風月放談

飲んでみた / シングルモルト余市:リニューアルノンエイジ版(記事初出:2015/11/15)

2016/08/28 07:45 投稿

  • タグ:
  • ウイスキー
  • アサヒ


※市場の商品は10年ものですが、実際に飲んだのはノンエイジです。



 先日の記事で書いた通り、試飲を目的に新ノンエイジ余市を探してみたところ、某家電量販店でベビーボトルを売っていたので購入。ちなみにそちらでは1,080円(税抜価格)でした。アルコール度数は45%。
 まずはとにかくストレートで。グラスに――といきたいところですが、好きなくせに弱いのでぐい呑みに。(*´ω`*)
 飲む前に嗅いでみると、なんともフルーティな香りが。「意外と?」とちょっと期待感が首をもたげる。

 さていよいよ口の中に。サントリーオールドよりは弱いですが、旧ノンエイジよりアルコールの刺激が強くてとてもピリピリします。スモーキーな香りが旧ノンエイジと同じく鼻を抜けますが、アルコールの刺激でとてもそれを楽しめませんでした。
 アルコールの辛味が強く、酸味も。とげとげしさが強く、人によっては飲みにくさを感じるかも。これは殆どの人が旧ノンエイジの方が良かったと感じるのも頷けます。
 ただ、リニューアル仕立てというのもあるかもしれません。新しく開店した飲食店が、開店当日に行った時には美味しく感じなかった料理が、時を経て再訪した時には美味しくなっていたこともあります。メーカーが初期の厳しい評価を受けて、徹底的に改善してくれることを期待します。


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事