リン-ミヤコワスレ-のブロマガ

【WS】扉電源オバロ【赤黄緑】

2019/05/01 02:15 投稿

  • タグ:
  • WS
  • ヴァイスシュヴァルツ
  • ヴァイス
  • オーバーロード
  • オバロ
  • デッキレシピ
お久しぶりですリンです。
ちょっと多忙だったり、
頭痛だったりで更新してませんでした。
ということにして置いてください。

今回は旬が過ぎたかなーと思ったりしてますが、
オーバーロードのデッキを考えました。

一般的な扉電源とはちょっと違うので見てもらえると嬉しいです。

▼画像




▼L3:7枚
無窮の献身 アルベド×4
死の支配者 アインズ×2
負けん気溢れる名調教師 アウラ×1

▼L2:11枚
復活の儀式 アインズ×3
第5階層の守護者 コキュートス×3
精神操作の吐息 アウラ×1
冷酷な反応 ナーベ×1
森の賢王(イベント)×3

▼L1:7枚
蟲愛でるメイド エントマ×3
吸血鬼の真祖 シャルティア×2
無垢なる悪意 マーレ×1
玉座を守るもの アルベド×1

▼L0:17枚
美姫 ナーベ×4
鮮血の戦乙女 シャルティア×4
ヴァンパイア・ブライド×3
守護者の本質 アルベド×2
蟲使い エントマ×1
最愛の御方へ アルベド×1
ナザリックの仮メイド ツアレ×1
王都侵入 シャルティア×1

▼CX:8枚
シャルティア復活(電源)×4
終幕の時(扉)×4

となります。
多く知られている扉電源のL3は
・TDアインズを1-2枚採用しているタイプ
・擬似再スタンド+トップ盛の超越者アインズを使用するタイプ
・対応は入れず、流れ星の指輪を使用するタイプ
基本は上記の3つのうちどれかで、人によっては扉をシャルティアのものへ変更し、
L3シャルティアを使用するタイプもあるようですね。

私はゴブスレのスクロール女神官や他タイトルでの合わない二人互換を見て、
TDアインズを使用しております。
超越者アインズも悪くはないのですが、デスナイトを入れることで枠が圧迫されるのと、
擬似再スタンド条件がリバースなので採用を見送りました。

より詳しく書くと面をあけるカウンターや合わない二人互換、ジャックブラザーズ互換、
ホラー互換、ゴブスレのスクロールなど環境上位にいるタイトルはいずれかはある印象が強いことと、まだ発売しておりませんがフロントした際に思い出に飛ぶL3がいる青豚やフロント自体を止めてくるFateのライダーなど相性が悪すぎるカードやタイトルが増えていることからリバース要求の詰めは前期環境ではできるだけ避けたいと考えました。
そのためアウラも採用はしておりますがパワーパンプがメインとなるため、
最低限の1枚だけにしております。

次にL2の話になりますが、
森の賢王以外は大体一般的な扉電源と同じだと思います。
対面に何が来るのか、○○が嫌だからという理由で森の賢王を採用している方もいると思うのでコレも割と普通・・・だと思います。
ちなみに私はゴブスレの女神官や小鳥、今後出てくるライダーが点数が通らない状況に陥るため非常に嫌です。
加えて合わない二人やスクロールなど条件防御札を腐らせることが出来る。
かつ踏めない面を飛ばしてコキュートスでストブやL3アルベドで詰めにいけることから相性が良く、同タイトルに限らず電源軸のミラー戦にも役立ちます。

続けてL1ですが、
L1エントマを多めに採用しております。
エントマを使っている方は動画や他者様のデッキレシピ結構見たのですが、
見たこと無いので珍しいのかな?と思います。
扉電源で黄色採用してるなら絶対入ると感じる程度には使い勝手が良いので、
使ったことない人は騙されたと思って使ってみて欲しいですね!
でも騙された!っていうクレームは受け付けておりませんので自己責任でお願いします。

採用理由少し多いので箇条書きします。
・ハンド切れる
・集中や守護者の本質など、状況に応じて幅広いL0カードを蘇生できる
・L2アインズの条件を満たしやすい
・4500あるので案外踏みに行きやすい
並べてみましたが、どれも凄く重要なんですよね。
このタイトルは使用したいL0が多いためハンド切れるカードを入れる枠がとても厳しく、
電源の構築上L2や3が多くなるためハンドの事故が起きやすいのでL2アインズの早だしを満たせないことが多々あるなーという印象です。事実試合にならないこともありました。
それを1枚でほぼ解決できるため、このカードに強さを感じました。性能としては一推しです。

L1のシャルティアはドロソとして採用している方をちらほら見かけたので普通だと思います。
事実ハンド辛くなる事や電源を引き込めないときなど使用する場面はちょこちょこあり、
附属しているパワーパンプ効果も数値が大きいため、採用している理由が分かります。
ただ、ドロソは引けるたのしー!って適当にクロック増やすと死ぬので注意です(体験談)

最後にL0ですが、蘇生しても腐らないカードをちょっと多めに採用しています。
特に電源で戻る守護者の本質、ダメージで控えに落ちた集中、
自身を控えに送りパワーパンプできるヴァンパイア・ブライドは重要な蘇生対象ですね。
相手の状況によりナーベ蘇生から賢王で面あけに行けるのは本当に強いと思います。
環境に未だいるリゼロやひなろじ、新規タイトルとしては青採用のゴブスレなどが対面に来たときに刺さります。
また、パワーで上から踏んでくるタイプのタイトルと当たり、
相手の面が全部埋まっている場合にも、ナーベ素だしから賢王で二面飛ばしてアルベドで点数作ることも出来るので詰めのときも使えて便利です。
こまごましたカードは以下箇条書きで・・・・
・ツアレ:賢王やCX引きに行きつつ山を崩せるため
・黄シャルティア:コス0バウンスでコキュートスの効果を使いやすくするかつ万が一のCX変換用
・朝礼アルベド:山にシッカリ干渉できるのがこれしかないから
・エントマ:面完成した後の山削りの遅さが目立つためケア用に1枚。パワーマイナスも刺さる場所には刺さるため悪くないかと

長々書きましたが、要は早だしやマーカー作るようなタイトルに対してメタを貼ったデッキ、というコンセプトの元組みました。

近年稀に見るレベルで構築し直してたどり着いた感じなので、
気になった方がいれば使ったり参考にして頂けると嬉しいです。

凄く長くなりましたが今回はここまでとなります。
ご不明点やミスがあればコメントいただけると幸いです。
ここまでご覧頂きありがとうございました!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事