Rino@白昼夢のブロマガ

見た後。

2016/06/08 00:44 投稿

  • タグ:
  • 駄文
  • 旅行
毎度様です。
では続きを。

進水式を終えて市電に乗ったとたん、
えらい降り方になってきましてね。

この雨だし、この後どうしようかなぁ。
まだ14時前ですから、宿はまだ入れないでしょうし…

と思ったんですが、友人からのメールで、
『レンタカーでも借りて出かけたら?』
という提案があったので、それに乗って見ますかねw

函館駅前で市電を降りて、
駅前のタイムズレンタカーへ。

金曜だし、空きがあるかなーなんて思いましたが、
窓口で聞いてみましたら、丁度よく軽がありますよと。

軽だので料金も最低ですし、超借りましょうww
宿のチェックインまでの暇つぶし、さて何処に行きましょうかねー。

白神岬か、恵山岬にでも行こうかなぁ…
恵山岬の水無海浜温泉は『ばくおん!』でも入ってましたし。
どうでしょうの『闘痔の旅』でも来てたっけ?

…なんて思ったりしましたが、
考えてみたら、どっちも行った事あるんだよなぁ。

んーまぁ、後気になるところといえば…
木古内駅ですかね。開業以来行った事がないので。

という訳で、進路をR228へ。
土砂降りの中、南下していきますぞw

上磯の辺りに、大規模なセメント工場があり、
工場写真でも撮ろうか、と思って写真ポイントを探してみましたが、
旨く撮れそうなところがなくて、諦め。

雨は一向に止まないどころか、今度は雷まで降ってきましたなぁw
木古内駅までは40キロ弱なので、それほど時間も掛からず到着。
見たとおりの降りっぷりですので、写真はスマホで撮りますぞw


借りたのはDAYZ。釧路ナンバーでした。

こちらは駅裏なんですが、見かけたレンガ造りの店が気になってましてね。
答えは、木古内の洋菓子店でした。



丁度いいので、ここでお土産を買っていくことに。

そして今度は駅の表側。
新設された道の駅に入ってみます。


今別と違って、レンタカー会社もあったり。
人出も結構ある様子。

レストランが旨そうでしたが、昼過ぎていたので閉店してました。
惜しかったか…

用も済んだんで、今来た道を戻ります。
途中から、タダ高速で函館市内へ突入。

まだ少々夕飯には早いので、函館市内を適当に流します。
さっき進水した船はどうしたんだろうかと、ふと気になったので
ドックが見られるところは無いかと、ちょっと探して見たり。

緑の島、という公園がよさ気な感じでしたので、入ってみましょう。
かなり広い公園、まだ新しいっぽい?

駐車場に入って、ドック側に車を向けると…


お、見えた。中央の青いのです。
もう突堤に係留してるんですねえ。

が、水溜りの中から撮ったので、靴が浸水!
さっさと撤退ですw

もうちょっといい所がないかなぁと、スマホで探してみましたら、
函館市水産海洋総合研究センター
という施設があり、展望台があって入場できるようなので、
行ってみますか。

サビ水を噴き上げる市電の横を走って、再びドック方面へ。
何か空気がにおう?

