個人的に気になった ロータカのブロマガ

オススメのアニメ プラネテス

2017/11/15 23:36 投稿

  • タグ:
  • プラネテス
  • アニメ
  • 宇宙
  • デブリ
  • サラリーマン
  • 無料視聴
  • PV
今回はお勧めアニメを紹介したいと思います。
それはプラネテスです。


時代は2070年代(2075年以降)。人類は宇宙開発を進め、月面でのヘリウム3の採掘など、資源開発が商業規模で行われている。火星には実験居住施設もあり、木星・土星への有人探査計画も進んでいる。

毎日、地上と宇宙とを結ぶ高々度旅客機は軌道上と宇宙とを往復し、宇宙ステーションや月面には多くの人たちが生活し、様々な仕事をしている。
しかし、長い宇宙開発の歴史の影で生まれたスペースデブリ(宇宙空間のゴミ。廃棄された人工衛星や、ロケットの残骸など)は軌道上にあふれ、実際にたびたび旅客機と衝突事故を起こすなど、社会問題となっていた。

また、地上の貧困・紛争問題は未解決のままで、宇宙開発の恩恵は、先進各国の独占状態にある。このため貧困による僻みや思想的な理由付けによるテロの問題も、また未解決である。

主人公のハチマキは宇宙で働くサラリーマン。主な仕事は宇宙のゴミ「デブリ」の回収作業。いつか自分個人の宇宙船を所有することを夢みている。ゴミ拾いは大事な仕事だと自分を納得させつつ、当初の夢と現実の狭間でこのまま現実を受け入れるか、それとも夢を追い求めるか思い悩む。



Wikipediaより)

実際、これをNHKの予告をで見たときから気になっていました。

当時はビデオテープが主流でレンタルして何度も見ました。

この作品のいいところは、登場人物が皆大人という所です。
舞台は宇宙ですが実際の中身はサラリーマン生活をしている空気がよかったです。

なにより、実写でもいける内容だったことです。
ヒロインの田名部愛は社会人離れしているのに芯が通っている所や
主人公のハチマキ(星野八郎太)と対立をいつもしてる部分に考えさせることが多かったです。
アニメーション自体はそれほど、最新の技術を使ってないのに内容でここまでおもしろいのは
なかなかないです。
毎回 最終回のような話の終わり方はとても印象的です。

当時DVD版が出た際、「高齢者が買っている」と監督がインタビューで言っていたのも印象的でした。


今仕事に悩んでいる人や将来に不安を抱えている人にはお勧めの一本です。



バンダイチャンネルにて好評配信中!
(第1話は常時無料配信中)









コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事