ヴァンガード feat. im@s Ride For You! Official Blog

第4話「トライアルデッキの限界 約束された勝利、CEOアマテラス」解説

2013/02/18 18:38 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 架空ファイト
  • バートレットP
なんとか第5話完結にこぎつけました。
そんな訳で、第4話の解説を行いたいと思います。



まず、この時点でのミサキさんのデッキレシピを発表です。

G3 8枚
CEO アマテラス 4枚
オラクルガーディアン アポロン 4枚

G2 11枚
サイレント・トム 2枚
オラクルガーディアン ワイズマン 4枚
バトルシスター もか 3枚
メイデン・オブ・ライブラ 2枚

G1 15枚
お天気お姉さん みるく 3枚
バトルシスター ここあ 2枚
バトルシスター しょこら 4枚
オラクルガーディアン ジェミニ 4枚
ラック・バード 2枚

G0 16枚
ロゼンジ・メイガス 4枚
オラクルガーディアン ニケ 4枚
サイキック・バード 4枚
ドリーム・イーター 4枚

一応、トライアルを小改造してできるそこそこの強さのオラクルを考えてみました。
これだけでもトライアルからしてみればかなり手を焼く構成だと思います。
特にアマテラスとトムが。

トムが2枚なので、この動画が投稿された後に施行されたファイターズルールの制限も満たしています。
ただ、今の環境であれば、ドロートリガーを抜いてクリティカル3枚、FVをえくれあにするのが適切でしょうか。
また、完全にアマテラス特化型にするならば、日輪アマテラスを積むのも手です。

では、続いてコメントレスをば。

「むしろ初心者はカードパワーに目がいってプレイングがガタガタになる気がする」わりと2パターンに別れると思うんですよね。
「トライアルでもガチデッキに勝てちゃうじゃん!」って考えから構築を疎かにする人と、
カードパワーや構築に目を奪われてプレイングが身につかない人の2パターンです。
ある程度のプレイングスキルや構築能力は経験を積まないとなかなか身につかないものです。
プレイングではラインを意識した盤面構築や終盤の詰め方、トリガーの乗せ方など。
構築で言うならばトリガー構成やグレード配分などですね。
そう言えば、アニメ3期の石田ナオキはそんな初心者っぷりを見事にあらわしていました。
なかなかに良いキャラだと思いますw

「なんで、貴音と響だけ2のグラじゃないんだ」
素材の都合…というのもアレなのですが、実を言うと昔からこのグラフィックを使っておりまして、非常に愛着があるのです。
歪さんは本当に良いものを作ってくださったと思います。改めて多謝を。

「あんなに手札あるのに守れないとかw」
トムの全盛期では割りとよくある光景でした。
手札のG0を腐らせて負けていくロイパラやかげろうを何度見たことか。
アマテラスとみるくの攻撃力も高いですし、正直あの時のオラクルは怖かったですね。
対策として、除去を多めに積んでみたり、完全ガードを温存したり…などなど。

「相手にデッキレシピがバレてるってやっぱり不利だな」
カードゲームを語る上で、「アドバンテージ」という概念があります。
よく「アド」と略されて呼ばれるアレです。
例えば、相手よりも手札を多く持っている「手札アド」や、相手よりも多くユニットを展開している「ボードアド(盤面アド)」といった、所謂「目に見える」アドバンテージはわかりやすいですね。
もうひとつ、「目に見えない」アドバンテージというものがあります。
そのうちのひとつが「情報アド」です。
話は若干逸れますが、人間というのは所謂「正体不明なもの」に対して恐怖を感じます。
正体がわからないということは対処のしようが無いということ。ことわざにも「幽霊の正体見たり枯れ尾花」というものがあります。幽霊だと思って恐怖心を感じていても、その正体が枯れたススキとわかれば怖くはない、ということです。
カードゲームにおける情報アドとは、相手のデッキがどんな構成で、どんなカードを使ってどんな戦術を使ってくるかということです。
相手のデッキがわかってしまえば、いくらでも相手の「やりたいこと」を妨害できますよね?
逆に、相手のデッキの正体がつかめなければ、終始相手のペースに呑まれてしまいます。
これが情報アドです。目に見えなくとも強力なアドバンテージです。
仮に、デッキレシピが1から10までバレてしまっていれば、それこそ相手はこちらを手玉に取ってしまうでしょう。
だからこそ、デッキの内容はわからないほうが強いのです。

さて、次回6話の更新までしばしお待ちくださいませ。

コメント

もうだめぽ
No.1 (2013/05/11 15:09)
特にクリティカル少ないトライアルだと顕著だよね。素通しダブクリ3点って事態がほとんど起こらなくなるし。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事