あへ単複のブロマガ

パッキャオVSメイウェザーを観た母の感想

2015/05/04 04:16 投稿

  • タグ:
  • ボクシング
  • スポーツ
  • マニー・パッキャオ
  • フロイド・メイウェザー
俺は天皇賞春を現地生観戦していたので、パックVSメイは録画していた。

俺が家に居ない間、母は実況生中継で世紀の一戦をWOWOWにて観戦したらしい。

俺が春天観戦から帰った時には母は入れ違いで出かけていて居なかった。
俺は早速録画を観た。

【先に俺の感想から】
俺の感想としては判定にも試合内容にも不満は特に無かった。
パックにはメイをもっと追い込んで欲しかったが、メイがそれをさせなかった。
だからやっぱりメイは凄いと思ったし、パックも見せ場は十分に作ったと思う。

ネット上にてこの試合を「塩試合」だの「凡戦」だの「メイは逃げてばっかりでつまらん」とか言う人がいるのは残念だったが、意見が違う人がいるのは当たり前だから仕方ないね。

俺はパッキャオよりもメイウェザーの方が好きだけどパッキャオにメイを倒して欲しかった。
メイ有利の下馬評を誰もが納得できる形(KO)で覆す!そんなドラマチックな展開を期待したのだ。

その期待は外れた事になるが、試合前の雰囲気とかメイウェザーの試合後のドヤポーズ(俺はああやってブーイングを受けるのはメイのファンサービスやと思った)とか面白い要素は他にいくらでもあったし十分楽しめた。

仮にメイウェザーが「打ち合い(この場合の打ち合いというのはお互いにダメージを沢山与え合ってタフネスを競うような展開)」を希望する人達の期待に応える形でパッキャオに打たれながらガンガン前に出て打ち合う様だと、ファンを意識して勝敗を度外視する様なメイのボクシング(最早それはボクシングと言えるのか?プロレスではないのか?)をパッキャオが粉砕したとしてもそれは茶番にしか見えないのではないだろうか。

という風に試合後のネット上の評判を見ながら受け売りしつつ色々考えていると、母が帰ってきた。

※母は普段ボクシング中継は滅多に観ません。

【母の感想】
俺「おかえり、試合観た?」
母「観たよ」

俺「どうだった?」
母「どうだったって?」

俺「いや試合の感想よ」
母「あの人(パッキャオ)はいかにも挑戦者らしい戦い方で前に出てたけどアカンかったね・・・」

俺「判定とかどう思った?」
母「それはもう試合終わった瞬間、相手(メイウェザー)が勝ったと思ったよ」
「あの人(パッキャオ)のパンチは途中から当たってなかったやろ」
「いかにも挑戦者らしい前に出る戦い方やったけど・・・」
「技術的な事は何もわからないけど、観ていて相手の方が何枚も上手やと思ったよ」

「お母さんは技術とかそんなんよくわからんけど、そういうの以前にあの人はその・・・ああいうの・・・議員とかやってるんやろ?国を良くしようとか思ってるか知らんけど二足のわらじではアカンと思うわ。だってあの人挑戦者やろ?」(母は統一戦というのを知らない)

「試合観たら相手の人は強いと思ったし、ああいう事(議員を)続けてたら勝てないやろ」

俺「パッキャオが判定に文句言ってたのはどう思った? 俺はアレびっくりしたんやけど」
母「あれでああいう事言うんやったらもう(ボクシングを)やらん方がええやろ、やったらアカン」
俺「でもパッキャオはもう一回メイウェザーとやりたいからああいう事をワザと言ったんかもしれんで」
母「もう一回って・・もうやらん方がええと思うわ(笑)」
「あの人(パッキャオ)もええ歳やけど、相手の方が年上なんやろ?それで負けてるねんから・・・」
俺「流石に今回は議員活動の方は休んでたんと違うか?俺もよく知らんのやけど・・・」

母「議員やる時点で引退するのが当たり前ちゃうの?」
「あの時点(議員やってる時点)で立派な事やけどちょっとおかしいとは思ってたからねぇ」

※母はNHKスペシャルのマルケスVSパッキャオのドキュメンタリーを見ていたので、パッキャオの境遇は何となく知っている。

【最後に俺のニワカぶりを】
試合後の判定の発表にて
リングアナ「マニーィイイ!」
俺「え?マニーパッキャオの勝ち?ウソやろ?マジで?」
リングアナ「メイウェザーァア~ァン!」
俺「・・・・」

俺「そういえばマネー(お金)メイウェザーやったな・・・」

おわり


コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事