梵天的楽天放送 政治・経済・株式・為替

ブログネタ:人に勧めたい本 参加中 ヘルマン・ヘッセ全てw

2016/02/11 05:01 投稿

  • タグ:
  • 株式
  • 為替
  • 先物
  • FX
  • 政治
  • 経済
  • 漫画
  • アニメ
  • 小説
人に勧めたい本 ブログネタ:人に勧めたい本 参加中
本文はここから


車輪の下やデミアン、知と愛。。。書くだけでは、足らん位あるw

これは思春期の時に絶対に読んでいて欲しい小説ですね。

ラノベもいいけど、思春期でしか感じられない部分が必ずあり、
それは大人ではちょっと疎くなってしまう薄い電波みたいなのがありましてw

年数経って、もう一度読んでみたら、すごくわかります。
自分は生きてていいんだって思ったもんなw
世界を壊す意味が分からなかったけど、
肩の荷が下りた気がして、すごく楽になった気がしたんだよw
マジでw

それだけの価値がある作品ですねw

親にも教えて貰えなかったことを、
この本で教えて貰いました。

一番最初に手を取ったのは、車輪の下。

ヘルマンヘッセは新潮社がいいです。
一番訳が綺麗です。
角川とかは、もう悲惨です。
金返せ!のレベルです。

出版社が違えば、こうも作品は地に堕ちるもんなのか。。。と、
余りの下らない訳に呆然とした事がある。
あの程度なら、わからんなりに原文読んだ方が感動しそうだw

平気で5P以上も風景や天気の事で書いておられる、
表現力の豊かさ。
一度、あんな風に情景描写してみたいもんです。

詩集もいいw

訳は高橋健二さんが一番綺麗な訳をしてくれます。
新潮社のヘルマンヘッセの訳は、高橋さんなので気にしないでいいです。

ラノベもちょっと失速してるから、
原点に戻って純文学もいいですよ?
時代を超えて残るものは、タイプスリップしても生き残る力が作者から引き継いでる。

何も分かっておらず、若さという力で突っ走るしかない人間なんて、
ヘルマンヘッセの作品達は簡単に打ち負かせるほど、
心に衝撃を与える槍を持ってます。

若いうちに読むのが一番です。
誰もが一度は戻ってみたい時代です。

30代に戻りたいっていうのと、
意味が全く違います。

そのときが一番ヘッセの作品は感動出来ます。
大人になったら、見過ごしてしまう事も、
思春期ならおざなりには出来ない。。。

そういう発見が出来るようになってほしいなぁw








コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事