鉄塊の政治哲学っぽい解説

外国人参政権はまずい

2021/02/22 21:29 投稿

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません

始めに

諸注意

・誤字脱字、論理の飛躍や矛盾があったらコメントにて報告してもらえると助かります。

・わからないところがあったらコメントとTwitterに連絡をください。

・当たり前から問題を解説すること、わかりやすく簡潔に解説することを目標にしています。

・この記事内での考えは基本的に筆者の考えです。

・いつかは時事問題にも取り組みたいと思っています。それを解説するための当たり前がたまっていくフォルダから目をそらしつつ。

・その他要望等がありましたら、コメントかTwitterを使って連絡してください。

・週一更新を目標に頑張っていきます。

外国人参政権をするのはまずいとよく聞きますが、どうしてまずかを今回は解説していきます。このまずさを簡単に述べれば、居候に家計を握らせることです。(あるいは、大家が居住者に賃貸契約の条件を作らせることです。)

これだけでほぼ全部なのですがまだ納得しない人がいると思うので、もう少し掘り下げていきます。

外国人参政権に対して、賛成の意見としてよく聞くのが、「日本に住んでいて税金を支払っているのにその税金の使い道に意見できないのは不公平」というものです。

 先ほどの例を使えば、居候が家主にお金を払っているから、家計を握ることを許可することです。なんでこれがまずいかと言えば、居候が家計を握ることによって、払っているお金の分以上のことが行えるからです。家計を握る前からの貯金についても使うようになったら、それは払っているお金の分以上のことをしています。

 これを国に例えれば、国民の税金がつぎ込まれて出来たものを、その分の税金を払っているとは言えない他国の人が、好きに使えるようになるのはまずいです。

最後に外国人参政権に賛成する未来がどうでも良い人に一言述べて、本記事を締めくくりたいと思います。

別に居候に家計を握らせる人がいても、良いと思いますよ。他の同居人が許すわけがありませんが。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事