と思ったら、前を走るバイクがNSR。
あー2ストの臭いかぁ…
合羽を着てご苦労様です。

ドックの横を通り過ぎ、さらに奥に向かうと目的地。
17時までと書いてありますが、まぁまだ大丈夫。


研究やら会議のための施設のようで。



大学の実験船とかも。
奥には、八戸で見たシルバーフェリーの船が入渠中。

中に入りますと、でかい水槽がお出迎え。
ビデオやらなにやらで囲んで、何かの実験をしている様子。

学生さんが、喧々諤々してましたが、断って一枚撮らせてもらったり。
フラッシュ禁止とありますが、E-M10は、出さないと炊かないので安心。


アジ…?の背中に何やらビーコンっぽいものが。
シャッタースピード換え忘れて、ぶれておりますww

これを撮ったら、最上階の展望台へ…
行ってみたんですが、雨のせいで旨く撮れませんで。

さて、こんなもんですかね。
そろそろ17時ですので、宿に入りますか…

駅に車を回し、レンタカーを返却、
再び駅まで戻ったら、忘れ物をしてまたレンタカー屋へww

宿は五稜郭で取ったので、市電で戻って宿へ。
チョイと旧いですが、安かったし、和室でしたので、
ゆったり出来ますなー。

一日慌しかったし、一時間ほど横になってから
夕飯にいきます。

函館といえば魚でありましょうが、
食うものは青森と被るので、別になんともw

チョイスしたのは、焼き鳥屋さん。
『おおとり』
という店。
まだ早かったのか、お客さんも少ないので
のんびり飲めますなぁ。


早速、おビール様と串を四本ほど。
ここのお勧めは、でかい豚串とササミだそうですよ。
これは『大きな豚串』
塩加減が絶妙で、旨いw

腹がすいていたのもあり、パクパク食べていき、
サラダも頼んだら、明らかに大盛りだったりして。
野菜で腹が膨れますなww

ササミも二本ほど食べまして、ほくほくして旨かったですぞ。
お値段も結構リーズナブル。
また来たくなるなー。

おなかを満足させましたら、次はいい酒が飲みたいなぁと。
いうことで、BARですぞw

通りをプラッとしていたら、目に付いたのが
『BAR 北風』という所。

サントリーのバーナビにも掲載されていたんで、
安心して入ります。

この店、BARなんですけども、奥は鉄板焼きという、変わった店。
確かに、それっぽいにおいがしてきますが…

よくTVで見る、目の前で焼いてくれる奴らしく。
きっと高いだろうなぁ…みたいな。

まぁ腹は減ってませんし、こっちは酒ですw
まずはジントニックで口をサッパリさせてから、モルトへ。

グレンリベット飲みながら、バックバーの酒に目を通して…
お、アレは…と頼んでみたり。


アードベック ダークコーブ。
ピート香すげえw

封を切ったばかりの酒が、グラスに注がれます。
何でだか、何処に行っても最初の一杯を頼むことが多かったりw

バーテンダーのおねいさんと酒話なんかして、
程よく酔ったら、宿へ戻って風呂入って寝ますかねー。


てーれーれーれーれってってーん♪


起床は0800時。
今日はサッサと戻る予定ですが、船の出港は1200時。
一時間前に港に行けばいいべ、とのんびりしてたり。

0900時にチェックアウト。
バス停に行って、時間を調べます。
調べたら、1027時にフェリー行きがあると。

それまでは適当にやってますか、と取りあえず朝飯。
喫茶店を調べたら、ミスドかドトールがあるらしい。
甘いモンはちょっとなので、ドトールか。


函館中央病院で朝食。クロックムッシュ。
幸い1Fは、フェノールくさくないのでOKw

ここでものんびりしていたら、1000時になったので
丸井今井で、水曜どうでしょうグッズを物色。

そうこうしているうちに時間が来まして、バスに乗って港へ。
帰りのチケットはもうあるので、乗船手続きだけして待ち。

乗船開始まで40分ほど。
雨も上がったし、写真撮るかなぁっと。


14mm f/10 1/400
末永く爆発しやがれください。的なオブジェクト。
バックに函館山。



40mm f/10 1/500
望遠に換えて、ドック方面を撮ります。
昨日の船がチラッと。


120mm f/8 1/640
函館山と、入港中の『あさかぜ5号』



27mm f/11 1/640
入港してきた『えさん2000』

…何か上手く撮れてない気がする。
私が下手なだけですけれども。

さて、もうすぐ乗船だけれども。
売店を見ていたら、興味を引かれたものがあったので
それ食ってから乗船しますか。


白い恋人ソフトww
ホワイトチョコ味。

味は…うーん、まぁ、そうね。
みたいな。
値段が高いからじゃろうかw

食い終わった頃に、乗船のアナウンスがあり、
また同じ『びなす』で青森へ。

自販機で飲み物を買おうと思ったら、
となりの日本酒自販機の酒が『千福』のワンカップw

青函航路の船なのに、何で呉の地酒があるのだろうか、
などと考えつつ、うとうとと二等船室でまどろんでいるのでありましたw
ええ勿論買いましたけれどもw

なんて函館ツアーでありました。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事