鉄塊の政治哲学っぽい解説

民主主義の勝利とは一体?

2021/01/24 21:16 投稿

  • タグ:
  • 米国大統領
  • バイデン
  • 政治
  • 民主主義

今回は新しい米国大統領が就任一言意見が出てきたので述べます。

バイデン氏が米国大統領になり、民主主義が勝利したみたいな話が言ったようですが、これは違うと思います。

 民主主義の回で述べましたが、民主主義はより多くの国民が納得する意見によって国家を運営する政治体制のことです。民主主義の否定である独裁政治、暴力的手法によって政治を運営していた政府を打倒して、バイデン氏が大統領になったわけではないので、民主主義が何に勝利したのか意味不明です?

トランプ前大統領は独裁していたように見えましたが、周りの意見にあまり声を傾けず、米国の法律に許された範囲だけで一応政治を行っていたはずです。

大統領がバイデン氏になったことが何に勝利したかと言えば、トランプ前大統領の支持者の思想アメリカ第一主義に勝ったのです。この思想もアメリカ国民の意志の一つですからバイデン氏が大統領になって民主主義が勝ったとか良くわかりません。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事