ヴァンガード feat. im@s Ride For You! Official Blog

第2話「運命の初対決!星井美希VS先導アイチ」 解説

2013/01/29 18:00 投稿

  • タグ:
  • 架空ファイト
どうも、5話Bパートのファイトシーンに四苦八苦している大尉です。
今月中には完成させたいけど期末レポートも仕上げなくちゃならずハードですorz
さてさて、今回は第2話の解説やコメント返信などをば。
動画はこちらになります。


第2話では、美希と原作主人公である先導アイチとの邂逅を描くことにしました。
ちょうど良くアイチと美希は同い年だったので(アイチが無印・アジアサーキット編時、美希を2nd Vision時とした場合)、クラスメイトという設定に。
3期でアイドルのコーリンが転校してくるという設定でしたが、クラスにアイドルがいるという形式を先行してうちの動画でやってしまった事になりますね…w

1話ではフラッシュファイトで決着をつけたため、今回は50枚制で初のファイトとなります。
アイチ側のデッキは以下の通り。

G3 8枚
騎士王 アルフレッド 1
ソウルセイバー・ドラゴン 3
孤高の騎士ガンスロッド 2
爆炎の剣士 バロミデス 2

G2 10枚
ブラスター・ブレード 1
沈黙の騎士 ギャラティン 4
真理の騎士 ゴードン 3
ハイドッグブリーダー アカネ 2

G1 15枚
小さな賢者 マロン 4
ういんがる 2
閃光の盾 イゾルデ 3
ぽーんがる 4
といぷがる 2

G0 17枚
ぶるうがる 1
幸運の運び手 エポナ 4
未来の騎士 リュー 3
ふろうがる 2
まぁるがる 3
世界樹の巫女 エレイン 4

制限カードに関してはそのまま適用するつもりでしたので、ばーくがるは不採用です。
また、ぶるうがるに関しては、アイチの声優である代永翼さんのデッキに採用されていたため、アイチが使っても不自然は無いだろうという判断のもと採用しました。
時系列的には夏合宿終了~ショップ大会開催前なので、4弾+コミックスタイル環境のカードプールで構築しました。
このデッキにトライアルでまともにぶつかっても一方的な殲滅戦になりそうだったので、美希のトリガーを意図的に多めにして接戦を繰り広げさせました。

では、いくつかコメントに対して解説を加えようと思います。

「コーリンちゃんはどうしたんだ森川w」
「井崎も玉砕した身なら森川に加勢してクラス中で大乱闘やってほしかった」
コーリンに関してはアレです、まだ出てこないんですよね…w
一応、クラスにアイドルがいるという状態でスタートしているので、「公式とは似て非なるパラレルワールド」という意味付けも込めています。
井崎は玉砕したというより、森川に引きずられて告白に付き合わされるという迷惑な事をされた被害者です。
美希は「なんか複数人が来て告白してきた」くらいの印象にしか無かったため、まとめてふったという認識をしています。
井崎は中学生にしては森川に振り回される苦労人なので、女性関係にもどっか達観してるのかなーって印象もありますね。森川に加勢するよりは一歩ひいたポジションにいそう。

「本家の世界のブラスター・ブレードの設定はなんだったんだろうか…」
ブラブレの設定に関しては原作でも「そこそこ強いレアカード」的な位置だったので、
話の都合上アイチしか使っていませんが、おそらくは他にも存在はしているし使い手もいると思われます。
一方この世界においては普通にトライアルやブースターを開けると出てきます。
なので、ブラブレは現実世界同様、多くの人に使われているという設定です。
ただ、アイチのブラブレに関しては特別に伊藤彰さんが描いたものを使用しています。
ブラブレはアイチにとって特別なカードなので、「特別感」のようなものを出そうと思ってのこの演出です。
なので、この世界ではトライアルに入っているブラブレも竜徹さんの絵ですw

「女の子に対してアイチがこんなに熱くなるとは思えないなぁ」
いや、多分アイチは女性相手でもファイトでは熱くなるタイプだと思われます。
でなきゃコーリン戦でもやや遠慮してたでしょうし。
コーリンとの最初のファイトでは初心者なりにかなり考えたプレイングをしていたので、合宿後というモチベーションが高いであろうこの段階でのアイチは多分こんな感じ、と思って書いてみました。

「スターダストじゃねーかwww」
「あれ?スタダの声が聞こえたような?」
…他意はないです!w
いやその、素材的なあれでね?

ということで、第2話の解説は以上となります。
第5話Bパートのアップまで今しばらくお待ちくださいませ。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事