机上の空論場

球春到来!プロ野球キャンプイン2016③巨人戦力調査先発投手編

2016/02/11 23:28 投稿

  • タグ:
  • プロ野球
  • 野球
  • 巨人
  • ジャイアンツ
前回ar967772の続きです。

巨人今年初の紅白戦がもう明日らしいので早めに記事上げんと…
前回は先発投手編のつもりが菅野だけに時間を割きすぎました。
今回は割りと短めに投手について紹介!新戦力についてはこちら→ar966973


先発投手候補


菅野:前回で紹介→ar967772

桜井:多分即戦力→ar966973

マイコラス:昨年加入した当初はクイック、コントロール等がイマイチで使い物にならなかったが、改善してからはあれよあれよという間に外国人記録の11連勝という獅子奮迅の活躍でした。正直彼がいなかったらどうなっていたことか…これで優勝できないんだからいかに巨人打線はクソかってことよね。よくわからんが彼の投球のタイミングは普通の投手と違い1、2の3じゃなくて1、2~の3でタイミングを取り辛いらしい。今年も活躍が期待できるがさすがに対策されて多少は成績を落としそう。でも菅野と並んで先発投手陣のキーマンであることは間違いない。

ポレダ:マイコラスと一緒に加入し防御率2点台8勝の活躍。とにかく速球に力があり、特に阪神戦では無類の強さを誇った。クイックが下手なのと変化球のキレがいまいち、あと多少コントロールに難があるのが欠点だが、まだ28歳と若いので今年もバリバリ活躍してくれることだろう。

高木勇:昨年新人ながら開幕6連勝。しかし無駄なフォアボールが多く勿体無い投球が響き最終的には9勝止まり。だがローテーションをしっかり守り続けたことは素晴らしい。コントロールと落ちるボールをより磨けば2桁勝利は間違いなし。

杉内:昨年は怪我もあり6勝に終わった。なんか見てて歯がゆい投手。球種が少なく投球が単調、キレで勝負するタイプだが徐々に衰える一方。安定感がなく6回以降捕まりやすいのであまり引っ張れず、とりあえず完投する能力はもう無い。今まで貰っていた分の大減俸には男気を感じるが…

田口:2年目となる昨年は先発として12試合に登板、3勝を上げた。とりあえず投げっぷりは良い。ただ投球が単調で球種が少なく、まだコントロールも甘い。上背が無いパワータイプの投手なので伸び白もそこまで感じないが、あまり使われていないチェンジアップを磨き、多用すれば投球の幅は広がる。とりあえず若いので頑張れ。

内海:もう完全なロートルおじさん。長年の功労者だが年々速球が遅くなり正直辛い。杉内同様速球が走らないと勝負にならないのでもう期待は出来ないだろう。

大竹:一昨年FAで獲った目に見える地雷。KOされた時のベンチでの喪失感たっぷりの表情には毎回草と怒りが生えますよ。しかしなんやかんやで貢献はしてくれていると思う。特に中日戦では無類の強さを誇る。中日専用機といっても過言ではない。正直一岡はもう駄目そうなので獲って正解だったが、こいつももう長くはないだろう。

今村:2013年終盤に昇格し投げっぷり、真っ直ぐ共に良い投手だなぁと思わせてくれたが、2014年は主にコントロールの悪さが露呈し課題が残った。昨年は1軍昇格すらなかったがまだ若いので頑張れ。

小山:フォークが売りだが単調な投手。昨年は登板も少なく内容もイマイチだった。フォーク以外のボールがしょぼいのでなんかしら使える球種を増やしたい。あのカーブだけじゃ厳しい。

西村:かつてのセーブ王も昨年は登板1試合に終わった。速球が衰えてるので完全復活は厳しいか。正直今の実力じゃ先発・リリーフどちらも辛い。


一応マシソンが先発やりたがってるけど正直君じゃ無理。中継ぎとしては欠かせない存在なので勿論使いたいが、今年は外国人枠の兼ね合いが厳しいのが辛い。若手投手が中継ぎで数多く出てきてくれればいいのだが…

次回はリリーフ投手編です!

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事