Raulのブロマガ

ゆっくりのアクセント、発音の無声化について【ゆっくり実況、生声、声優】

2016/04/07 20:41 投稿

  • タグ:
  • biim兄貴リスペクト
  • ゆっくり実況
  • ゆっくり動画作成講座
  • ゲーム実況
  • ニコニコ声優部
  • ゆっくりMovieMaker3
  • 例のアレ
  • ※biimはお前らの兄貴ではない


【声優派遣屋ブログ動画「無声化できている例」、「無声化できていない例」】
https://www.youtube.com/watch?v=-IALdjAK6Ks
※リンク先は私の作った動画ではありません。わかりやすい解説動画がニコニコ内に無かったのでつべのリンクを貼りました。

ゆっくり実況のソフトーク読み上げでは、特定の記号を用いることによってイントネーションが調整できます。(例:こ'こ)
【饅箱 :: アクセントを付ける - オンラインヘルプ(ゆっくりMovieMaker3)】
アクセントを付ける
http://manjubox.net/YMM3_Help.php?p=201341985816853

YMM3では、ある程度ソフト側で自動的にイントネーションを付けてくれますが、そのままでは結構聞き取りにくい読み上げになってしまうことがよくあります。
そこで特定記号を使って自分の思うような発音に調整するのですが、その際にかなり分かりづらいのが「無声化」です。
私なりの解釈ですが、簡単に言えばほとんど子音のみを発音するということだと思います。
この「無声化」を的確に行うと、トークが滑らかに感じ、聞き心地がとてもよくなります
なお、YMM3ではカタカナ文字の直前に「_」を挿れることによって無声化の調整を行うことができます。

また、生声関連では前述の通り聞き映えが全く異なりますので、これができるだけで「声の職人」として王者の風格を醸し出し、プロのオーラとなって見えそうになります。

おそらくbiim兄貴やRRM姉貴はこの無声化も意識して音源の製作をしていたと思います。
誰もが自然に身に着けている技術ではありますが、こういう細かな気配りと努力が他と一線を画しているってはっきりわかんだね。

ちなみに、生声の音源素材化にあたってはこの無声化が逆にネックになってしまうことが多々有ります。
文章のいち部分をうまく切り取って単語化したり、別の単語にしようとした時に、無声化による母音の喪失によって、切り取った際にキャラクターの声がイメージと違う現象が起きてしまうのです。
なので、音声素材作成兄貴には感謝、しよう!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事