机上の空論場

球春到来!プロ野球キャンプイン2016⑤巨人戦力調査捕手編

2016/02/15 22:31 投稿

  • タグ:
  • プロ野球
  • 野球
  • 巨人
  • ジャイアンツ
前回リリーフ投手編br968689の続きです。

今回からはいよいよ野手編!とりあえず捕手から。
先発投手編ar968620 菅野→ar967772 新戦力→ar966973


捕手

阿部:なんか今年捕手復帰させるとか言ってるので、内野手登録ですが捕手ということで。個人的には小林推しなので早く隠居してほしいがその小林もまだまだ未熟。なのでとりあえず今年はメイン捕手としてやってもらってもいいかなと。近年著しく打力が落ち、得意のインコースも打てなくなってきた。出塁率は相変わらず高いが一塁で使うのはやはり勿体無い。だが捕手でならあの打撃成績でも充分すぎる貢献度になるだろう。ギャレットが駄目だったらまた一塁で使えばいいし。

小林:個人的にはこの人推し。長所は強肩・割と勝負強い打撃・イケメン、短所は打撃の淡白さ・リードの拙さ。秋季キャンプ、自主トレを経て体がでかくなるのを期待したがやはりまだ線が細い。昨年は無駄に加藤とか使ったり正捕手として育てる気があるのか、もっと我慢しろよと憤慨したが、今年は阿部を正捕手として起用する機会が多そうなので、より出番が少なくなるのではと危惧している。まぁアピールしていくしかないだろう。

相川:FAでやって来た昨年、序盤主にスタメンで活躍したがすぐ怪我で離脱。打撃が魅力だがリードは正直?と思う事も多い。打者の裏をかくリードが持ち味だがそれが裏目に出ることもしばしば。だが打てる捕手としてスタメン・代打と貴重な存在。この捕手層の厚さは他チームと比べて絶対的なアドバンテージとなるだろう。

鬼屋敷:昨年のキャンプMVPも1軍出場はついぞ無かった。正直他の球団ならレギュラーを狙える選手。強肩で打撃も悪くない。阿部・相川両捕手が高齢なことを考えると間違いなく手放したくない選手。

加藤:昨年は怪我人も多く、後半は実質2番手捕手だった。特に外国人投手とバッテリーを組むことが多く相性もそこそこ。しかしながらリードも打撃もイマイチで特に良いところは無い。

実松:かつての2番手捕手も小林の入団により出場試合数が激減、今年は2軍暮らしも多かった。昨年は途中出場した試合でパスボールを連発、同点に追いつかれたのが妙に印象的。加藤共々正直いらない。

河野:この中では唯一の左打ち捕手。かつては1軍でHRを打ったこともあるが正直何がいいのかわからない。1軍キャンプに帯同してはいるが実力は小林・鬼屋敷に劣る。顔が嫌い。


次は内野手編です。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事