MTG好きがぶぅーと吹く♪ブログ的避難所

タルキール後の新環境スタンダード   ~ティムール・フラッシュ~

2014/09/19 20:10 投稿

  • タグ:
  • MTG
  • タルキール
  • スタンダード
  • デッキ
  • ティムール
タルキールの発売日まで一週間ほどになりました。毎度のことですが、この時期はワクワクと新環境のデッキの妄想が止まりません。
自分は飽き性な上に三日坊主なもので日記やブログといったものをやったことがないのですが、思いついたときにその妄想を書き殴れるブロマガの存在は何気にありがたい。その妄想がこれを読んでくれたプレイヤーのデッキ構築の一助になれば、これまたありがたいことです。



さて、タルキール後の新環境いろいろなクランがありますが、青好きな自分としてはやはり
ティムール一択かな。 えっ・・ジェスカイ? イラストは最高なんです・・イラストは。

一応、妄想はしてみましたがジェスカイのカンである悟った達人、ナーセット》はかなり
クセがあり
構築が難航、PWコンで一応は形にはなりましたが、次環境でコントールデッキは厳しいかなというのが正直な感想です。
理由として、まず信頼できる全体除去がなくなったことと、そして条件付きですが軽量のカウンター(頑固な否認・軽蔑的な一撃)が充実している環境で、果たしてPWを無事に着地させることが出来るのか? 仮に着地出来たとしても、4マナ以降のカードパワーがすごい次環境で、反しの相手のターンの呪文をどう捌くのかという点がやはりネックとなり断念。

次環境のスタンダードは、これまでの赤緑怪物デッキに《凶暴な拳刃》に《サグのやっかいもの》や《ティムールの魔除け》を採用したティムールが覇権を握るんじゃないかと予想。
サイドボードには先ほどあげたカウンターや、消耗戦に備えて《ティムールの隆盛》なども
よさそうです。



ゴリ押しティムールも楽しそうなのですが、モダンなどスタンダード以外のフォーマットをプレイするようになってから、下環境のカードの高騰もあり、スタンダードにあまりお金をかけられなくなってしまったので、嵐息吹もポルクラノスもタルキールのシングル代金に変異してもらいました。それを元手に構築です。


          ティムール・フラッシュ

    クリーチャー(17)                           呪文(17)
4《森の女人像》              3《頑固な否認
4《加護のサテュロス》          4《解消 
2《龍爪のスーラク》           3《精神振り      
2《クルフィックスの預言者》       3《霊気渦竜巻
2《彼方の神、クルフィックス》      3《時を越えた探索
3《サグのやっかいもの》         1《ギルドパクトの体現者、ジェイス

  土地(26)                     サイドボード(15)
8《島》                 3《軽蔑的な一撃  
7《森》                 1《頑固な否認  
1《山》                 3《霧裂きのハイドラ         
4《神秘の神殿》             3《神々の憤怒
3《天啓の神殿》             2《部族養い
3《樹木茂る山麓》            2《霊気のほころび
                     《ギルドパクトの体現者、ジェイス

デッキのコンセプトは、基本はドロー・ゴーで相手のターンにはカウンターを構え、ターン終了時に瞬足持ちのクリーチャーを展開していきます。決め手は《サグのやっかいもの》に加えて、このカード。




X点を火力を内蔵したカウンター、《精神振り》です。このデッキの勝ち手段の1つですが、これ単体では大した働きは期待できません。しかし、このカードもデッキのキーカードである
《彼方の神、クルフィックス》と合わせればとんでもないことになります。
クルフィックスてどんなんだっけ?って方も多いと思いますが、(自分も存在を忘れてました)
案外いけそうな気がしています。





この《彼方の神、クルフィックス》の能力を使って大量の無色マナを《精神振りに全ブッパします。《クルフィックスの預言者》が同時に場にいれば、2ターン後には20マナくらいは貯まるので、カウンターでフォローしつつ、一撃必殺のX点火力を叩き込めるはずです。
神の顕現もマナ拘束がきつめのクリーチャーが多いので、用意に達成出来そうなのも高ポイントです。この神様、お値段はなんと160円。やっす!!



サイドに関しては、まだどんなデッキが出てくるか分からないので、無難なものにしておきました。赤単や赤黒アグロのような高速のデッキには《神々の憤怒》や《部族養い》を。
青系のティムールやコントロール対策に《霧裂きのハイドラ》を採用しています。
《霧裂きのハイドラ》もXマナのマナコストを持つクリーチャーなので、このデッキとは相性がよさそうです。



長くなりましたが、次に自分が使うデッキはこんな感じです。う~ん、早くまわしてみたい。
海外発注の店でシングル買いをしたので届くのはまだ大分先になりそう。発売後はニコ生で開封枠や対戦放送を見ながら、新環境を勉強する予定です。

それでは、皆さんよいMTGライフをノシ

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事