに優秀作品1枚が選ばれ、BMWと「グランツーリスモ」それぞれのグローバルFacebookページおよびTwitterで紹介されます。双方あわせて全世界累計2,000万人以上となる閲覧者の皆様に、あなたの作品を届けるチャンスです。たくさんの皆様のご参加をお待ちしております。

■投稿方法
1.「グランツーリスモ」のグローバルFacebookページ(英語)のタイムラインに、下記指定のハッシュタグと共に画像を投稿。

2.「グランツーリスモ」のグローバルTwitterアカウント(英語) @thegranturismo に対して、指定のハッシュタグと共に画像をツイート。

※フォトモードで撮影した画像をアップロードする方法については、本ページ下部の関連リンクをご参照ください

【スケジュール】
Week 1: 2014年7月29日 00:00~8月4日 23:59 JST
テーマ車種: BMW ビジョン グランツーリスモ

車両紹介↓
 1970年代、ツーリングカー選手権で大活躍を演じたBMW。その当時の興奮と熱気を現在に蘇らせるべく、BMWデザインチームがビジョン グランツーリスモのために生み出したのが、このモダンなロードレーサーだ。
 完璧なプロポーションと艶やかなシルエットは、静止状態にあってもスピードを感じさせるような躍動感に満ちている。 フロントとリアのスポイラーはその空力制御により適切なダウンフォースを生み出し、抵抗を低減するだけにとどまらず、カーボンファイバー製にすることで全体の軽量化にも貢献している。
 ボディ全体を彩るBMW Mのカラーリングは、クルマのエアロダイナミクスを強調し、さらにBMWモータースポーツとしての誇りや栄光を表現している。
 搭載されたテクノロジーにも一切の妥協はない。Mツインパワーターボの技術が注ぎ込まれたパワフルな3L直6エンジンは、404 kW(549PS)/6,200~7,300rpmという圧倒的なパワーを発生するいっぽう、わずか1,900rpmで680 Nm(69kgfm)という分厚いピークトルクを生み出す。その怒涛の力をリアアクスルへと伝えるシーケンシャル6速トランスミッションは、ステアリングコラムのシフトパドルで操作が可能だ。
 これだけのパワートレインを備えてなお、BMW ビジョン グランツーリスモはわずか1,180kgと劇的に軽く、しかも前後50:50という理想の重量配分を実現している。BMWのレースの血統と最新テクノロジーが融合した鮮烈なビジョン グランツーリスモ。ドライビングの衝動を刺激する1台だ。
ハッシュタグ: #BMWPhotoVGT (Twitter, Facebook

Week 2: 2014年8月5日 00:00~8月11日 23:59 JST
テーマ車種: BMW M4 クーペ

車両紹介↓
 2013年夏、BMWは3シリーズのクーペ/カブリオレを、4シリーズという新しいモデルラインとして独立させた。これに伴い、3シリーズのハイパフォーマンスモデルとして君臨してきたBMW M3 クーペは、新たにBMW M4 クーペへと生まれ変わることになった。
 この「最新のM」の詳細を見てみよう。BMW M4 クーペは、自然吸気エンジンの高回転特性とターボ技術の力を合体させた「完璧なスーツをまとったアスリート」として生まれた。「俊敏」で「ダイナミック」かつ「パワフル」。技術陣はこの3つの完璧なバランスを目指したという。
 まず語られるのはその高いパフォーマンス性能だ。アルミボンネットの下に収まるエンジンには、Mツインパワーターボを備えた伝統のストレート6。徹底した軽量化により1,497kgを達成した車重と相まって、0-100km/h加速はわずか4.1秒でこなす。
 Mシリーズの伝統でもあるハンドリングの素晴らしさはもちろん健在。アクティブMデフ、アダプティブMサスペンション、M専用DSCの組み合わせで、最高のドライビングプレジャーを味わわせてくれる。
 そのダイナミックなプロモーションも見逃せない。BMW特有の低いボンネット、長いホイールベース、短いフロントオーバーハングと後ろよりのキャビン。フロントの大型エアインレットの流線型デザインやレーシーな低いリアは、その高性能さを静かに主張している。カーボンファイバー製の流れるようなルーフラインは、強靭さだけでなくエレガントさも併せ持っている。
 特に目をひくのは大型エアインテークを3つ備え、パワフルさを演出するフロントリップだ。宝石のように緻密に計算されたカットとシャープな曲線で構成され、一度見たら忘れられない味わい深いデザインだ。エアブリーザーを内蔵するフロントフェンダーの「Mギル(エアアウトレット)」と相まって、効率的に空気を取り込み、エンジンを冷却する重要な役目を果たしている。
 Mシリーズの血統ともいえるスピードへの憧憬、ターマックを自在に駆け抜けたいという欲求。BMW M4 クーペにはその両者があふれんばかりにみなぎっている。
ハッシュタグ: #BMWPhotoM4 (Twitter, Facebook

Week 3: 2014年8月12日 00:00~8月18日 23:59 JST
テーマ車種: BMW 507

車両紹介↓
 第二次大戦の終結から約10年経った1955年のフランクフルトショー。BMWにとって1930年代の名車328以来となる本格スポーツカーがデビューした。
 507と名付けられたそのクルマは、その前年にデビューしたメルセデス・ベンツ300 SLに対抗すべく開発された高級路線のオープンスポーツカーだ。同時にデビューしたラグジュアリークーペ&カブリオレの503よりもさらに優雅に美しいそのスタイリングは、世界中から絶賛された。
 スタイリングデザインを行なったのは、レイモンド・ローウィの愛弟子、アルブレヒト・フォン・ゲルツ。同時にデザインしたハードトップを装着することで、流麗なクーペボディに変身させることも可能だった。
 専用設計のシャシーに、第二次大戦後初のBMWの新型車であった501/502シリーズから流用したV型8気筒OHVエンジンをチューンナップして搭載。そのエンジンは3168ccで150PS/24.0kgfmを発揮し、最高出力は200km/hと発表された。
 その頃のドイツは戦争で受けたダメージからまだ回復しておらず、国民の多くは大衆車を買うことすら大変な経済状況だった。そのような中、BMWは戦前同様の高級車とバブルカーのイセッタのみという両極端なラインナップしか持たなかったため、経営難に陥りつつあった。さらにメルセデス・ベンツ300 SLより安価であることを目指した507が、開発コストがかさんでしまったことなどが原因で、結果的に300SL並みの高価格車となってしまったため、販売は不調。結局507は1956年の終わり頃から59年にかけて、わずか252台が販売されただけで生産打ち切りとなってしまったのである。
ハッシュタグ: #BMWPhoto507 (Twitter, Facebook

Week 1: 2014年8月19日 00:00~8月26日 23:59 JST
テーマ車種: BMW Z4 GT3

車両紹介↓
 BMW Z4には初代のE85/E86時代からBMWモータースポーツの開発によるFIA-G3規定のレーシングマシンが用意され、プライベーターを中心に世界各国のGTレースに出場してきた。
 2代目となるE89型をベースとしたGT3マシンが走り始めたのは2010年のこと。2009年にデビューしたプロダクションカーのZ4は、従来のロードスターとクーペの2本立てという構成をやめ、いわゆるクーペ・カブリオレ式に一本化されたが、GT3マシンはそのルーフラインをそのままに開閉構造を排除して固定化し、大型のフロントスポイラーやリアウイング、大きく張り出した前後のフェンダーなどで武装。ボンネットやルーフ、前後フェンダー、ウイングなどをCFRP製としたことで、ノーマルよりおよそ300Kg軽い1200Kgへの軽量化に成功した。
 搭載エンジンはストレート6からE92型系M3の4L V8に換装され、ECUのチューニングなどで480PSを発揮。6速シーケンシャルミッションが組み合わせられた。またABSも競技用の専用開発品が与えられ、フロントアクスルも新設計されるなど、既定の範囲内でかなり攻めの姿勢で開発されている。
 2011年モデルではさらに驚くほどの進化を遂げた。フェンダーがさらにワイドに、そしてボディ全体により空力を意識したディテールが与えられ、同時にパワーユニットが4.4Lにへとチューナップされて515PSを得た。6速シーケンシャルミッションもパドルシフト式へと改められている。
 この2011年モデルのZ4 GT3は同年のFIA-GT3選手権で2勝、ニュルブルクリンクとスパの2つの24時間レースでそれぞれ総合2位を獲得するなど、激戦区のレースで優れた結果を残した。
ハッシュタグ: #BMWPhotoZ4GT3 (Twitter, Facebook
------------------------------------------------------------------------------------------------
●関連リンク
PlayStation®3 ユーザーガイド:画像ファイルをコピーする
グランツーリスモ6オンラインマニュアル: ギャラリー
「グランツーリスモ」グローバルFacebookページ(英語)
「グランツーリスモ」グローバルTwitter(英語)
BMW Facebookページ
BMW Twitter
BMW M
BMW M Facebookページ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事